2011.10.23修練日誌(続き)

10月23日の武颯塾大阪支部集中修練日誌の続きです。

練気武颯拳

今月のテーマである寝技の修練において今回取り上げられたのは、
「極められた手首と腕を返す」というものでした。

まずは一人が正座となり、
もう一人が斜め後ろから片手で手首を極めて、
もう片方の手で腕を抑えます。

刑事ドラマなんかでたまに見られる形ですね。

そこから手先へと「重み」を流して手首を返すのですが、
当然相手の方が力を入れやすい体勢のため、簡単には返りません。

無理に力で返そうとすると、
逆に関節の極まりが強くなり、一層痛くなります。

そこで「力を抜く」わけですが、
ただやみくもに腑抜けてしまうとどんどん体勢が悪くなっていきます。

相手の力を感じ、自分の身体の中をどのように通っているのか、
その力を地面のどこで受けているのかを認識する必要があります。

この、「力を抜く」「認識する」という作業が、
武颯拳の修練の根幹だと感じます。

関節を極められているとはいえ、
動きが止まって耐えている以上、
そこで力は拮抗しているのです。

相手の力と、それに拮抗している力。
(あえて自分の力とは書きません)

それぞれが、どこからどのように流れているのか。
それさえ感じられれば、あとは流れに乗ればいいのです。

ですから、「力を抜いて力を認識する」ことが、
「力を抜いて力を出す」ことにつながります。

修練はその後、うつ伏せになった状態で腕と手首を返しました。
ここでは、「接地面全体を使って地面を押す」という感覚をつかみました。

うつ伏せになっているのですから、
身体の前面ほぼすべてが接地面になります。

その身体前面をまるごと使って地面を押すのですが、
これが意外と難しい。

「自分の身体全体を意識する」ということが、
実はなかなかできないのです。

手を使うときは手を、脚を使うときは脚を、
それぞれ「部分」として認識して使ってしまう。

自分の身体の「地図」が実は破れて空白だらけだということが、
この修練で理解できます。

逆に言えば、この「地図」が一通りそろって身体全体を描くようになると、
身体を部分で使わなくなります。

腕を使おうが脚を使おうが、
「全体」としての力が働くのです。

武颯拳の時間の最後はプロレスで言う「手四つ」の形で行いました。
相対で組んで指を折るような感じですね。

これも、「地面を踏む」ことで生じる力が指先へと流れます。
それによって、手先で行うのとは異質の強さになります。

「身体を一つのものとして扱う」

これが、今回の修練で得た気付きでした。

(以下、次回へ右矢印

2011.10.23修練日誌

10月23日、武颯塾大阪支部における集中修練の内容は以下の通りでした。

練気柔真法

力を抜いて手を上げる。
まずはそれだけ。

その時に自分の身体の中で起こっていることを、
しっかりと感じる。

修練の中では、

「肩や胸の力を抜いて、肘を落とすことで手が上がる」

と指導されます。
そのこと自体は多くの修練性が理解しているところですが、

「では、その時身体の中では何が起きているのか?」

ということを正味感じてみようというわけです。
これは、人によって異なります。

なぜなら、それぞれの修練の度合いによって、
認識できるものが異なるからです。

もちろん、身体の中で起きていることに無駄がないほど、
力の伝達はスムーズに行われます。

だから、身体の中を整えるということはもちろん修練の目的であり、
何を認識できているのかという点が重要な修練の指標となります。

ただ、それと同じかそれ以上に大切なことが、
この修練にはあると思いました。それは、

「自分の身体に意識を向け続ける」

ということだと思うのです。

自分の身体に起こっていることをしっかりと観続ける。これは、

の中で茂呂師範が宗師範から言われた、

「武術は極限的な客観視」

という言葉にある「客観視」の修練になると感じるからです。

まずは自分の動きの中で、
自分自身を客観視する。

次に、相対での物理的・精神的ストレスを受けている中でも、
自分を客観視し続ける。

そして、自他を共に客観視できるよう、
修練を進めていくのだと思います。

練気柔真法の修練自体は、
ここから仰臥位や立位で腕を押される修練へと進みました。

いずれの修練も、

「自分と相手を客観視する」

という観点でとらえることで、
より「脱力による力」を感じやすいと思いました。

練気武颯拳、練気杖術の修練については次回に書きます。

(以下、次回へ右矢印

復帰!!


