気付いているけど、気にしない

 

今、これを読んでいるあなたの状況はどんなものだろう。

仕事帰りの電車の中で、暇つぶしに。

寝る前、布団に入って寝物語に。

ちなみに書いている私は、修練前の夕方、

三宮駅東のモスバーガーの一席にいる。

ホットドッグと紅茶という、

組み合わせとしてはいささか微妙な注文をして。

じゃあ、ホットドッグに合う飲み物って何?

ビール?コーラ?

とりあえず炭酸系なら何でも良い気がする。

紅茶やコーヒーは少しハズれると感じるのは、私だけだろうか。

 

[ad#co-1]

 

それはさておき、このブログを読むためにはおそらく、

あなたはスマホかパソコンに触れているだろう。

それには、どんな感触がある?

モスバーガーでiPad miniを持っている私の手には、

縁の角ばった感じや、材質の硬い感じ、

持ち続けると意外に重い質量が感じられる。

iPadは単体だと軽いけれど、

カバーを付けると途端に重くなるのが珠にキズ。

スリープ機能付きで軽くて、なおかつ衝撃吸収するカバーが欲しい。

と、私が感じていることを言葉にするとこんな感じになる。

あなたも、私と表現は違っても、

なにかの感覚をその手に感じているハズだ。

そしてその感覚はあなたの気持ちや考えに影響する。

意識しているかどうかに関わらず。

 

さてここで一つ、お願いがある。

今、手に触れているスマホやキーボードから、

手を離して欲しい。

もちろん、床にスマホを落としてくれとは言わない。

ただ一度、近くに置いて欲しいだけ。

そして、空になった手の感覚を感じてみよう。

どう感じるか、は人それぞれ。

何も持っていない手はこんな感じがするというだけだ。

ではあらためて、スマホやキーボードに触れる、と思ってほしい。

まだ触れちゃダメw

手を近づけるけど、触れない。

この時の手には、どんな感覚を感じるだろうか。

おそらく、空の手とは違う感じがするだろう。

感覚の鋭い人ならすでに、

スマホの触感に近いものを感じているかもしれない。

 

このように、触れる前に触感を感じることで、

私たちの脳はスマホを持ち上げる準備をしている。

その触感に合わせて、身体も態勢を整えてから、動く。

というのが普通の人の運動のやり方。

これは力の調節においては有効だけれども、

自分の動きを制限してしまうという副作用もある。

触れる前、そして触れてから感じる触感によっては、

身体が先に、動くことを諦めてしまう。

武術の練習で言えば、踏ん張って立っている人を見た途端、

あるいは触って固いなと感じた途端、

技を掛けることが出来なくなる。

だから上達のためには一度、

この運動のやり方をやめなければならない。

 

無意識に行っている準備を、やめる。

それは、見たものに対する扱い方を変えること。

相手が踏ん張って立っている事は、見れば分かる。

にもかかわらず、まるで空気を撫でるように、

ただブランブランの腕で技を掛ける。

何事も無かったかの如く。

エアギターならぬ、エア武術。

いや、ここは普通に「型」でいいか。

相手の状態には気付いてるけど、全く気にしない。

相手が踏ん張っている?でもそんなの関係ねー!!って感じ。

これは相手を無視するのとは違う。

見てみないふりをするのでもない。

固まった相手がいるにもかかわらず、空気のように扱う。

文字にするととっても失礼なことをしているみたいだけど、

上手くいくと不思議なくらい簡単に技が掛かる。

あっけないくらいにあっさりと人を転がすことが出来る。

今まで苦労してきたことは何だったのか!?ってくらいに。

あ、間違っても今、手に持っているスマホで実験はしない方が良い。

どこかに飛んで行っても、自己責任ということで。

 

気付いているけど、気にしない。

こんなことを考えながら修練していると、面白いことに気が付いた。

「人を柔らかいものだと感じられると、不思議と優しい気持ちになる。」

ポイントは、触感にある。

空気のように人を扱う方が、実は大切にすることが出来るというw

これは、武術の技がかかることと同じくらい、

私にとっては大きな発見だった。

…でも、気にしないでおこう。

 

