脱力流体トレーニング 座位

脱力流体トレーニング 座位 

 

ヒトのカラダは6割以上が水分。

だから脱力して、カラダを流体として使う。

 

 

練習のポイントは、

相手との接触面を押そうとしないこと。

流体としての力が、

接触面を通り抜ける感触をよく感じたい。

筋力で押すと、押せたとしても、

2人並んでいる前の人から動き出す。

ちゃんと力を通すと、後ろの人から動き出す。

前後どちらから動き出すかが、

正しく脱力トレーニングになってるかどうかの目安。

動画のように座位で腹から始めると、

緩めやすくて分かりやすい。

 

P.S.

もっと多くの方に来て頂いて,
より幅広く学べる環境。

さまざまな取り組みをされている人たちが、
「脱力」というキーワードで交流できる場所。

武颯塾大阪支部と神戸修練会を、
そんな場所にしていきたいと思っています。

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

修練参加でも、質問でも何でも結構です。

ピンとくるものがあれば、
遠慮なくメールをください。

musou-tensei@eurus.dti.ne.jp
楽しみにしております!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

太極拳において目指す身体の在り方が映像で見られます。

「太極拳・基本練功 第1巻 発勁体得 [DVD]」



「太極拳・基本練功 第2巻 内功推手 [DVD]」



「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

明石~神戸で鍼灸・整体の施術をご希望の方はこちら

大谷鍼灸整体

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です