先週の月曜日に左ひざを怪我してから一週間、
整骨院での治療業務を休んでおりましたが、

今日、仕事復帰して参りました!!

とはいえ、3か月は装具を付けたままのため、
しゃがむことができません。

私が勤めている整骨院での施術においては、
なかなかに不便ではあります。

ただ、そこは武術修練者として、
なんとか身体を上手く使って仕事をするしかありません。

それは考え方によっては、
修練を進めるチャンスとも言えます。

これを機会に脚の力に頼る今までの習慣から脱却して、
より流体的に、重力を力として使えるようになりたいです。

「ピンチをチャンスに変える」

よく言われることですし、
私も身近な人には言ったことがあります。

してみると今回の件は、

「私が人に言ってきたことを、果たして自分でできるのか?」

という命題を突き付けられているのだという気もします。

自分の言葉に責任と、自信と、説得力とを持つためにも、
これからの毎日を大切に過ごします。

そして、「痛み」「不快感」「不便さ」といったものを、
客観的に見ることのできる「自分」を育てていきたいです。

最後になりましたが、
これを読んでくれた方が健やかな毎日を過ごされますように音譜

膝用装具

今日は、膝用の装具を受け取りに行ってきました。

受け取ってみると、何やらゴツいサポーター。
目的は以下の2つ。

・脛骨が大腿骨から前へとズレないようにする。前十字靭帯の代わり。
・脛骨が膝を支点に外へと反るのを防ぐ。内側側副靭帯の代わり。

内側側副靭帯は2度の損傷ということで、治癒に3か月かかるそうです。
その間は装具を付けて生活するようにと言われました。

付けてみた感想としては、
確かに安定感はあります。

ただ、ある程度膝の運動性を奪ってしまうため、
地面からの抗力を感じにくくなってしまいます。

普通のサポーターと比較して、
一長一短といったところでしょうか。

…価格は10倍以上するのですがガーン

ケガをすると、懐まで痛いということに気づきました(笑)

これを読んでくれた皆様が健やかに過ごされますように音譜

アンハッピートライアド

なんとも不吉なタイトルですよね。

月曜日に負ったケガのMRI検査による、
確定診断結果です。

正式には、

・前十字靭帯完全断裂
・内側半月板損傷
・内側側副靭帯部分断裂

というものでした。
膝のケガとしては、最悪の部類に入りますね。

受傷から6日経って普段の痛みはマシになったのですが、
関節の可動域はかなり制限されています。

屈曲は100°位までですし、
内反および回旋のストレスにはかなりの動揺と痛みを伴います。

ですが、とりあえず水曜日からは、
練気武颯拳の修練を再開しました。

ストレッチなど、できない動作は数多くあるのですが、
「できることをやる」というのが修練の基本です。

「脱力による合理的身体運動」を修練している以上、
「膝が痛いからできません」とは言えないですしね(笑)