ナジーム=ハメド、お客様という病

 

「お客様は神様です」という言葉が嫌いだ。

「だからお前は商売が下手なんだ」と言われても、

ハイ、そうですねとしか言いようがない。

嫌いなものは嫌いなんだから。

馬鹿丁寧な敬語なんて、使いたくないし使われたくない。

普通の丁寧語で充分事足りる。

病院でさえ「大谷様」と呼ばれるようになって、もう随分経つ。

初めて聞いたときは、自分のことだと思えなかった。

「大谷さん」でいいんじゃないかな。

そもそも、「お客様」って。

本人に呼びかけるときならまだしも、

社内での連絡メールにまでそう書かないと、

社会人失格みたいな扱いを受けるのはどうか。

まして最近は、消費者自身が自分のことを「お客様」扱いし始めた。

こうやって書いてる自分も、

飲み屋でちょっと注文が遅かったりするとイライラし始めたり。

すっかりお客様病に罹っている。

これはマズイ。

 

[ad#co-1]

 

ニュースやネットを見る限りでは、

日本に来た海外の旅行者は、

概ね良い印象を持って帰るようだ。

そりゃそうだ。

旅行者は「お客様」だから。

どこへ行っても気分良く過ごせるだろう。

じゃあ、日本で働いてる外国人はどう思っているか。

そして、「お客様」を相手にしている日本人はどうなんだろう?

「仕事、楽しいですか?」

 

ナジーム=ハメドという名前を聞いたことがあるだろうか。

彼は、20歳前後の私のアイドルだった。

型破りな闘い方をするボクサーで、

その全盛期は誰も彼に触れることは出来なかった。

「はじめの一歩」というボクシング漫画には、

彼をモデルとしたブライアン=ホークというキャラが登場するが、

漫画よりも漫画じみた動きだった。

グニャグニャの上半身でパンチを避けると、

倒れそうな体勢からの一発でknockout。

試合開始から終了まで、その瞬間を今か今かと期待して待つ。

そんな時間がたまらなく好きで、

日曜日のバイトが終わると一目散に家路に着いた。

「そんなの録画して観たらいいじゃない」

と先輩に言われたこともあったけど、

そういう問題ではない。

コンパに行って女のコとおしゃべりするよりも、

その時の私にはずっと魅力的だったから。

 

彼の魅力であった、一発の威力とトリッキーなディフェンス。

それはしかし、斬れ味抜群の諸刃の剣。

彼の身長は公称160センチ。

画面で見ると、さらに小さく見える。

リミット57kg程のフェザー級ではかなり小柄だ。

にもかかわらず、あれだけの威力のパンチが打てたのは、

全身を鞭のように使って打っていたから。

だから、いろんな体勢や角度から打てる代わりに連打が利かない。

また、モーションが大きいのでいきなり打っても当たりにくい。

必然的に、相手の打ち終わりを狙う、

カウンターパンチャーというスタイルを選ばざるを得ない。

トリッキーな動きは、

相手に先に手を出させるためのいわば撒き餌。

そう、派手な動きに惑わされずにその本質を見れば、

極端な程のカウンタースタイルだったと言える。

そのことに最初に気づいたのがメキシコの英雄、

マルコ=アントニオ=バレラ。

彼はガードを固めて前進し、プレッシャーを掛け続けながら、

自分からは決して大きなパンチを打たなかった。

ハメドの打ち終わりに、小さなパンチを確実に返す。

それだけを12ラウンド、続けた。

結果、ハメドは王座を失う。

 

敗因は何か。

それは何と言っても、先に手を出したこと。

ボクシングを格闘技という側面から見れば、

彼のスタイルは極めて合理的だと思う。

相手が手を出せばカウンターを叩き込むけど、

手を出して来なければ何もしない。

パンチを打たせるように、ただひたすら挑発するだけ。

けど、興行という側面においては、それは許されない。

特にラスベガスのリングで手数が少ないというのは罪だとさえ言える。

フェイマスなチャンピオンであるなら、なおさら。

そして彼は、その強さと特異なキャラクターで、

当時、最も「お客様」を呼べるボクサーの一人だった。

面白い試合にする責任は彼にある、と「お客様」は考える。

ハメド、もっと打ち合えよ、と。

有名になった時点から、

彼の敗戦はもはや時間の問題だったのだ。

 

