向上の形(ロンドンオリンピックを見ておもふこと)

ロンドンオリンピックが開幕して、
興奮で眠れない夜を過ごしている方も多いのではないでしょうか。

個人的には男女サッカーの活躍に、
メダルへの期待が高まっております。

ただ、普段の実力を出せずに競技を終えている選手も、
中にはいると思います。

そんな姿を見て、
そして自分の修練をかえりみても感じることがあります。

仕事、勉強、スポーツ、人間関係などのジャンルを問わず、
「向上」とか「上達」はある一定の形を取ります。

それは、こんな形です。

~脱力の極意を求めて~ 練気武颯拳&東洋医学でFreeな心と身体♪-向上の形

何の事だかよくわかりませんよねw

でも、意味はものすごく単純です。

努力とか練習とかを続けていると、
ある時ふと何か新しいものに気付きます。

その気づきによって一時はパフォーマンスが上がるのですが、
そのあと必ず、以前よりもパフォーマンスが落ちるのです。

このギャップは大きく、
何度経験しても気分の良いものではありません。

ですが、この「上がって落ちる」という経験の後、
新しい気付きは自分のものとして定着し、
以前よりも高いパフォーマンスを維持できるようになるのです。

もちろんこれは、
何かに継続的に取り組んでいる人の誰もが感じていることだと思います。

ですので、たとえばスポーツの選手であれば、
試合の時の自分がこの図形のどこにいるのかということは、
おそらく頭では理解していることでしょう。

ただ、周りの人や観客には、
それがなかなか理解できません。

今までの実績からこれくらいの成績は当然だ、
という気持ちで見られてしまいます。

それで、もしかすると選手の中には、

「自分はベストを尽くせなかった」

と思ってしまう人がいるかもしれません。

でも、実際はそうではないのです。

オリンピックに出るような選手は皆さん、
毎日毎日途方も無い量の練習を重ねていることでしょう。

そうやって練習を積み重ねているということは、
このグラフのようなパフォーマンスの変動が、
より頻繁に起こりうるということなのです。

もちろんその変動をある程度コントロールできるからこそ、
オリンピックに出られるほどの選手なのでしょうが、
だからといってそれが0になるわけではないのです。

そしてそれは最初に述べたように、
スポーツの世界に限ったことではないのです。

何かに一生懸命取り組んで、
もう少しで上手くいきそうなところで失敗をする。

あるいは外からの横やりが入って、
ブレーキをかけられてしまう。

こういったことは、
皆さん日常的に感じておられることでしょう。

でもそれは、
努力が足りないのでも停滞しているのでもなく、
前に進んでいる証拠なのです。

だから大切なことは、
そこで気を落とさずに努力を続けること。

それさえできれば、
必ず道は開けてきます。

私自身、
そう言い聞かせて修練を続けておりますw

だからレベルは全然違いますが、
オリンピックで思うような結果が出せなかった選手にも、

「おつかれさまでした、また頑張りましょう」

と声を掛けてあげたいのです。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

「昨日の自分と今日の自分は全く違う」

先日、修練に参加してくれた方と話をしていて、
あらためて気づいたことがあります。

それは、武颯塾の修練は、

「日常生活を変える」

ということ。

武颯塾の修練は、

「立つ」「座る」「寝る」

といった姿勢のチェックや、

「歩く」「押す」「引く」

などの基本動作を大切にしています。

「武術」という言葉から一般的にイメージされる内容とは、
ずいぶん趣がことなるのです。

こういった修練内容なので、
武颯塾の修練によって最も変わるものが何かと考えると、

「日常生活」

だといえます。

もちろん姿勢と基本動作が脱力してしっかりと出来ることは、
武術の技にも確実に反映されます。

ただ、プロの格闘家などを除いては、
武術の技そのものを活かす機会はそうはありません。

むしろこの、

「日常生活を変える」

ことこそが、
武颯拳の最大のメリットだと思うのです。

私自身の実感としては、
ただ歩くという行為ひとつをとっても、