現時点の修練目的は、
「股関節やお腹、腰、背中を緩めることで、荷重を分散させる」ことです。

膝関節を怪我した場合、
一般的には膝周りの筋力トレーニングを指導されます。

これは膝周囲の筋肉で膝を支えることと、
大腿四頭筋腱が膝蓋靭帯や内外側膝蓋靭帯へとつながるため、
それらの靭帯の強化につながるからです。

もちろんこれらを否定するつもりは全くありません。
ただ、他の視点でのリハビリもあり得るというだけです。

私が師事している練気武颯拳の茂呂隆師範は、
右脚に私なんかより断然ひどいケガをされています。

・内側側副靭帯断裂
・外側側副靱帯断裂
・前十字靭帯断裂
・大腿四頭筋内側頭損傷
・大腿四頭筋外側頭断裂
・股関節~足首までの痛覚、触圧覚、温度覚の脱失

ですが、
今現在はそれらを全く感じさせない動きをされています。

もちろんご本人に伺うと、
「不便はそれなりにある」とのことですが、

「それでも修練はできるし、もっともっと動きが良くなる」
とのお言葉をいただきました。

私自身はまだまだ未熟なためどこまでできるかわかりませんが、
少なくとも練気武颯拳の修練には、

このケガを乗り越えるだけのも内容が十分にあることが、
茂呂師範を見ていると確信できます。

それに、私自身がこのケガを乗り越えた時には、
今よりも多くの人の役に立てると感じています。

これから先、短期的には様々な不便がありそうですが、
長期的には希望をもって修練(リハビリ)に励みます。

なお最後になりましたが、
同じようにケガに苦しむ方が、
1日でも早く良くなりますように祈っております。

2010.10.13修練日誌(続き)


10月13日の武颯塾大阪支部修練の続きです。

練気武颯拳

今月のテーマの「寝技」に沿って、
今回はガードポジションからの返しを修練しました。

といってもまずは寝た状態で身体の中の水を動かすという、
見た目には非常に地味な修練から入りました。

二人一組になり片方が仰向けに寝ます。
そして、もう片方が寝ている相手の肩を下から持ち上げます。

この持ち上げられた肩を、
脱力して身体の水を集めることで非常に重たいものとするのです。

今回の修練は、
この「肩に水を集める」ということが大基本になっていました。

ということで、頭を上げた状態から下しながらだったり、
膝を立てた状態から倒しながらだったりと、

少しずつ形を変えて、
「身体中のより多くの水が集まる」
ように修練しました。

この修練をしていると、肩を持ち上げられるときに、
自分の体が足先までつながっていることを感じられます。

すると、

「肩だけを持ち上げようとしても、
こんなに大きなものを動かせるわけがない」

ということがはっきりと理解できます。

修練後、師範にそう感じたことを伝えると、

「修練が進めば、
持ち上げようとしている相手さえも自分自身だということが、
本当の意味で理解できるようになるよ。」

ということをご教示いただきました。

その後の修練は、

肩に集めていた水を座った相手に流して転がしたり、
ガードポジションから脚に流すことで相手を返したり、
あるいは腕十字に持っていったりしました。

今回の修練では、
自分自身の体全体を意識できたことが収穫でした。

そしてその次には、

「相手も自分である」

ということを正味感得する修練があることも教えて頂きました。

やっぱり修練は楽しいですね音譜

痛いけれど、なんか笑える


修練日誌が途中ですが、
ちょっとした出来事が続いたので、
今日はそれを書きます。

とりあえず昨日、
膝をねじってしまいました。

身体を緩めようとして、
気持ちまで緩んでしまったようです。

修練が足りてないということでしょう。

お医者さんによると、
「前十字靭帯損傷」「内側側副靭帯損傷」
だろうとのこと。

確定診断は、
木曜日のMRI画像によって下すそうです。

パンパンに腫れた膝から血が抜かれるのは、
気分のいいものではないですね。

昨晩は痛みでほとんど眠れませんでした。
痛くない姿勢は他の所に負担が大きいのです。

人の体というのは、
微妙なバランスの上に成り立っているのですね。

…とまあ、痛いことは痛いのですが、
そこになんとなく可笑しさを感じてもいて、不思議な気分です。

私事ばかりで大変恐縮ですが、

つい先月は、帯状疱疹で痛かったですし、
先々月は歯茎がひどく腫れて眠れませんでした。

15年以上使っていたお気に入りの茶碗は割れてしまうし、
ここのところ立て続けにいろいろある感じです。

自分自身の中でマイナス(と思われる)面に、
意識の焦点が当たっているのかもしれません。

ただ、良いことも沢山あるのです。

新しい身体の感覚に気づいたり、
今までの自分のパラダイムを発見したり、
素晴らしいブログに出会えたり…。

最近では、とても身近な人が修練会に参加してくれるようになりました。
しかも、友達にも声を掛けてくれたとのこと。

これには感激して涙目になりました(笑)