「お客様の満足が全てです」みたいなことを、

あちこちで見かける。

そのために全力を尽くす人をプロフェッショナルと呼び、

働くからにはみんなそうあるべきだ、

という空気が巷に溢れている。

それはそれで素晴らしい。

NHKの同名番組にはいつも、スゲーって思わされる。

だからといって、それだけが価値ある仕事なのだろうか。

 

当時のハメドの肩書きは「プロボクサー」。

「ボクサー」としての彼は本当に強かった。

しかし「プロボクサー」は対戦相手だけでなく、

「お客様」をも相手にする。

彼らが望むのは、派手な打ち合いや壮絶なKOシーン。

それを満たした上で勝つのが、

「プロボクサー」としての強さだと言える。

選ばれたほんの一握りの選手だけが辿り着ける場所。

ここに行けば、確かにものすごい額のファイトマネーが貰える(笑)

でも、違うやりかただって、無いわけじゃない。

 

名ボクサーと呼ばれる基準には幾つかある。

複数階級制覇、KO記録、連続防衛、等々。

前の2つについては基本的に、客受けが良い。

しかし、連続防衛回数の多い選手については、

そうとは限らなかったりする。

ボクシングというのはコンディショニングの難しい競技で、

そう何度も続けて試合が出来るわけじゃない。

タイトルマッチともなれば多くても年に3回程度。

そう考えると、防衛回数を増やすためには、

相当長い期間、チャンピオンとしての力を持ち続けなきゃならない。

派手な打ち合いなんて、やってる場合じゃない。

しっかり守って極力ダメージを避ける。

ハッキリ言えば、何となく地味なイメージ。

当然「お客様」としては、イマイチすっきりしない。

ファイトマネーもそこまで跳ね上がらない。

けれども。

連続防衛記録というのは、紛れもなく名ボクサーの証明。

1試合毎の「お客様満足度」は多少低くても、

選手の存在自体に大きな価値がある。

そういうやり方も、ある。

これって別に、ボクシングに限ったことではないよね。

 

だいたい、「お客様は神様です」ってことは、

「お金持ちは神様です」って言ってるみたいなものじゃない?

あなたがお金持ちならそれもいいかもしれないけど、

私を含めた多くの人はおそらく、そうでもないよね。

にもかかわらずすぐにお店に文句を言ったりするのは、

自分から不利な世界に飛び込んでるように感じる。

一刻も早くこのお客様病を治したい。

多分その方が、毎日をもっと楽しく思えるだろうから。

 

エンジェルさん

 

道場の先輩(40)の話。

 

俺、つい最近、メッチャ不思議な体験をした。

エレベーターに乗っている時、

突然、20代の女の子から声を掛けられた。

全く見ず知らずというわけじゃないけど、

ほら、あるだろ?

通勤電車の中で、何となくよく見かけるなぁって。

で、同じ会社の建物に出入りはするけど、

部署も違うし何一つ接点はないっていう、そういう女の子。

どうやら俺が知っているSEと彼女も知り合いで、

「◯◯さんと一緒にいましたよね♪」というのが最初のキッカケ。・

でもよく聞いてみると前から俺に興味があったらしく、

半年程声を掛けるチャンスをうかがっていたそう。

全然仕事とか関係ないのに。

 

[ad#co-1]

 

っていうか俺、何気に完璧にプロファイリングされてて驚いた。

例えば、普段職場ではマスクをしていることが多いんだけど、

なんていうか、ある種の仮面みたいな感じで。

それを通勤途中の乗り換え駅で着けることがバレてたり。

あるいは修練のある木曜日だけ、

カバンが違うということを指摘されたり。

さらには、「普段、気配を消してますよね」なんて、

ドキッとすることを言われたり。

確かに俺、職場では意図的に気配を消してる。

じゃないと抜け出して修練に行けないから。

なのに、「でも結構目立ってますよ」だって。

彼女に狙われてたら、確実に仕留められてた。

ダメじゃん、俺、みたいな(笑)