1か月前とは明らかに違うことをしています。

そして1か月後にはまた、
違った感覚で歩いているだろうことがハッキリとわかるのです。

こうやって常に自分自身の変化を感じ続けられることが、
武颯拳を修練していて本当に面白いと思える部分なのです。

ところが修練を始めたばかりの頃は、
この変化を感じ取れません。

修練に参加してその場で技がかかったとしても、
脱力による動きは今の感覚での「実感」が伴わないため、

「出来た」
「これで良いんだ」

といった感じがしないのです。

これは修練を続けていけば、
必ず今とは違う「感覚」を感じられるようになります。

今の感覚で得られる「実感」とは違った形での、
「充実感」を得ることができるのです。

「脱力」を修練することで、
余計な筋収縮からの脳神経系へのノイズが減ります。

その結果として「感覚」できるものの種類や範囲が広がり、
自分の中の動きの変化も敏感に感じ取れるようになるのです。

そうなれば、同じような毎日の繰り返しに思える日常生活も、
より新鮮なものとして受け止められます。

「昨日の自分と今日の自分は全く違う」

とまでは全然至りませんが、
武颯拳の修練はそうなる可能性を感じさせてくれます。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

おめでとうございます!!

先日、とても嬉しいメールを頂きました。

以前に武颯塾神戸修練会の無料体験に来られた方から、

「空手の全国大会(型の部)で入賞した」

とのご連絡があったのです♪

一度お会いして力を抜くための簡単な体操を紹介しただけなのですが、
それでもこうしてご連絡を頂けると本当にありがたいです。

日頃の練習の成果を発揮しての入賞、
本当におめでとうございます。

ますます精進されますことを、
期待申し上げます。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

姿勢の改善(その3)

ここ2回の記事において、
姿勢改善の重要性について書いてきました。

今回は、姿勢改善の方法について書きたいと思います。

姿勢の改善方法には様々なものがありますが、
最初にお伝えしたいのは、

「習慣を変えるためにはエネルギーが必要」

だということです。

どんなに「簡単」とか「楽にできる」と言われる方法だとしても、
姿勢改善においては「続ける」ことが必要です。

そして、今の状態を変えるということに対しては、
必ず何らかの形で「反発」があります。

その「反発」を乗り越えてでも現状を変えるという気持ちが無い限り、
姿勢が良くなることはありません。

以上の前提を踏まえて、
姿勢改善に効果が見込まれる「簡単」な体操を紹介します。

方法は以下の通りです。

1.足幅を肩幅に開いて真っ直ぐに立つ

2.体の横にぶらりと下げた手を、垂直に上に挙げる

たったこれだけ、本当に簡単ですよね(笑)

注意点は、

・立っている時のつま先は正面を向いていること

・手が前後に動かないこと

・肩を上げないこと

・上体を反らないこと

です。

手を前後に動かさず垂直に持ち上げるためには、
肘が前後左右に滑ることが必要です。

さらに肩を上げないようにすると、
肩甲骨が大きく動きます。

そして最も大切なことは、
その時地面から足裏を通って、
垂直に力が上がってくるのをよく感じることです。

この足裏から垂直に上がる力で身体を支えるから、
楽に真っ直ぐ立つことができるのです。

ちなみにこの体操は、
武颯塾で行っている修練の形を変えたものです。

修練としては、

「脱力した腕を抗力を使って持ち上げること」

が主な目的なのですが、
これは一人で行っても効果があると思い、
紹介することにしました。

とはいえ最初に書いた通り、
どんなに簡単な体操でも続けなければ効果はありません。

一人では続けるのが難しいという方は、
ぜひ、武颯塾の修練に参加してみてください。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

修練への参加も難しいという方のために、
次回は私が使用している姿勢改善に役立つアイテムを紹介します。

(あくまで私が個人的に使用しているもので、
武颯塾とは全く関係がありません。)