そんな感じで、なんかこう、アップダウンが激しいなと。

ってなことをつらつらと考えていると、
痛みの中に可笑しさがこみ上げてくるんですね。

修練は早く始めたいのですが、
まあ、のんびりと治すことにします。

2011.10.13修練日誌

10月13日の武颯塾大阪支部における修練内容は以下の通りでした。

陳式太極拳老架式

もう一度基本的な注意事項を確認し、
自分勝手な動きを消していくために、
套路を最初からチェックしていただきました。

直立歩⇒予備式⇒起勢⇒金剛搗碓

直立歩から予備式においては、
右脚の踏みで左脚が外に開かれることがポイントです。

自分勝手に左脚を動かすのではなく、
脱力し切った状態で右脚から伝わる勁によって動かされます。

予備式では、股関節の開閉により腕を動かすのですが、
腕を動かすための予備動作をしないように注意されました。

起勢における腕の上げ下げは、
今回最も厳密に教えていただきました。

脚の踏みによって地面から勁を伝えて腕を上げるのですが、
注意していても手先から動こうとしてしまいます。

そうではなく、落下する力で肘が回転しながら滑ることで、
地面からの勁が手先(この場合は手根部)に伝わって手が上がるのです。

続いて下げですが、掌が上を向いて肩の高さまで上がった状態で、
今度は掌を下向きに返します。

この時も、手先から返すのではなく、
落下する力で肘が回転することで掌が返るのです。

人差し指を中心にして肘が下から外を向くように回転する、
そのための肩・胸の脱力感に乗ることで、腕が下がります。

ここから金剛搗碓へ入ります。

右股関節を開きながら左脚重心になります。
それに伴って、両手は右回りの平円を描きます。

そこから今度は右脚に重心を移します。
右脚に乗り切ることで、地面からの力が両腕に弧を描かせます。

右足重心で、臍も最大限右を向いた状態から、
さらに右を向こうとすると、左脚がポンと外側へ放り出されます。

右脚・右腰が限界までねじれることで、
逆に戻ろうとする力が左脚を放り出すのです。

そこでしっかりと右股関節を緩めて腰を沈めながら、
左脚へと重心を移していきます。

この重心移動の力で、両腕が前方に放り出されます。
このときも臍の向きを意識することで、纏糸勁が働きます。

完全に両腕を放り出したら、右股関節を開きます。
すると、左脚が地面を踏み、両腕が手前に戻ってきます。

と、ここまでが今回の太極拳修練の内容でした。
練気武颯拳については次回に。

(以下、次回へ右矢印

生活の中心に何を置くか?

