脱力トレーニング 下段蹴り

脱力トレーニング 下段蹴り 

腕はどこからが腕なのだろう。

脚はどこからが脚なのだろう。

そのあたりの感覚が曖昧になってきた気がする。

 

 

解剖学的には、肩関節から先が腕だし、

股関節から先が脚なのは間違いない。

それは人である限り、

誰に対しても当てはまる定義。

ただ、「腕や脚をどこから動かすのか?」

という機能的側面から見たときには、

人によって大きな違いがある。

 

 

脚に限って言えば、

膝から下を脚だと勘違いしている人は多い。

膝を動かすことが、

イコール脚を動かすことだと思っている。

そんな自覚はないままに。

もちろん脚を動かすにあたって、

膝が重要な役割を果たすのは間違いない。

ただそれは、

足先へと流れる力の方向を転換するため。

決して膝の曲げ伸ばしが力の発生源ではない。

 

動画では、

脚を相手の太腿に付けた状態から、

力を伝えている。

この形で筋力を使って膝を伸ばそうとすれば、

自分が後ろに動いてしまう。

おヘソあたりの動きを脚に伝えることで、

相手からの反発の少ない力を加えている。

コツは、蹴り足を徹底的に脱力すること。

本当に、ただ置いてるだけ。

強く蹴りたければ、決して蹴らない。

面白いよね。

 

P.S.

RESETSTYLEでは、
脱力を基本とする武術的身体トレーニングを行っています。

一般的な武道においてイメージされるような、
先輩後輩の上下関係は一切ありません。

ただただ合気や発勁を使えるようになるための、
身体コントロール技術を楽しく学ぶための場所です。

当然、直接殴ったり蹴ったりすることもなければ、
怖いと感じた動きを強制もしません。

ご自分の出来る範囲で、
無理なくトレーニングに参加することが出来ます。

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)へはコチラから

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

dreamasabutterfly@gmail.com

ご連絡、お待ちしております!!

参考書籍はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です