脱力トレーニング 相手に触れて分かること

脱力トレーニング 相手に触れて分かること 

私はフツーの会話が苦手だ。

別に会話が成立しないというわけじゃない。

ただ、エネルギー効率が悪いと感じる。

様々な選択肢が頭に浮かぶ中で、

その時々に応じた言葉を話す。

ただそれだけのことに、

相当の労力が掛かってしまう。

ただ、修練や治療の場では違う。

もちろん最適と思える言葉を選んで話すけど、

それが比較的自然な流れでできる。

この違いは何なのか。

 

 

もちろん立場が変わるのは大きな違いだ。

普段の会話と違い、

修練や治療の相手は私の話を聞きに来ている。

話しやすいのは当然かもしれない。

ただ、例えば治療が終わった後に少し話すと、

その時はもう治療中の感覚では話せない。

つまり私にとってはもう1つ、

話しやすさを感じるための大きな要素がある。

それは、カラダが相手に触れているかどうか。

私の治療や修練ではほとんどの時間、

何らかの形で相手に触れている。

そのことが会話の大きな助けとなっている。

 

 

では、相手に触れることで何が変わるのか。

それは一般的な言葉にすると「一体感」とか、

「共感」みたいなものだと思う。

ただ、私が感じる違いはもっと実際的で、

それは「手がかり」とか「根拠」みたいなものだ。

相手に触れている感覚が私にとって、

会話の際に文字通りの意味での手がかりとなる。

その感覚を通して得られる情報が、

私が言葉を選択して発するための根拠になる。

ところが身体的接触が無くなると、

私はその手がかりを失ってしまう。

乏しい情報から選ばれた言葉に、

確信が持てないのだ。

だから、意識的な意味付けが必要になり、

余計な労力が掛かっていると感じる。

 

動画では、相手に握られた手から、

相手が体重を乗せているマットまで意識を向ける。

すると、マットが相手を支えている力を感じられる。

同時に、マットが自分を支えている力も感じてみる。

それらの力に沿う形で手を動かしてあげれば、

より楽に相手を動かせる。

 

本来の武術としては当然、

離れた相手の情報を感じ取りたい。

会話が苦手なんて言ってる場合じゃないw

ただ、触れた相手の情報さえ正確に読み取れないなら、

離れた相手のことが分かるはずもない。

そこでまずはこのようなトレーニングで、

触れた相手に意識を向けることを学ぶ。

もちろんこれだけでは足りないけど、

間違いなく必要なことだと思う。

 

 

P.S.

もっと多くの方に来て頂いて,
より幅広く学べる環境。

さまざまな取り組みをされている人たちが、
「脱力」というキーワードで交流できる場所。

武颯塾大阪支部と神戸修練会を、
そんな場所にしていきたいと思っています。

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

修練参加でも、質問でも何でも結構です。

ピンとくるものがあれば、
遠慮なくメールをください。

musou-tensei@eurus.dti.ne.jp
楽しみにしております!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

太極拳において目指す身体の在り方が映像で見られます。

「太極拳・基本練功 第1巻 発勁体得 [DVD]」



「太極拳・基本練功 第2巻 内功推手 [DVD]」



「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

明石~神戸で鍼灸・整体の施術をご希望の方はこちら

大谷鍼灸整体

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です