テコの原理を武術に活かす(動画と説明)

こんにちは、ワタルです。

今日は、

「テコの原理を武術に活かす」

ということについて書きます。

まずは、こちらの動画をご覧ください。

これは「拳鉄槌(けんてっつい)」という、
武颯拳の型の中にある動きの練習をしているところです。

動きを簡単に説明すると、

「しっかりと両足を前後に開いている相手が、
両手を重ねてお腹の前に置いて踏ん張っているところで、
その手の上に拳を載せた所から一気に下方に落とす」

ということになります。

よほどの体格差や筋力差がない限り、
普通の筋力運動では落とせないと思います。

そこで脱力による力である、

「勁力(けいりょく)」

を使うのです。

この「勁力」を使うことが出来れば、
今までの自分では考えられないような力が出せます。

女性が男性を投げるということも、
原理的には可能なのです。

ただそうはいっても耳慣れない言葉ですし、
どのような力なのかイメージしにくいと思います。

そこでここの所何度も書いている、

「テコの原理」

を使って勁力の説明をしたいと思います。

動画にも簡単なキャプションをいれていますが、
この動きの重要なポイントは、

「腕の力を抜いたままにしておく」

ということと、

「股関節を一気に開いて落とす」

ということの2点です。

ところがやってみると、
これは意外と難しいのです。

まず、どうしても腕に力が入ってしまう。

「拳で相手を落とすのだから、
腕に力を入れないと落ちるわけがない」

と思ってしまうのです。

さらには股関節を一気に落とすことができない。

股関節自体が自由に動くという、
「発想」を持つことが難しいから。

これらの問題がなぜ起きるのかというと、

「支点の位置を身体の中心側においているから」

だと言えます。

下の写真を見てください。
(クリックすると拡大されます)

脱力~Reset Style(リセットスタイル)~-テコの原理(筋力)

支点を身体の中心である腰や股関節周りにおいて、
作用点を拳においています。

そして身体の前面の筋肉である腹筋や胸筋、
そして肩や腕の筋肉を力点として使用しているのです。

この写真の形で下向きに押そうとイメージすると、
肩や胸、お腹の筋肉が固くなりそうな気がしませんか?

これが原因で、
腕の力を抜けないのです。

また腰や股関節を支点として扱っているので、
股関節を自由に動かすことも難しくなります。

では、次の写真を見てみましょう。
(おなじくクリックで拡大されます)

脱力~Reset Style(リセットスタイル)~-テコの原理(脱力)

この場合は、
支点を拳に設定しています。

注目してほしいのは、
作用点を相手の中心においていること。

そして自分の中心である腰や股関節周りを、
力点として動かしているのです。

支点は自分からは動かさないので、
腕に力を入れる必要はありません。

また腰や股関節周りは力点なので、
大きく動かすことができます。

もちろん最終的には相手が崩れて作用点が大きく動き、
なおかつ力点は現実的にはそこまで位置は変わらないので、
結果として支点である拳は下に落ちることになります。

ただそれはあくまで、

「股関節が動き、相手が崩れた結果として拳が落ちる」

ということなのです。

拳を落として相手を崩すという一般的なイメージとは、
全く逆の順序ですよね。

そこに働いているテコの原理も、
全然違う形になっています。

ですがこの「勁力」を理解して身に付けることで、
大きな力を出せるだけではなく、
身体に負担の少ない動き方ができるようになります。

スポーツをやっている人であればケガが減りますし、
そうでない人も肩コリや腰痛が楽になります。

そんな修練を、
一緒にやりませんか♪

※ここで説明している「勁力」については、
私が理解できている範囲でのものになります。
実際にはもっと奥深いものでありますので、
ここでの説明よりも踏み入った内容につきましては、
武颯塾大阪支部にて茂呂師範に伺って頂きたいです。

P.S.

