脱力トレーニング 魅力的な所作

脱力トレーニング 魅力的な所作 

学生時代、

落研に入っていた彼女。

先日、久しぶりに寄席を観にいったらしい。

大阪、天満の繁昌亭。

そう言えば、

神戸の新開地にも作るって話があったような。

どうなったんだろう?

 

 

私は普段から寄席を観に行くような落語ファン、

ではない。

テレビでもほとんど見ない。

ただ、初めて生で見た時のことは覚えている。

扇子を茶碗に見立ててお茶を飲む、

ただそれだけの所作に惹きつけられた。

 

 

魅力的な所作とそうじゃないものの違い。

それは、含まれる情報量の差にある。

見ている側が受け取る情報量が多いほど、

その所作は魅力的に映る。

つまり、自分を魅力的に見せようと思ったら、

所作に込める情報量を増やせばいい。

一つ一つの所作において、

何を感じ、意識しているのか。

 

例えば先の、お茶を飲むシーン。

お茶は茶碗にどれだけ入っているのか?

重さは?

温度は?

茶碗の硬さや表面の質感は?

そういった様々な状況に意識を向けてみる。

これが最初のステップ。

さらに次は、

その時のカラダの感覚に意識を向ける。

茶碗の重さをどこでどうやって支えているのか。

お茶の温かさが口から喉、お腹へと広がる感覚。

こうやって意識を向けてみると、

ただお茶を飲むだけの所作からも、

様々な情報のやり取りができる。

 

落語や演劇、お茶やお花の稽古に限らず、

上達する人はこの意識の向け方が上手い。

そして、地道にやり続ける。

トレーニングなんて、

みんなそんな地味なもの。

でも、その積み重ねがいつしか、

ただお茶を飲むだけで惹きつけられる、

魅力的な所作を生むんだ。

 

 

P.S.

RESETSTYLEでは、
脱力を基本とする武術的身体トレーニングを行っています。

一般的な武道においてイメージされるような、
先輩後輩の上下関係は一切ありません。

ただただ合気や発勁を使えるようになるための、
身体コントロール技術を楽しく学ぶための場所です。

当然、直接殴ったり蹴ったりすることもなければ、
怖いと感じた動きを強制もしません。

ご自分の出来る範囲で、
無理なくトレーニングに参加することが出来ます。

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)へはコチラから

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

dreamasabutterfly@gmail.com

ご連絡、お待ちしております!!

参考書籍はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です