脱力トレーニング 重心移動と夢の話

脱力トレーニング 重心移動と夢の話 

※シモネタ注意

 

 

 

性交中にペニスが根元から、ちぎれた。

気づくと新しいものが生えていた。

でも、ちぎれたそれもなぜか気持ちいい。

なんていう夢を見た。

中学生かw

 

 

今回のテーマは重心移動。

反動をつけないで動くトレーニング。

分かりやすくいうと、

「よっこいしょ」をしないで動く練習。

普段の生活を思い返してみてほしい。

寝ていて起き上がる時、

座っていて立ち上がる時、

声に出さないまでも、

「よっこいしょ」って動き出してない?

 

 

世間的には多分、

掛け声をかけて動き出した方がいいと思われてる。

確かにカラダに対してスイッチを入れる効果が、

多少なりともあるかもしれない。

でももし武術や対人競技をやってるなら、

この習慣は考え直した方がいい。

なぜなら反動が必要な動き方とはつまり、

次の位置や姿勢へ移る必然性がない動き方だから。

 

反動をつけるためにカラダに瞬間的な力を入れて、

壁や地面といった支持面を突き放す。

その勢いで位置や姿勢を変えると、

変化の最中に重心のコントロールを手放してしまう。

重心を支持面が支えることが出来なくなってしまう。

これは対人競技において弱点以外の何物でもない。

力が発生するタイミングと方向が分かりやすいから。

もちろん実際にはフェイントを入れて補完するけど、

それが弱点であることに変わりはない。

 

対して反動を使わない動きは、

重心移動がカラダの位置や姿勢を変化させる。

それはつまり、

刻々と変わる位置や姿勢において、

最適な重心位置であり続けるということ。

動画では座った状態から膝立ちへと移行している。

股関節の脱力で重心を前方へリードし、

その結果としてカラダが勝手に膝立ちになる。

反動で立ち上がるのと違い、

あぐらから膝立ちの間のどの局面でも、

楽に静止することができる。

常に自分を支える地面からの抗力が使えると同時に、

いつでも方向転換できる。

これは対人競技において大きなアドバンテージだ。

 

ただ残念ながら私達は、

反動を使った動きに慣れ親しみすぎている。

そっちの方が実感があって心地よいのだ。

だから意識しないとつい、

「よっこいしょ」とやってしまう。

でも、上達したければそれは捨てた方がいい。

ちぎれたペニスがいくら気持ち良くても、

新しく生えたものを使うべきだ。

 

P.S.

RESETSTYLEでは、
脱力を基本とする武術的身体トレーニングを行っています。

一般的な武道においてイメージされるような、
先輩後輩の上下関係は一切ありません。

ただただ合気や発勁を使えるようになるための、
身体コントロール技術を楽しく学ぶための場所です。

当然、直接殴ったり蹴ったりすることもなければ、
怖いと感じた動きを強制もしません。

ご自分の出来る範囲で、
無理なくトレーニングに参加することが出来ます。

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)へはコチラから

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

dreamasabutterfly@gmail.com

ご連絡、お待ちしております!!

参考書籍はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です