もっと多くの方に来て頂いて、
より幅広く学べる環境。

さまざまな取り組みをされている人たちが、
「脱力」というキーワードで交流できる場所。

武颯塾大阪支部と神戸修練会を、
そんな場所にしていきたいと思っています。

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

修練参加でも、質問でも何でも結構です。

ピンとくるものがあれば、
遠慮なくメールをください。

musou-tensei@eurus.dti.ne.jp

楽しみにしております!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

太極拳において目指す身

身体を上手く使えるイメージ図(全身版)

こんにちは、ワタルです。

今日は前回の「身体のレバレッジを効かせる」の続編として、

「身体を上手く使えるイメージ図(全身版)」

を提供します。

筋力運動と脱力による合理的運動における、
テコの仕組みの違いは前回記事でお分かり頂けたと思いますが、
改めて図で比べてみてください。

<筋力運動におけるテコのはたらき>
脱力~Reset Style(リセットスタイル)~-筋力テコ

<脱力運動におけるテコのはたらき>
脱力~Reset Style(リセットスタイル)~-脱力テコ

この二つの図は、
腕の動きをイメージしやすいように作ったものです。

おそらく合気道をされている方の中には、
こういう説明を受けられた方いらっしゃるでしょう。

もちろんこのイメージで腕を動かすだけでも、
普段とは違った動きができます。

ですがもちろん人の身体は腕だけではありませんよね。

というわけで今日は、
全身の運動をイメージするための図を作ってみました。

前回と同じく筋力運動と脱力運動の両方を作りましたので、
比べてみてください。

<筋力運動全身イメージ>
脱力~Reset Style(リセットスタイル)~-筋力イメージ

<脱力運動全身イメージ>
脱力~Reset Style(リセットスタイル)~-脱力イメージ

脱力運動のイメージ図におけるポイントは、
青丸の「力点」「シーソーの端っこ」だとイメージすること。

つまり、「楽に大きく動かす場所」だということです。

シーソーの端っこが身体の中心に集まっていると理解すれば、

「身体の中心から動く」

ということの意味が理解できますよね。

そして逆に手先や足先は「支点」なので、
自分勝手に動かしてはいけません。

勝手に動かすということは、
手先や足先を「作用点」として扱うことになります。

これではテコの形が変わってしまうので、
手先や足先に強い力を伝えることができません。

筋力を主体とした運動に戻ってしまうわけです。

そうならないためにもう一度ポイントをまとめておくと、

1.身体の中心がシーソーの端っこだとイメージする

2.手先や足先はシーソーの真ん中の台だとイメージする

3.作用点は対象となる物や人の重心

となります。

これがしっかりとイメージできるようになると、
身体の動きが大きく変わってきます。

ぜひ、お試しください♪

P.S.

もっと多くの方に来て頂いて、
より幅広く学べる環境。

さまざまな取り組みをされている人たちが、
「脱力」というキーワードで交流できる場所。

武颯塾大阪支部と神戸修練会を、
そんな場所にしていきたいと思っています。

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

修練参加でも、質問でも何でも結構です。

ピンとくるものがあれば、
遠慮なくメールをください。

musou-tensei@eurus.dti.ne.jp

楽しみにしております!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

太極拳において目指す身体の在り方が映像で見られます。

「太極拳・基本練功 第1巻 発勁体得 [DVD]」

「太極拳・基本練功 第2巻 内功推手 [DVD]」

「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

明石~神戸で鍼灸・整体の往診をご希望の方はこちら
musou-tensei@eurus.dti.ne.jp

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

身体のレバレッジを効かせる

こんにちは、ワタルです。

今日は、

「レバレッジ」

について書きます。

脱力~Reset Style(リセットスタイル)~-シーソー

日本語でいうと「テコ」のことですね。

テコの原理というのはみなさんご存じですよね、
「支点・力点・作用点」のアレのことです。

一番イメージをしやすいのは、
「シーソー」ではないでしょうか。

長い棒の真ん中に支点があり、
その左右に人が乗りますよね。

同じ体重の人が乗っても、
真ん中に近いところに乗った人よりも、
端に乗った人の方が下がる。

あるいは体重の重い人が真ん中に乗ると、
端に乗った軽い人とつりあって動かない。

真ん中の支点からの距離の比が、
体重(=力)に乗算されるわけです。

少し違った形のテコとしては、
紙の裁断器が挙げられます。

この場合は支点が一番端にあり、
力点と支点の間に作用点があります。

形は違いますが、
支点から力点と作用点までのそれぞれの距離の比が、
力に乗算されます。

このようなテコの原理をどのように活用するか、
それが身体を合理的に扱うカギだと言えます。

一般的な筋力を主体とした運動においては、
以下のような形のテコが働いています。

脱力~Reset Style(リセットスタイル)~-筋力テコ

形としては紙の裁断器において、
力点と作用点の位置を逆にしたものになります。

つまり、作用点にかかる重さの何倍もの力を加えなければ、
物体を動かすことはできない形なのです。

それに対して脱力による運動においては、
以下のようなテコを働かせます。

脱力~Reset Style(リセットスタイル)~-脱力テコ

これはシーソーの真ん中近くに作用点を置いて、
反対側の端っこを動かす形のテコになります。

したがって、
作用点には加えた力以上の力が働きます。

「レバレッジ」

が効くわけですね。

このように脱力修練とはただ力を抜くだけではなく、
運動の仕組みそのものを変えていくものなのです。

P.S.