 

そんなことがあって、また別の機会に話をしたんだけど、

彼女を含めた何人かのSE仲間の間では、

俺は結構な有名人らしい。

気付いたらフラッと現れて、いつの間にかいなくなってる。

そんな感じだから、外からくるお客さんだと思ってたって。

で、仲間内で俺のことを「エンジェルさん」って呼んで、

「今日はエンジェルさんに会えたから、

ラッキーでハッピーなラッピーデー!!」

なんて言い合ってたみたい。

「今日は地下の駐車場でコーヒー飲んでたよ~」とか。

確かに俺、そこでよくサボってた。

バレバレ。

 

一度なんかは、俺の昼食に使う店の一つに張り込みまでしてたそう。

たまたまその時は別の店に行ってたから会わなかったけど。

そうまでして俺と話をしたくて、

エレベーターでやっと話が出来たって喜んでた。

仕事を辞めて独立することを話したら、

SE仲間を集めて壮行会まで開いてくれた。

完全にゴチで。

職場内の壮行会にも行ってないのにね。

知らないところで、ファンが出来てる。

人の縁って不思議だなって、ホントに思ったよ。

 

という話。

「それは不思議な話じゃなくて、怖い話!!」

とツッコミたくなるのは私だけだろうか。

 

仏像、ゴム紐、非モテ系

 

テレビのニュースで見た。

あるお寺の大きな柱に触れると、

ご本尊の大日如来像に触れるのと同じご利益があるらしい。

自分で触る人、孫の手を取って触らせる人。

どう見ても新しいその柱に、

なんでそれだけのご利益があるのかは謎。

言いっこなし。

暗黙の了解。

 

[ad#co-1]

 

同じ番組内の別のニュース。

奈良県内の2つのお寺にある重要文化財の仏像に、

何かの液体が掛けられていた。

同一犯の可能性が高いようだ。

ずっと残っていることからすると、

オ◯ッコではないのだろう。

多分。

お願いだから。

 

この2つのニュースの前提は、仏像の価値。

前者はそれにあやかりたくて触るし、

後者はそれを貶めようとしての行為。

どちらもその価値があるからこそ。

ただ、それに対する反応が、正反対を向いている。

根っこは同じものなのに。

 

私は最近、カラダをゴムに喩えることが多い。

伸びたら縮むし、縮んだら伸びる。

2人でゴム紐を引っ張りあった所をイメージしてみよう。

ものすごい強力なヤツを。

限界まで伸びたゴムは、当然縮もうとしている。

あなたが手を離したらそれは相手の顔をパチンと叩くし、

手を離されたらあなたが痛い目にあう。

どちらが手を離すかで、結果は正反対。

同じ一本のゴムを引っ張り合っているのに。

 

脱力とは、この場合の手を離すこと。

外に力を出すためには、自分の手を離す。

内に引き込むためには、相手側の手を離す。

だけど普通は逆をやる。

だからうまくいかない。

 

モテる人は、好きな相手にほど優しくする。

でも、同じ好きという気持ちを抱えていても、

子供の頃の私は、好きな女の子にほど無愛想だった。

あるいは意地悪だった。

いや、いい歳になってもまだそうだった。

もしかしたら今でも(汗

それで自分はモテナイと思っている。

そんなの当たり前だろう!!

ってツッコミたくなるよね、普通(笑)

 

でも、多くの人のカラダの使い方は、

恋愛に置き換えるとこんな感じ。

健康でいたければ、カラダに優しい使い方をする。

本当に、ただそれだけのことなんだ。

 

ミレニアム、ストレンジデイズ、サイドブレーキ。

 

1999年12月31日、友人と2人、ポートアイランドで花火を見た。

彼が取ったばかりの免許証片手に、

レンタカーを借りての初ドライブ。

車種は忘れたけど、白いスポーツカーだったと思う。

 

[ad#co-1]

 

