脱力トレーニング 合気の研究:合わせる感覚の捉え方

脱力トレーニング 合気の研究:合わせる感覚の捉え方 

「合気」とは何か?

という命題に対する現時点での私の回答が、

「相手に気持ちを合わせる」

ことだと前回の記事で書きました。

 

「脱力トレーニング 合気の研究:相手に合わせる」

 

相手を持ち上げたり投げたりする以前の、

自分が相手に全身で合わせた状態こそが合気ではないか?

という個人的見解です。

これが正しいかどうかは様々なご意見があるでしょうが、

とりあえず動画のようなことは出来るようになります。

(前回記事と同じものです)

 

 

相手に全身で合わせてついていくことで、

相手の力が「相対的に無力化」されます。

しかしいきなり速い動きや小さな動きに全身を合わせることは難しい。

そこでまずはゆっくりとした大きな動きに合わせることから練習します。

 

 

ただ腕を持ち上げられるだけでも、

意外と全身を合わせることは難しいです。

自由に動かせる分だけ自分勝手に動かしてしまいがち。

また立位で脚を持ち上げられる場合にも、

腕とは違った難しさがあります。

必然的に片足で立つことになるので、

バランスを取ることに必死になってしまい、

動かされる脚についていくことまで意識しづらいのです。

 

 

動かされた脚に全身でついていく感覚は、

寝技の方が分かりやすいかもしれません。

仰臥位で相手に腕や脚を掴んで起こしてもらいながら、

それに出来るだけ全身でついていく。

上手くいけばいくほど相手に手応えを感じさせません。

最初は難しく感じるかもしれませんが、

少しずつ複雑な動きに対応出来るようになります。

 

このトレーニングの重要なポイントは、

相手の動きを予測して自分勝手に動かないことと、

体幹、腰回りなどを置き去りにしないことです。

予測ではなく身体で知覚した上で、

全身がサボることなく相手に合わせるようにします。

繰り返し行うことで、

相手とぶつからない動きを覚えられるでしょう。

一見、武術とはかけ離れた練習に思えるかもしれませんが、

これが「合気」習得への近道だと考えています。

 

P.S.

RESETSTYLEでは、
脱力を基本とする武術的身体トレーニングを行っています。

一般的な武道においてイメージされるような、
先輩後輩の上下関係は一切ありません。

ただただ合気や発勁を使えるようになるための、
身体コントロール技術を楽しく学ぶための場所です。

当然、直接殴ったり蹴ったりすることもなければ、
怖いと感じた動きを強制もしません。

ご自分の出来る範囲で、
無理なくトレーニングに参加することが出来ます。

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)へはコチラから

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

dreamasabutterfly@gmail.com

ご連絡、お待ちしております!!

参考書籍はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です