もっと多くの方に来て頂いて、
より幅広く学べる環境。

さまざまな取り組みをされている人たちが、
「脱力」というキーワードで交流できる場所。

武颯塾大阪支部と神戸修練会を、
そんな場所にしていきたいと思っています。

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

修練参加でも、質問でも何でも結構です。

ピンとくるものがあれば、
遠慮なくメールをください。

musou-tensei@eurus.dti.ne.jp

楽しみにしております!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

太極拳において目指す身体の在り方が映像で見られます。

「太極拳・基本練功 第1巻 発勁体得 [DVD]」

「太極拳・基本練功 第2巻 内功推手 [DVD]」

「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

明石~神戸で鍼灸・整体の往診をご希望の方はこちら
musou-tensei@eurus.dti.ne.jp

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

姿勢を整えることのメンタル効果

こんにちは、ワタルです。

今日は、

「姿勢を整えることのメンタル効果」

について書きます。

悪い姿勢が様々な悪影響を及ぼすことは、
このブログを読んでいる方はみなさんご存知でしょう。

少し例を挙げましょうか。

・肩コリ

・腰痛

・ひざの痛み

・首のコリ

・頭が重い

・身体がだるい

こういった身体についての影響は、
頭で考えても納得がいくものですよね。

しかし、姿勢が次のような症状の原因だと言われれば、
どのように感じるでしょうか?

・自分に自信がない

・なんとなく不安を感じる

・人と会うと疲れる

・人ごみが苦手

・集中力がない

こういったメンタルの問題と姿勢が、
「直接的に」関係していると思っている人は、
意外と少ないのではないでしょうか。

というわけで試してみましょう。

姿勢を整える前後で、
同じ物事に対する感じ方の変化をみていきます。

というわけでまずは、
3日以内に起こった嫌な出来事を思い出してください。

気が進まないとは思いますがw

思い出しましたか?

ではその嫌な出来事をイメージしながら、
自分の身体に意識を向けてみましょう。

どんな感じがしますか?

例えばお腹のあたり。

重さはどう感じますか?

何か固いものを感じる人もいるかもしれませんね。

あるいは色はどうでしょうか?

さらには温度も感じてみましょう。

感じる場所も変えてみてください。

胸はどう感じますか?

同じように重さや固さ、
色や温度について感じてみてください。

他にも身体の気になる部分に意識を向けて、
そこがどのように反応しているのかを感じてください。

それが感じられたら、
一度身体をゆすって感覚をリセットしましょう。

では次に、
首の力を抜いてゆっくりと頭を後ろに倒してください。

座っている姿勢でも立っている姿勢でも、
どちらでも構いません。

そこから、
首を真上に伸ばしてみましょう。

これ以上ないというくらいに、
まっすぐ上に伸ばしてみるのです。
(首を痛めている人は無理をしないでくださいね。)

おへそのあたりが上に引き上げられる感じや、
腰のあたりが軽くなった感覚がでると、
ちゃんと伸びたと思ってもらって結構です。

近くに鏡がある人は、
自分の姿を確認してみましょう。

普段の自分とは違う、
本当に「まっすぐ」な姿が映っているのではないでしょうか。

もしそうでない人は、
頭の上から紐で引っ張られたように、
とにかく厳密に姿勢を「まっすぐ」にしてみて下さい。

おそらく、というか普通の人はほぼ確実に、
日頃そのような姿勢を取ることはありません。

ですから身体のいろいろな場所に、
大きな違和感を感じると思います。

ですがここはとりあえず、
姿勢の良し悪しで自分の感じ方が変わるということを、
身体で感じてもらいので何とかついてきてください。

それでは「まっすぐ」な姿勢が取れたら、
先ほどと同じように嫌な出来事を思い出してみてください。

そして、お腹や胸、のどなどの、
気になる部分を感じてみてください。

先ほどと比べてどのように感じますか?

