不利な状況を受け入れる訓練

不利な状況を受け入れる訓練 

今回のトレーニングも寝技系。

マウントを取られたところからのスタート。

思い返せば少年時代。

友人とケンカになって馬乗りになられると、

すぐに降参していた。

下になった時点で、

もうどうしようもない気持ちになって、

頑張ることを諦めていたんだ。

 

 

別に子供の頃のケンカに限った話ではない。

多分私は、

「不利な状況」そのものを、

受け入れたくないのだ。

有利な状況では調子のいいことを言っても、

不利になった途端に投げ出してしまう。

そんな私にとって武術の修練は、

とてもいいリハビリになっている。

 

 

相手に馬乗りになられるというのは、

間違いなく不利な状況ではある。

慣れていないと、

相当な圧迫感を感じると思う。

とは言え、何もできないわけじゃない。

不利な状況を把握し受け入れ、

正しくトレーニングすれば、

動画のように相手を制することも充分に可能だ。

ちなみにこの動画におけるポイントは、

相手は掴んでいる手首しか抑えられないことだ。

手も肘も肩も胸も抑えられてはいない。

その状況を理解して受け入れれば、

実は全然抑えられていない。

それがカラダの感覚として分かれば、

下から相手をコントロールすることもできる。

 

もちろん普通に生活していたら、

馬乗りで殴られることはそうそう無い。

ただ、こんな圧倒的不利に思える状況でも、

諦めずに戦えるという経験は、

きっと他の場面でも役立つんじゃないか。

私は武術にそんなことを期待している。

 

 

P.S.

RESETSTYLEでは、
脱力を基本とする武術的身体トレーニングを行っています。

一般的な武道においてイメージされるような、
先輩後輩の上下関係は一切ありません。

ただただ合気や発勁を使えるようになるための、
身体コントロール技術を楽しく学ぶための場所です。

当然、直接殴ったり蹴ったりすることもなければ、
怖いと感じた動きを強制もしません。

ご自分の出来る範囲で、
無理なくトレーニングに参加することが出来ます。

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)へはコチラから

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

dreamasabutterfly@gmail.com

ご連絡、お待ちしております!!

参考書籍はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です