脱力トレーニング 半座位 手 前方

脱力トレーニング 半座位 手 前方 

 

脱力トレーニングにおいては、

筋力ではなく重力を力の発生源として使う。

その第一歩として学ぶことは、

狙った場所に効果的に体重を乗せる技術。

今回は座位で、正面へ出した手に体重を乗せた。

モデルの修練生が按摩指圧マッサージ師の卵なので、

ちょうどピッタリな修練方法だ。

 

 

修練のポイントは、

股関節の脱力で膝に体重をストンと落とすこと。

この体重が落下する力を、

お腹の脱力で手が前に放り出される方向に転換する。

手をどの方向に放り出すかは、

お腹の脱力の仕方でコントロールする。

 

注意して見て欲しいのは腕の形。

普通のやり方で腕に体重を乗せようとすると、

たいていは肘を伸ばして腕を突っ張る。

腕をつっかえ棒のように使おうとする。

対して脱力トレーニングでは、

腕はゴムホースのように扱う。

だから動画でも肘は楽に曲がっている。

この楽に力が抜けた腕だからこそ、

効果的に体重を乗せることができる。

 

整体やマッサージをするならぜひ、

この腕の使い方を覚えて欲しい。

相手が気持ちいいだけでなく、

自分も楽に無理なく仕事ができるから。

 

P.S.

RESETSTYLEでは、
脱力を基本とする武術的身体トレーニングを行っています。

一般的な武道においてイメージされるような、
先輩後輩の上下関係は一切ありません。

ただただ合気や発勁を使えるようになるための、
身体コントロール技術を楽しく学ぶための場所です。

当然、直接殴ったり蹴ったりすることもなければ、
怖いと感じた動きを強制もしません。

ご自分の出来る範囲で、
無理なくトレーニングに参加することが出来ます。

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)へはコチラから

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

dreamasabutterfly@gmail.com

ご連絡、お待ちしております!!

参考書籍はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です