(以下、次回へ右矢印

姿勢の改善(その2)

前回に引き続いて、
「姿勢」について書いていきます。

健康についてのテレビや雑誌で取り上げられることの多い「姿勢改善」ですが、
そのことによって得られるメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

一般的に言われているのは、

・肩こりや腰痛の軽減
・内臓の負担軽減

という健康面での効果や、

・背が高くスマートに見える

という外見上の効果ですよね。

もちろんそれらもありますし、
とても大切なことだと思います。

ですが、
「姿勢改善」による効果はそれだけではありません。

身体機能面から言えば、

「力の伝達がスムーズになり、より少ない労力でより大きな力を発揮できる」

ということが言えます。

このブログでは何度か書きましたが、
地上での運動における力は「重力」と「抗力」が大部分を占めています。

姿勢が良くなるということは、
自分の筋力で余計に支える必要が無く、
地面からの力を目標に伝えやすくなるということなのです。

また、これはあまり言われることが無いのですが、
心理的な側面も忘れてはいけません。

簡単な実験をしてもらえるとわかるのですが、
真っ直ぐな姿勢と猫背の状態で比較すると、
明らかに猫背の方が「恐怖心」を感じやすい。

姿勢が悪い状態は、
身体だけでなく心までもが動揺しやすい状態なのです。

ですから、「姿勢」を整えるということは、
ただ単に肩こりや腰痛の予防・改善といった効果だけでなく、
もっと積極的に自分自身のパフォーマンスを上げることにつながるのです。

