肩関節の使い方

今日のテーマは「肩関節」です。
実は多くの人が、使えそうで使えていないんです。

でも、そのことに気づいて少し練習をすれば、
「肩関節」を使えるようになります。

ほんの少し「肩関節」が使えるようになると、
手を使う動作の多くが格段に楽で、力強くなるのです。

ただ、日常で腕を使っているほとんどの人からすると、
「私は肩関節を使えます」って思いますよね?

では、トライしてみましょう音譜

例えば、何も抵抗を加えない状態で、
「肩関節を中心に腕を回してください」って言うと、
ケガをしている人以外は大抵簡単にできますよね。

そこで、誰かに前腕や手首をしっかりとつかんでもらいます。
そして、その状態で同じように動かしてみるとどうでしょう?

同じように動かせない人がほとんどではないでしょうか?
これがいわゆる、「肩に力が入る」ということです。

何も抵抗がない状態だと、力を入れる必要がほとんどないため、
肩周りの筋肉が力まずに、「肩関節」を動かすことができます。

ところが、誰かに前腕や手首をつかまれた途端、「肩関節」を固めてしまいます。
そして、肘を中心に動こうとしてしまいます。

これは習慣として、前腕から力を出すためには、
「肩を固めて土台にして、上腕の筋肉で肘(関節)を動かさないといけない」
と思ってしまっているのですね。

しかし本当は、そうではないのです。

肩周りの筋肉を適切なやり方で脱力することで、
腕や手首をつかまれても、楽に「肩関節」を動かすことができます。

そして、その方が結果的に大きな力を発揮できるのです。

近いうちに、簡単なやり方を示した動画をアップしたいと思います。
楽しみにしていてください!!

メチャクチャ簡単!!腰痛対策

イタタタッ!!

突然やってくる腰痛、皆さんの中にも経験のある方がいるのでははてなマーク
今回は、そんな腰痛を緩和したり、未然に防ぐための簡単な方法のご紹介。

といっても別に、私が新しく考えた方法、というわけではありません。
市販されている「骨盤ベルト」と言われているものを見て、
それだったらこっちのほうが負担が少ないと思っただけです。

方法は簡単、

「腰骨(上前腸骨棘)とお尻の横の出っ張った骨(大転子)との間の高さに紐をまく」

ただこれだけです。

たったこれだけのことがなぜ、腰痛に効果があるのでしょう?

一般的な腰痛の原因の主なものとして、
「股関節が動きづらい」ということが挙げられます。

たとえば、腰に痛みの出やすい姿勢として、
「前かがみ」を例にして説明しましょう。

一度、鏡の前で横を向いて、前かがみになってみてください。
多くの方が、おなかのあたりをまげて姿勢を取っているのではないでしょうか?

そして、その時の股関節を見てください。
ほとんどの方が曲がってはいないと思います。

つまり、腰痛持ちの人の多くの場合、
本来持っている股関節と腰との連動性を使わずに、
腰「だけ」で姿勢を支えてしまうような身体の使い方をしているのです。

これでは負担がかかっても仕方ないですね。
そこで、股関節の高さに紐をまくのです。

この紐は、「骨盤ベルト」や「コルセット」などのように、
「それで身体を支える」というためにまくのではありません。

そうではなく、腰回りを動かすたびにこの紐が気になる状態を作ること、
それによって、「股関節を意識化する」という目的のためにまくのです。

よく、「日本人は股関節が硬いから動きづらい」というようなことが言われますが、
むしろ、「意識化できてない」から「硬い」し「動きづらい」のです。

ですから、紐をまくことで股関節を意識化し、
より合理的で負担の少ない身体の使い方をしよう、というわけです。

この、「紐をまく」というメチャクチャ簡単な腰痛対策によって、
腰痛の予防・緩和のみならず、皆様の日常生活がより楽で楽しいものになることを願っております。