カラダの中心から末端を動かす

カラダの中心から末端を動かす 

「不自由って良いですねぇ‼︎」

今日の修練で印象に残った一言。

不自由があるから自由が分かる。

どこかで聞いたような言葉だし、

アタマでは理解できる。

でもそれと、

カラダを通して体感することは、

全く違う話なんだ。

 

 

脱力トレーニングの要点の一つに、

「カラダの中心から末端を動かす」

というものがある。

腕を動かす時に腕を使わず、

脚を動かす時に脚を使わない。

股関節や腹背といったカラダの中心からの動きを、

腕や脚に伝えて動かすのだ。

もちろん口で言うほど簡単ではない。

ほとんどの人にとって、

腕や脚を動かす方が、

股関節や腹背を動かすよりも楽で自由。

トレーニングと分かっていても、

慣れ親しんだ末端からの動きをしてしまう。

そこで役立つのが、

腕や脚を動かさずに動く練習。

敢えて不自由な状況に身を置くわけだ。

 

(写真と動画は以前のものです)

 

修練としては、

前腕や下腿を相手に持ってもらい、

そこを全く動かさないようにカラダを動かす。

ある種、パントマイムのような動きになる。

前腕を固定して動くために肩と肘が、

下腿を固定して動くために膝と股関節が、

それぞれ自由に回転する感覚を学べる。

この修練でさらに重要なのは、

体幹と腕や脚の位置関係を、

「体幹の側から感じ取る」こと。

すると、

「カラダの中心から末端を動かす」

ことが少しずつ分かってくる。

 

このような敢えて腕や脚に制限をかける修練で、

結果的に不自由だった体幹が自由になる。

それを実際に体験すると冒頭のように、

「不自由って良いですねぇ‼︎」

なんて口走っちゃうw

確かに、不自由があるから自由が分かる。

面白いなぁ。

 

P.S.

RESETSTYLEでは、
脱力を基本とする武術的身体トレーニングを行っています。

一般的な武道においてイメージされるような、
先輩後輩の上下関係は一切ありません。

ただただ合気や発勁を使えるようになるための、
身体コントロール技術を楽しく学ぶための場所です。

当然、直接殴ったり蹴ったりすることもなければ、
怖いと感じた動きを強制もしません。

ご自分の出来る範囲で、
無理なくトレーニングに参加することが出来ます。

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)へはコチラから

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

dreamasabutterfly@gmail.com

ご連絡、お待ちしております!!

参考書籍はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です