脱力トレーニング 合気の研究:相手に合わせる

脱力トレーニング 合気の研究:相手に合わせる 

脱力トレーニングに参加して下さる方の多くは40代以上の男性です。

そしてほとんどの方が「合気」的なものに興味をお持ちのようです。

力を抜いて柔らかく、

相手とぶつからないままに動く、投げる。

そんないわゆる達人と呼ばれる人たちの動きに、

不思議な魅力を感じることは私にも分かります。

それは人生の半ばを過ぎて様々な経験を重ねられて、

人とぶつかることの無意味さに気付いたからでしょうか。

あるいは体力の衰えを感じることで、

健康維持には筋力以外の力が必要だと思われたのかもしれません。

もしそうだとすれば脱力トレーニングは、

40代から取り組むのにピッタリのトレーニングだと思います。

一般的な筋力に頼らない、

柔らかい力と動きを身に付けることが出来るのですから。

 

 

さて、「合気」的なものを望む方に対して、

RESETSTYLEではどのようなトレーニングを提供するのか。

それを説明するためには私が考える「合気」とは何なのかについて、

知っていただく必要があります。

私は合気道を習ったわけではありませんので、

あくまでも自分が経験した範囲での理解であることはご承知ください。

 

このブログの読者で武道・武術に興味がある方ならば、

「合気上げ」

というものはご存じではないでしょうか。

相手に手首を掴ませた状態で軽く手を動かすと、

掴んだ相手が爪先立ちになって固まってしまう。

見た目にもその不思議さが伝わってくるこの技が有名なため、

こうやって相手を動かしたり固めたりすることを、

「合気」と呼ぶのが一般的ではないかと思います。

もちろんそのこと自体に異論があるわけではありませんが、

私は相手を動かす前の段階が重要だと考えています。

 

少し理屈っぽくなってしまいますが、

「合気」という名称について考えてみます。

様々な解釈があるとは思いますが、

単純に読むと「気を合わせる」と私には読めます。

すると今度は「気」とは何か、

そして何に「合わせる」のかという疑問が出ます。

これもまた議論の余地は大いにありますが、

私は単純に「気持ち」「相手に合わせる」と解釈しました。

その結果が上や下の動画になります。

 

 

やり方としてはシンプルなものです。

まずは掴まれた腕から相手がどう動きたいのかを感じ取ります。

そして相手が動き出すのと同時に自分の「全身で」

相手の動きについていくだけです。

それだけで相手は自分の力の行先を見失ってしまい、

勝手にバランスを崩します。

この時ポイントになるのが、

 

・相手の動きを感じ取るセンサー

・感じ取った動きに全身で付いていける身体

 

です。

つまりRESETSTYLEで提供する合気的トレーニングとは、

このセンサーと身体づかいを向上させるものになります。

その具体例というか、

今回の動画の前段階のトレーニングについては、

次回の更新でお伝えします。

 

P.S.

RESETSTYLEでは、
脱力を基本とする武術的身体トレーニングを行っています。

一般的な武道においてイメージされるような、
先輩後輩の上下関係は一切ありません。

ただただ合気や発勁を使えるようになるための、
身体コントロール技術を楽しく学ぶための場所です。

当然、直接殴ったり蹴ったりすることもなければ、
怖いと感じた動きを強制もしません。

ご自分の出来る範囲で、
無理なくトレーニングに参加することが出来ます。

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)へはコチラから

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

dreamasabutterfly@gmail.com

ご連絡、お待ちしております!!

参考書籍はコチラ

“脱力トレーニング 合気の研究:相手に合わせる” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です