西明石駅近くのトヨタレンタカーを出て、

夕暮れ時の2号線を東へと向かいながら、

「ストレンジデイズ」という、

丁度その日を舞台にした映画の話をしたような気がする。

もう15年以上前なので詳しくは覚えていない。

ただ、ヘッドマウントディスプレイを着けた男が、

ヴァーチャルなマスターベーションをしていた事だけは間違いない。

性欲おそるべし(笑)

そのこと(ヴァーチャルなそれ)についての希望や夢、

あるいは妄想について結構長く話したはずなのに、

車はまだ須磨のあたり。

初ドライブという点を差し引いても、

さすがに遅すぎる。

「もう少しアクセル踏めない?」

「やってるけどスピード出ない」

見ると確かにガッツリ踏んでいる。

エンジンも唸りを上げている。

が、一向にスピードが上がらない。

そこで彼が気づいた。

「サイドブレーキ引いたままだった」

多分、やったことある人は多いんじゃないかな。

その後は車本来の動きを取り戻し、

軽快なフットワークで目的地へと運んでくれた。

 

こんな昔話で何が言いたいかっていうと、

みんな普段の生活で同じことしてない?ってこと。

(ヴァーチャルなそれではない)

サイドブレーキ引いたまま何年も運転したら、

そりゃ車も壊れちゃう。

車だったらおかしいと分かるのに、

自分の身体だとそれに気づけない。

だから年を取ると、あちこちガタが出る。

首、肩、膝、腰。

そうならないためにも、

まずは身体のサイドブレーキを下ろしましょう。

というのが、脱力するってこと。

壊れる前にやったほうが良いと、私は思う。

 

男2人で花火を観た帰り、

今はなくなったcasaというファミレスで食事をした。

花火はショボくて、ガッカリだった。

それを見る自分はもっとショボくて。

ガールフレンドが欲しかった。

きっと彼もそう思っていただろう(笑)

 

中心感覚、あるいは手の再発見

 

「気持ち悪い」

初めて修練に参加する人に、よく言われる(笑)

先日、初対面の方4人に、

武颯拳をお伝えする機会があった。

そういう時には大体、カラダをグニャグニャと動かすところから始める。

肩甲骨、鎖骨、肋骨、背骨、骨盤。

それらを出来るだけバラバラにするように。

肩や腰をガッチリ掴まれても、

まるで抵抗なく動けるように。

ちなみにこの4人、本当に熱心な人ばかりで、

修練は心から楽しめた。

そしてそんな気持ちの良い人からも、

ちゃんと頂いた「気持ち悪い」のお言葉。

実は彼らだけでなく、私自身も感じている。

ただ、その感じ方は真逆を向いていると思う。

「こんなにグニャって気持ち悪い」

のか、

「この程度しか動かなくて気持ち悪い」

のか。

どっちにしても、「気持ち悪い」ことには変わりがないか。

 

[ad#co-1]

 

この、グニャグニャ動く目的の一つは、

「中心感覚」を身につけることにある。

手足という末端を直接的に動かさない。

腰やお腹、股関節といった、

身体の中心を柔らかく動かすことで、

結果として手足が動く。

文字にすると簡単に思えるかも知れないが、

ハッキリ言って思い通りにはならない。

例えば手が動くように腰を動かそうとしてみる。

途端、自分の手が何処にあるのか分からなくなる。

いきなり手を動かすというやり方においては、

身体に麻痺のある人以外はみんな、

自分の手がどこにあるかを知っている。

けれども少しだけ動かす順序を変えただけなのに、

手の存在を見失ってしまう。

自分のカラダがブラックボックスだと気付く。

その中を手探りで、いや、手を探すのに手探りは出来ないな、

とにかく自分の手を見つけ出さないといけない。

腰やお腹をグニャグニャと動かしながら、

身体の中心と関連付けた形での手を再発見する。

そんな作業を楽しめるかどうか。

それが上達への分かれ道。

再発見することができた時。

その手はきっと、武装色の覇気を纏っている。

 

私自身はというと。

駅のホームで電車を待ちながら。

コンビニの雑誌を立ち読みしながら。

エレベーターの行き先階表示を見ながら。

気付いたら腰をグニャグニャと動かしている。

確かに、気持ち悪い(笑)

けど、そんな気持ち悪い自分が結構好きだったりする。