(以下、次回へ右矢印

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

姿勢の改善

武颯拳の修練や鍼灸治療だけでなく、
普段日常的に感じることがあります。

それは、

「姿勢が悪い人が多い」

ということ。

そして、
健康関連のメディアで取り上げられる機会が多いにもかかわらず、
姿勢の改善に取り組んでいる人が少ないということ。

これは、
本当に残念なことなのです。

私自身、
以前はとてもひどい猫背でした。

13年前に武颯塾に入門して、
最初に注意を受けたのが姿勢についてだったと記憶しています。

それから1年ほど姿勢に気を付けながら生活することで、
少なくとも外見上の猫背は直りました。

当時はただ、
指導を受けたから矯正しただけでしたが、
今ではより姿勢の重要性を感じています。

極端な話、見る人によっては立っている姿勢を見ただけでも、
その人の身体感覚がどの程度開発されたものであるか、
概ねの検討はつくものなのです。

ですから、
猫背の入門当時よりもなお一層、
現在の方が姿勢に対して注意を向けています。

今よりも良い姿勢が取れるようになったということは、
それだけ武術の修練が進んだということとイコールだと分かるからです。

では、姿勢を改善することによって、
一体何が得られるのでしょうか。

(以下、次回へ右矢印

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

続々・他人に対する無意識の要求を手放す

「何かを期待して、それが達成されない」

という状況に対して人はストレスを感じやすい、
と前回の記事で書きました。

そして人間関係のストレスの多くは、
これが原因だと考えています。

つまり、

「他人に対して何かを期待、あるいは要求している」

ことが対人関係のストレスを生んでいるのです。

しかもこの他人に対する要求を、
「無意識」に行っている場合の方がストレスは大きいのです。

なぜなら、実際に人に何かを要求してしまえば、
その行為自体がガス抜きになります。

さらに要求が通らなかったとしても、
別の形で再度要求を出すこともできます。

前回の例で言えば、
会社の同僚が電話に出てくれない状況で我慢しているよりは、

「あなたも電話に出て欲しい」

と言った方がストレスは少ない。

前から歩いてくる人が邪魔だったら、

「道をあけてください」

と言えばいいのです。

しかし、他人に対する要求を自分自身が正しく認識できていないと、
それを形にすることができません。

まずは「他人に対する無意識の要求」に気づきそれを形にすることが、
人間関係を良くするための第一歩なのです。

もちろんそれだけで円滑なコミュニケーションが取れるかというと、
そうではありません。

自分の要求を形にするだけでは、

「わがままな人」

と思われてしまうでしょう。

自分の中の無意識の要求に気づいて形にすることは大切ですが、
それは結局、自分のストレスを他人に転嫁しているだけですから。

そこで次の、

「自分の中の他人に対する要求に気づいて形にする」

と同時に、

「その要求が通るかどうかは気にしない」

というステップが必要になるのです。

相手に対して自分の要求を出すことはした方が良いけれども、
どうしてもその要求を通そうなんて思ってはいけない。

自分が異性に告白されたところを想像してください。
たいした付き合いもない状況で、

「どうしてもあなたじゃないとダメなんです」

なんて言われたら気持ち悪いですよね。

こんなのは相手を好きなのではなくて、
自分の感情に執着しているだけなのです。

要は、自分の要求に執着するなってこと。

これは口で言うほど簡単ではありませんが、
本当に重要なポイントだと思います。

わがままで周りを振り回す人、
引っ込み思案で言いたいことを言えない人、

どちらも自分の要求に執着しているという意味では同じなのです。

結局のところ、
他人に対する無意識の要求に執着している限り、
人間関係のストレスが無くなることはないのです。

そこで、

「他人に対する無意識の要求を手放す」

というわけです。

長くなりましたがやっと本題にたどり着けました(笑)

これができると本当に、
生きることが楽で楽しいものになると思います。

なぜなら人間関係におけるストレスが激減するだけでなく、
自分自身に対する不必要な要求や制約からも自由になるからです。

他人に対する無意識の要求は、
自分に対する要求でもあります。

他人に対して「遅刻してはいけない」と言っている人は、
自分に対しても「遅刻してはいけない」と言っているのです。

ですから、

「他人に対する無意識の要求」

を手放すことは、

「自分自身に自由を与える」

ことになるのです。

長々と書き連ねてきましたが、
まずは私自身が少しでも実践できるよう、
修練に励みたいと思っております。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

続・他人に対する無意識の要求を手放す

昨日の記事で書いた、

あなたの進行方向にある電信柱と、
あなたの進行方向から歩いてくる人を、
おなじように避けることができますか?

という質問について、
自分の心に正直になって考えてもらえましたでしょうか。

おそらく多くの人にとって、
電信柱と人を同じように避けることは出来ないと思います。

もちろん物理的には、
ただ避ければいいだけです。

止まっている電信柱と動いている人という違いはあっても、
避けきれないほどのスピードで歩いている人はいないと思いますから(笑)

それでも、
心理的な側面から見ると大きな違いを感じるはずです。

その大きな違いとは一体どのようなものでしょうか。

それは、

「電信柱が道を避けることを期待はしないが、
歩いてくる人に対しては避けることを期待している」

というものだと考えます。

ほとんどの人は電信柱に向かって

「邪魔だから道をあけろ!」

とは思わないですよね。

そんなこと思っても、
出来るわけありませんから。
(たまーに電信柱に怒っている人もいますが…)

ところが歩いてくる人が相手だと、

「あなたが道を譲ってよ」

と思ってしまうのです。

なぜなら自分が道を譲ることもできますが、
相手も同じようにできると無意識のうちに思うからです。

これは何も、
道を歩いている時に限ったことではありません。

オフィスで電話が鳴った時。

もちろんあなたも電話に出ることができますが、
隣の同僚がでても構わないはず。

なんだったら、
明らかに暇そうな部長が出てくれてもいいじゃない。

なんて思うこと、
ありませんか?

