仮説:パーキンソン病と脱力

仮説:パーキンソン病と脱力 

こんにちは、ワタルです。

久しぶりのブログ更新となる今回は、

「パーキンソン病と脱力」

というテーマについて書こうと思います。

パーキンソン病の患者さんは、
平成20年時点で約13万9000人いると言われています。

これは難病指定されている疾患の中で、
潰瘍性大腸炎に次いで多い数字だとのこと。

そして現在、私も同病の患者さんを一人、
治療させてもらっています。

治療を始めたのは3カ月ほど前で、
治療頻度は2~3週間に1回のペース。

治療の効果に対する印象としては、
良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、
全体として症状は改善に向かっているというところです。

鍼灸学校の学生時代に、
同病の患者さんを診せて頂く機会はありました。

けれども実際に仕事として治療にあたるのは、
今回が初めてです。

ですからまずは、
パーキンソン病についての勉強からやり直しました。

何冊かの本を読んだのですが、
病気そのものについて一番わかりやすかったのはこの本。

病気の原因や症状だけではなく、
脳のはたらきについての説明にも大きくページを割いているので、
パーキンソン病がどういう仕組みの病気なのかが分かりやすいです。

これらの本によると、
パーキンソン病とは、

「中脳黒質の変性によるドーパミン不足を原因とする、

随意運動に対する過剰な抑制である」

と言えます。

言葉だけでは分かりづらいと思いますので、
簡単な図を載せます。
(クリックすると拡大されます)

こちらが一般の運動における、
主動筋と拮抗筋のはたらきです。

拮抗筋のはたらき

 

対してこちらはパーキンソン病における、
主動筋と拮抗筋のはたらきです。

 

拮抗筋のはたらき(パーキンソン

一般の運動とパーキンソン病の運動における違いは、

「拮抗筋による抑制の強度の違い」

だと言えます。

もう少し詳しく書くと、
パーキンソン病による「運動の抑制」は、
「大脳からの運動の指示」を抑制するのではなく、
「関節の運動そのもの」を抑制しているのです。

これは、

「固縮(筋強剛)」

というパーキンソン病の4大症状の一つが、
端的にあらわしています。

なぜなら「大脳からの運動の指示」そのものを抑制しているのであれば、
筋肉は「収縮」ではなく「弛緩」するはずだからです。

けれどもパーキンソン病の症状は、
筋肉が収縮して動きづらくなるもの。

ということは、「大脳からの運動の指示」は出ているけれども、
その「指示」の内容に「違い」があると考えられます。

そしてその「指示」「違い」とは、

「拮抗筋への収縮指示の大きさ」

だと言えます。

一般的な運動においても、
上の図のように拮抗筋は収縮します。

けれどもそれは、
急な動きが身体に対して与える負担を軽くするためのもの。

実際の運動を止めてしまうほどのものではありません。

しかしパーキンソン病の場合は、
拮抗筋への収縮の指示が必要以上に大きくなります。

それが、自分の意図した運動を止めてしまうほどにまで。

さらにこの「拮抗筋への収縮指示」は、
自分が意図した場合以外にも出される場合があります。

それは、筋肉の機能として存在する(とされている)、
「予備緊張」に伴うものです。

この「予備緊張」は、
普段から意図しない状態でも行われている筋肉の緊張です。

そして筋肉の緊張とは、
自覚の有無にかかわらず脳や神経からの指示を必要とします。

つまり無自覚の状態で出している筋肉への指示に付随して、
拮抗筋への収縮指示も出てしまう。

これがパーキンソン病のもう一つの4大症状である、

「安静時振戦」

の正体だと私は考えています。

つまり、

「固縮」「安静時振戦」

とは別の症状ではなく、

「拮抗筋への過剰な収縮指示」

という同じ症状の別の側面だと考えられるのです。

そしてこの症状を生み出しているのが「ドーパミン不足」であり、
一般的な治療はドーパミンを薬剤によって補う方法を取ります。

もちろんこれは即座に効果を発揮します。

足りないドーパミンが補われると、
拮抗筋への過剰な収縮指示は軽減されます。

けれども補われたドーパミンが無くなれば、
また同じ症状がでます。

それに長期間の投薬には、
「ウェアリングオフ」という薬が効かなくなる現象もあらわれます。

そこで、なのです。

前置きが長くなりましたが、
「パーキンソン病」のリハビリとして「脱力」が有効であるという、
私の仮説を聞いていただきたいのです。

長い長い前置きで私が言いたかったことは、

「パーキンソン病の主な症状は、

拮抗筋への過剰な収縮指示によって起きる。

そしてその収縮指示は、

主動筋への収縮指示に伴って出される。」

ということです。

ということは、

「主動筋への収縮指示が減れば、

拮抗筋への収縮指示も減る」

とは考えられませんか?

「主動筋への収縮指示」こそが、
パーキンソン病の症状があらわれる「トリガー」なのです。

そして「脱力」とは、
その「トリガー」を引かなくなるということ。

なぜなら「脱力」とは、
筋肉の収縮を減らしていくことだから。

拮抗筋のはたらき(脱力)

そしてさらに「脱力」が進んでいけば、
「運動」のメカニズムが変化していきます。

一般的な運動においては、
「筋肉への収縮指示」が運動のスタートです。

けれども「脱力」においては、
「筋肉を緩める指示」が運動のスタートなのです。

この「運動メカニズムの転換」が進むほど、
パーキンソン病の症状は出にくくなる。

つまり、

「脱力はパーキンソン病のリハビリに最適である」

ということが、
ここで私が言いたかったことです。

もちろん勉強不足であることは自覚しておりますので、
皆様の感想、ご意見をお待ちしております。

P.S.

もっと多くの方に来て頂いて、
より幅広く学べる環境。

さまざまな取り組みをされている人たちが、
「脱力」というキーワードで交流できる場所。

武颯塾大阪支部と神戸修練会を、
そんな場所にしていきたいと思っています。

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

修練参加でも、質問でも何でも結構です。

ピンとくるものがあれば、
遠慮なくメールをください。

musou-tensei@eurus.dti.ne.jp

楽しみにしております!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

太極拳において目指す身体の在り方が映像で見られます。

「太極拳・基本練功 第1巻 発勁体得 [DVD]」

「太極拳・基本練功 第2巻 内功推手 [DVD]」

「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

明石~神戸で鍼灸・整体の往診をご希望の方はこちら
musou-tensei@eurus.dti.ne.jp

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

P.S.

もっと多くの方に来て頂いて,
より幅広く学べる環境。

さまざまな取り組みをされている人たちが、
「脱力」というキーワードで交流できる場所。

武颯塾大阪支部と神戸修練会を、
そんな場所にしていきたいと思っています。

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

修練参加でも、質問でも何でも結構です。

ピンとくるものがあれば、
遠慮なくメールをください。

musou-tensei@eurus.dti.ne.jp
楽しみにしております!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

太極拳において目指す身体の在り方が映像で見られます。

「太極拳・基本練功 第1巻 発勁体得 [DVD]」



「太極拳・基本練功 第2巻 内功推手 [DVD]」



「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

明石~神戸で鍼灸・整体の施術をご希望の方はこちら

大谷鍼灸整体

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です