身体感覚の変化による現実の再構築

身体感覚の変化による現実の再構築 

ココロとカラダとコトバの研究をしてる先生が、

自我はTVのようなものだと言ってた。

「私の現実」を映し出すTV。

実際のTVのように、

本来はチャンネルを変えることで、

好きな番組を選んで見ることができる。

にもかかわらず気がつけば、

いつも同じチャンネルばかりを見てしまっている。

いや、普通はそのことに気づくこともほとんどない。

 

 

自我はTVのようなもの。

人が世界を電気信号に変換して認識している以上、

この例えは仕組みとして正しい。

にもかかわらず、

この例えの正しさを実感として感じることは難しい。

自分の身に起こることを、

TVを見る気分で客観的に扱うことは、

そうそう出来ない。

それが不愉快に感じるものであればなおさら。

 

 

TV番組とリアルワールドの違い。

その最大のものは、

「カラダがあるかどうか」

だと言える。

もう少し詳しく言えば、

「身体感覚という情報の差」

ということになる。

TVの旅行番組を見ても、

実際に自分が旅先にいるとは思わない。

視覚と聴覚の情報だけでは、

人はそれをリアルな現実とは感じないから。

でももしそこに旅先と同じ風の匂いや肌触り、

砂利や石畳を踏みしめる感覚があればどうだろう?

 

もちろん実際にはTVだと、

周りの視覚などとの整合性から、

現実でないとの判断はできる。

ただ、その時点における「現実っぽさ」は、

ただのTVより確実に強くなる。

そして電気信号だけで世界に触れている私達は、

「現実っぽさ」の強度でしか、

現実と非現実を分けられない。

つまり身体感覚という情報が変われば、

その分だけ「私の現実」を変えることになる。

TVのチャンネルを変えるように。

 

動画では、腕と脚を2人に押さえられている。

普通に動かそうとしても簡単には動かない。

それは、

「強い力で押さえられているから動けない」

という「現実」を作り出しているから。

そこで自分の重心とマットからの抗力、

という身体感覚を知覚してみると、

「押さえられているけど動ける」

ことが「動く前」に分かる。

それはつまり身体感覚が変わった時点で、

「動けない」から「動ける」へと、

「私の現実」が変化しているということ。

ただ寝てる状態で手足を動かす中に、

「身体感覚の変化による現実の再構築」

なんて事が起きていたりする。

 

 

P.S.

RESETSTYLEでは、
脱力を基本とする武術的身体トレーニングを行っています。

一般的な武道においてイメージされるような、
先輩後輩の上下関係は一切ありません。

ただただ合気や発勁を使えるようになるための、
身体コントロール技術を楽しく学ぶための場所です。

当然、直接殴ったり蹴ったりすることもなければ、
怖いと感じた動きを強制もしません。

ご自分の出来る範囲で、
無理なくトレーニングに参加することが出来ます。

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)へはコチラから

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

dreamasabutterfly@gmail.com

ご連絡、お待ちしております!!

参考書籍はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です