脱力トレーニング 腕立て伏せの考察

脱力トレーニング 腕立て伏せの考察 

最近、筋トレの本を1冊買った。

もちろん、脱力トレーニングのために。

普通は筋力をつけるためにやる運動を、

今の自分はどれだけ力を抜いて出来るか。

そんなところに興味があったのだけれど、

意外な発見もあった。

 

 

本に書かれていたトレーニングは、

大きく分けて6種類。

1.プッシュアップ(腕立て伏せ)

2.スクワット

3.レッグレイズ(脚上げ腹筋)

4.プルアップ(懸垂)

5.リバースプッシュアップ(逆立ち腕立て)

6.ブリッジ

で、今回の話題は腕立て伏せ。

 

 

多くの人は腕立て伏せを、

押す力を鍛える運動だと思ってるんじゃないかな。

より重たいものを動かせるようになったり、

あるいはパンチ力が上がるとか。

もちろん手首・肘・肩の腱や靭帯が鍛えられるので、

衝撃に対する耐久力はアップする。

なのでトレーニングの効果が無いとは言わない。

けれども腕立て伏せを力学的に見れば、

物を押したりパンチを打つのとは、

最も重要な部分で逆の動きをしていることが分かる。

 

腕立て伏せとは腕の力を使って、

床から自分の重心を遠ざける運動だ。

それに対して、

重い物を押したり強いパンチを打つコツは、

自分の重心を対象に近づけていくこと。

つまり、

対象と自分の重心の関係性が、

正反対の運動になっているわけ。

これを正しく理解してトレーニングしないと、

せっかく鍛えたのに弱くなった、

なんてことも起こりうる。

気をつけないとね。

 

 

P.S.

もっと多くの方に来て頂いて,
より幅広く学べる環境。

さまざまな取り組みをされている人たちが、
「脱力」というキーワードで交流できる場所。

武颯塾大阪支部と神戸修練会を、
そんな場所にしていきたいと思っています。

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

修練参加でも、質問でも何でも結構です。

ピンとくるものがあれば、
遠慮なくメールをください。

musou-tensei@eurus.dti.ne.jp
楽しみにしております!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

太極拳において目指す身体の在り方が映像で見られます。

「太極拳・基本練功 第1巻 発勁体得 [DVD]」



「太極拳・基本練功 第2巻 内功推手 [DVD]」



「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

明石~神戸で鍼灸・整体の施術をご希望の方はこちら

大谷鍼灸整体

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です