脱力トレーニング 沈墜勁:肩からの垂直落下

脱力トレーニング 沈墜勁:肩からの垂直落下 

脱力トレーニングの目的の一つは、

重力を力として扱えるようになることです。

特に水平から下向きへの力を出したい場合、

自分の身体や使っている道具、

或は力を加えたい対象に働いている重力を扱えるかどうかで、

発揮できる力には大きな差が出ます。

 

 

 

今回の動画のポイントは、

腕を使って相手を真下に崩しているにもかかわらず、

自覚的に使っている部分は、

前に出した腕側の体幹のみだということです。

肩や胸、肋骨、腹、腰、骨盤を上から順に、

滑らかに落としていく。

その動きによって、

体幹にかかる重力が自分の腕から相手の方へと次々に加算されていき、

相手の予想よりも大きな力が加わったことで崩れます。

 

とはいっても、

実際に肩や胸が落ちてしまうわけではありません。

ここが脱力トレーニングの難しい所なのですが、

重要なのは肩や胸が落ちる方向が分かっていること、

落ちようとしている力を感じ続けられることであって、

実際に落ちているかどうかが問題ではないのです。

 

ところがそこを勘違いして、

背中や脇、腹の筋肉を固めることで肩を下げてしまうと、

思っているように相手が崩れてくれません。

そのやり方は確かに普通に腕を押し下げるよりは強くなりますが、

まだまだ相手の予測範囲の力しか出せません。

むしろ筋肉を固めたくなる部分の力を抜くことで、

それぞれのパーツが時間差で落下する際の加速度が加算されて、

相手の予測を超えた力となるのです。

 

 

P.S.

もっと多くの方に来て頂いて,
より幅広く学べる環境。

さまざまな取り組みをされている人たちが、
「脱力」というキーワードで交流できる場所。

武颯塾大阪支部とRESETSTYLEを、
そんな場所にしていきたいと思っています。

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)へはコチラから

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

修練参加でも、質問でも何でも結構です。

ピンとくるものがあれば、
遠慮なくメールをください。

dreamasabutterfly@gmail.com
楽しみにしております!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

太極拳において目指す身体の在り方が映像で見られます。

「太極拳・基本練功 第1巻 発勁体得 [DVD]」



「太極拳・基本練功 第2巻 内功推手 [DVD]」



「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)

明石~神戸で鍼灸・整体の施術をご希望の方はこちら

大谷鍼灸整体

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です