不利な状況を受け入れる訓練

不利な状況を受け入れる訓練 

今回のトレーニングも寝技系。

マウントを取られたところからのスタート。

思い返せば少年時代。

友人とケンカになって馬乗りになられると、

すぐに降参していた。

下になった時点で、

もうどうしようもない気持ちになって、

頑張ることを諦めていたんだ。

 

 

別に子供の頃のケンカに限った話ではない。

多分私は、

「不利な状況」そのものを、

受け入れたくないのだ。

有利な状況では調子のいいことを言っても、

不利になった途端に投げ出してしまう。

そんな私にとって武術の修練は、

とてもいいリハビリになっている。

 

 

相手に馬乗りになられるというのは、

間違いなく不利な状況ではある。

慣れていないと、

相当な圧迫感を感じると思う。

とは言え、何もできないわけじゃない。

不利な状況を把握し受け入れ、

正しくトレーニングすれば、

動画のように相手を制することも充分に可能だ。

ちなみにこの動画におけるポイントは、

相手は掴んでいる手首しか抑えられないことだ。

手も肘も肩も胸も抑えられてはいない。

その状況を理解して受け入れれば、

実は全然抑えられていない。

それがカラダの感覚として分かれば、

下から相手をコントロールすることもできる。

 

もちろん普通に生活していたら、

馬乗りで殴られることはそうそう無い。

ただ、こんな圧倒的不利に思える状況でも、

諦めずに戦えるという経験は、

きっと他の場面でも役立つんじゃないか。

私は武術にそんなことを期待している。

 

 

P.S.

もっと多くの方に来て頂いて,
より幅広く学べる環境。

さまざまな取り組みをされている人たちが、
「脱力」というキーワードで交流できる場所。

武颯塾大阪支部と神戸修練会を、
そんな場所にしていきたいと思っています。

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

修練参加でも、質問でも何でも結構です。

ピンとくるものがあれば、
遠慮なくメールをください。

musou-tensei@eurus.dti.ne.jp
楽しみにしております!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

太極拳において目指す身体の在り方が映像で見られます。

「太極拳・基本練功 第1巻 発勁体得 [DVD]」



「太極拳・基本練功 第2巻 内功推手 [DVD]」



「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

明石~神戸で鍼灸・整体の施術をご希望の方はこちら

大谷鍼灸整体

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です