第2の習慣は、
「目的を持って始める」ということです。

この章の冒頭で、

「自分の葬儀において、
参列してくれた大切な人たちにどういう弔辞を述べてほしいかはてなマーク

ということを考えるよう指示があります。

自分がどういう夫であり、妻であり、
親であり、友人であり、仕事仲間であったのか。

自分の人格や業績、社会に対する貢献など、
どういったところを評価してほしいのか。

「人生の終着点において、自分が大切な人たちに求めること」

これが、「人生の目標」であると定義しています。

如何でしょう、普段深く考えることはほとんどありませんよねはてなマーク
私自身を顧みても、もっと目先の物事にとらわれていると感じます。

ですが、この「人生の目標」が明確になっていないと、
日頃の努力に価値を見い出しにくくなります。

せっかく頑張って何かを得ても、
手に入った途端にそれが不要なものだったことに気づく。

これはとても辛いことですよね。

そうならないためにも、
まずしっかりと「人生の目標」について考える必要があるのです。

…というのがこの章の主旨なのですが、
私個人としては、この章の中で触れられている、

「生活の中心に何を置いているか」

という部分に特に感じるものがありました。

ここでは、生活の中心に置かれるものとして、

・夫、妻
・家族
・お金
・仕事
・友人
・自分

などが挙げられています。

そして、それぞれを生活の中心に置いた場合に、
どういった形で思考や行動に表れるのかが書かれています。

それぞれを読んでいてもどれもピンとこなかったのですが、
割と最後の方で「コレだ!!」というものが見つかりました。

それは、今まで自分では考えてもみなかったことでした。

あまりにも無意識で当たり前の思考・行動パターンだったため、
全く気づくことなく生活してきたのです!!

けれども、それに気づいた上で自分の人生を振り返ると、
ほとんどの問題はそこから発生していると感じられます。

このことは、
自分自身に対する極めて大きな発見となりました。

これからの生活において、
本当に注意すべきものを見つけたのです。

「生活の中心に何を置くかはてなマーク

皆さんも一度、考えてみてください。

刺激と反応の間にある「選択の自由」

いよいよ第1の習慣、
「主体性を発揮する」に突入です!

「主体性」、よく聞く言葉ですよね。
「もっと主体性を持って仕事をしなさい!」
なんて言われた事ないですか?

まあ、言わんとすることはなんとなくわかるのですが、
多くの場合、「積極性」と同義で使われているような気がします。

そんな「主体性」について、
この本では以下のように定義しています。

「刺激と反応の間にある選択の自由」

…どういうことでしょう?
言葉が難しいですね。

例えば、今、雨が降っているとしましょう。
想像してみてください。

どんな気分ですか?
なんとなくどんよりした、重たい気分になりませんか?

では逆に、快晴で抜けるような青空が広がっているとしたら?
イメージしてみましょう。

なんとなく清々しい気分になったのではないですか?

これは、雨空という「刺激」に対して、
どんよりした気分という「反応」を、

青空という「刺激」に対して、
清々しい気分という「反応」をしているわけです。

ですが本来、天気に良いも悪いもあるわけでなく、
気分との直接の因果関係はありません。

過去の記憶や経験をもとに意味づけをして良し悪しの判断をし、
勝手に気分を良くしたり悪くしたりしているのです。

そしてそれを繰り返した結果、天気という「刺激」により、
気分という「反応」があらわれるよう条件付けられる。

このような、
「ある特定の刺激に対して特定の反応が条件付けられる」
という考え方を、

「刺激と反応のモデル」

といいます。
いわゆる「条件反射」というやつですね。

この「条件反射」は、
私たちの生活のあらゆる場面で見ることができます。

自覚できるものと、
当たり前になりすぎて気づけないもの。

自分の実体験から身についたものと、
メディアなどから繰り返される情報で身に付けさせられたもの。

生きていく上で必要なものと、
日常生活に支障をきたすような厄介なもの。

本当にたくさんあるのですが、「条件反射」である限り、
いずれも「刺激」「反応」を決めているのです。

「特定の刺激」に対して「特定の反応」をする、
というか、してしまう。

この状態を、「主体性がない」「反応的である」
とこの本では言っています。

その逆に、「刺激と反応の間に選択の自由をもつ」
つまり「刺激に対する反応を自分で選択する」ことを、

「主体性がある」

と言っているのです。

そして本来、
人には主体性が備わっているため、

「刺激」に対する「反応」を、
「選択している自分」がいるはずなのです。

この「選択している自分」に気づき、
そこに意識の焦点を当てることが、

「主体性を発揮する」

ために最も必要なことなのです。

このことは、練気武颯拳という武術修練の中で、
私が目指していることでもあります。

それを理解しやすい言葉で再認識させてくれたこの本に、
心から感謝しています。