毎日をこんな感じで過ごしていたら、
それはストレスも溜まりますよね。

そのストレスはなぜ生まれるのかというと、

「他人に対して何かを期待、あるいは要求しているから」

ではないでしょうか。

オフィスであなたの隣にいるのが観葉植物だったなら、
何も考えることなく電話に出るはずです。

観葉植物に要求することは電話に出ることではなく、
居心地のいい空間を提供してくれることですから。

「何かを期待して、それが達成されない」

という状況に対してこそ、
人はストレスを感じやすいのです。

(以下、次回へ右矢印

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

他人に対する無意識の要求を手放す

昨日の記事で、

「自分以外の人を変えることは出来ない」

ということを書きました。

いかに正しい理屈をもって伝えても、
あるいは感情を思い切りぶつけたとしても、
人を変えることなんてできない。

逆に、自分の言いたいことを言わず、
当たり障りのない八方美人を演じても、
自分を「良い人」だと思ってもらえる保証なんてない。

積極的にも消極的にも、
人を思い通りにコントロールすることは出来ない。

というのが、
昨日の記事で言いたかったことです。

今日はそれについて、
もう少し掘り下げて考えてみます。

上に書いたことをもう一度読んでみてください。

理屈を伝えても感情をぶつけてもダメ、
黙っていても良い人を演じてもダメ。

では、いったいどうすればいいのか?

人に何かを伝えたいとき、
何かを教えたいとき、
何かを頼みたいとき、
いや、もっと単純に人と向き合うということを考えたとき。

いったいどうすればいいのでしょう。

私自身これが正解だというものを掴んだわけではないので、
ここからは仮説として読んでください。

私は人間関係における問題の本質は、

「他人に対する無意識の要求」

にあると思っています。

例えば、
あなたが道を歩いていたとしましょう。

進行方向に電信柱が見えてきたら、
どうしますか?

もちろん避けますよね。

では、進んでいる方向から、
人が歩いてきたらどうでしょう。

ほとんどの人は避けるだろうと思いますが、
この時、電信柱を避けるのと同じように避けますか?

自分の心に正直になって考えてみてください。

(以下、次回へ右矢印

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

自分以外の人を変えることは出来ない

最近、武颯拳の修練をしている時だけでなく、
プライベートでも感じることが多いことがあります。

それは、

「自分以外の人を変えることは出来ない」

ということです。

別の言い方をすれば、

「人を操作しよう」
「人をコントロールしよう」

ということがそもそも困難であるということ。

例えば後輩の指導を行うとき、

「ここを直してやろう」
「ここを変えてやろう」

と思って様々な角度からアプローチをします。

もちろん言ってすぐできることもありますが、
実際にはできないことの方が多いのです。

私としては、

「言うとおりにやればできるのに、何でやらないのだろう?」

と疑問に思うこともありました。

しかし先週木曜日の修練後に茂呂師範より、

「人それぞれ持っている感覚が違う」
「自分が脱力したいと思ってもなかなかできないのに、
他人にそれをさせるのが簡単であるわけがない」

というお言葉を頂きました。

それからずっと考えてたどり着いた現時点での結論が、

「自分以外の人を変えることは出来ない」

というものなのです。

これは、人に何かを教えたり強制的したりするような、
積極的なものだけではありません。

自分が黙っていたり当たり障りのないことだけを言うことで、
他人からの批評や批判を防ぐという消極的なものも含みます。

どちらのアプローチをとるにしても結局のところ、
他人をコントロールすることなどできないのです。

このことを理解するとその途端に、
普段の自分がいかに他人をコントロールしようとしているかに気づきます。

もちろんそんなことは出来ないので、
勝手にフラストレーションがたまって疲れていきます。

そしてそれを無意識のうちに行っているということ、
それに気づいていないということが一番の問題なのです。

だから、まずは気付くこと。

そして、意識してやめる。

すると、心も身体も本当に軽くなります。

武颯拳の脱力修練はただ技を掛けることが目的ではなく、
自分自身に気づくことが大切なのだと、
あらためて実感しています。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~