重さ、固さ、色、温度。

それぞれ、何がしかの変化があったと思います。

重さが軽くなったり、
固さがほぐれていたり。

この変化こそが、

「姿勢を整えることのメンタル効果」

なのです。

途中でも書きましたが、
厳密にまっすぐな姿勢で居続けることは、
普段の生活ではほぼ無理です。

また、筋力を使って無理やり姿勢を維持し続けると、
腰や背中を痛める可能性もあります。

ですから本来は、
誰かのサポートを受けながら、

「正しい姿勢になる方法」

を学んでいくわけです。

ですが短い時間であれば、
身体に負担をかけることなく、
正しい姿勢に近い状態はつくれます。

そしてその時の姿勢の変化に応じて、
確実にメンタルも変わるのです。

私自身で最近実験してみたのですが、
電車の中で15分間正しい姿勢を続けると、
半日くらいはメンタルが整った感覚が続きます。

言葉にするとありきたりですが、
クリアーな、透き通った感覚が続くのです。

ですから、

「最近、いろいろと上手くいかないなぁ」

という気持ちで悶々としている時には、
ぜひとも姿勢を整えてほしいのです。

やってみると長く感じると思いますが、
とにかく15分間続けてみてください。

きっとそのあとの変化に驚くことになりますよ♪

ただし、繰り返しになりますが、
腰や背中を無意識に反らせてしまう場合があるので、
無理はしないでくださいね。

P.S.

もっと多くの方に来て頂いて、
より幅広く学べる環境。

さまざまな取り組みをされている人たちが、
「脱力」というキーワードで交流できる場所。

武颯塾大阪支部と神戸修練会を、
そんな場所にしていきたいと思っています。

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

修練参加でも、質問でも何でも結構です。

ピンとくるものがあれば、
遠慮なくメールをください。

musou-tensei@eurus.dti.ne.jp

楽しみにしております!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

太極拳において目指す身体の在り方が映像で見られます。

「太極拳・基本練功 第1巻 発勁体得 [DVD]」

「太極拳・基本練功 第2巻 内功推手 [DVD]」

「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

明石~神戸で鍼灸・整体の往診をご希望の方はこちら
musou-tensei@eurus.dti.ne.jp

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

久しぶりのお習字

こんにちは、ワタルです。

今日は久しぶりに「お習字」をしましたw

$脱力~Reset Style(リセットスタイル)~-お習字

武颯塾大阪支部では毎週木曜日と日曜日に、
難波の浪速スポーツセンターで修練をしています。

これまで修練時間はドアを閉め、
窓のブラインドも下したままにしていました。

ですがこれからは、
私たちの修練を少しでも多くの人に知ってもらいたい。

そういう想いから、
ドアもブラインドも開けた状態で修練をすることにしました。

そして看板がわりの貼り紙をしよう、
というわけで今回のお習字となったわけです。

私は小学3年生~中学3年生までの7年間、
近所の書道教室に通っていました。

お手本を見ながらというよりは、
書きたいように書くというわがままな生徒でしたがw

そんな私に対してもおおらかに接してくれた先生のおかげで、
教室に通うことを嫌だと思ったことはありませんでした。

そしてこうやって久しぶりに筆をもった今でも、

「書くことの楽しさ」

は、私の中にしっかりと残っていることを感じました。

そして、私自身も人に何かを教えようという現在、
先生が私にしてくれたように人と接していきたいと思っています。

先生が私に書くことの楽しさを残してくれたように、

「修練することの楽しさ」

を、私も伝えていきたい。

今日は久しぶりに筆を持って、
そんなことを考えました。

P.S.

もっと多くの方に来て頂いて、
より幅広く学べる環境。

さまざまな取り組みをされている人たちが、
「脱力」というキーワードで交流できる場所。

武颯塾大阪支部と神戸修練会を、
そんな場所にしていきたいと思っています。

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

修練参加でも、質問でも何でも結構です。

ピンとくるものがあれば、
遠慮なくメールをください。

musou-tensei@eurus.dti.ne.jp

楽しみにしております!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

太極拳において目指す身体の在り方が映像で見られます。

「太極拳・基本練功 第1巻 発勁体得 [DVD]」

「太極拳・基本練功 第2巻 内功推手 [DVD]」

「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

明石~神戸で鍼灸・整体の往診をご希望の方はこちら
musou-tensei@eurus.dti.ne.jp

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~