脱力トレーニング 上虚下実 胴上げ

脱力トレーニング 上虚下実 胴上げ 

「我思わざるところに我あり」

これはデカルトの有名な言葉に対する、

島田明徳宗師範の言葉。

一見、ちょっとひねっただけに見えるけど、

脱力トレーニングを重ねるにつれて、

なるほどと思うことが増えた。

 

 

意識の主体としての自分をどこに置くのかで、

ものの見え方や感じ方は大きく変わる。

さらには自分の見られ方や、

カラダの状態にも影響する。

そんなココロとカラダの関係を、

体感を通して物理的に学べる。

それが脱力トレーニングの良いところ。

 

 

動画では、胴を抱えて持ち上げられたところから、

体幹を脱力させることで、

意識の主体を下半身へと移動させている。

この自分が下半身にいる状態のことを、

太極拳では上虚下実といって、

トレーニングにおける重要なポイントとしている。

 

普通はこうやって持ち上げられると、

「持ち上げられている自分」だけになる。

するとどうやって降りれば良いか分からない。

けれど、「持ち上げられている自分」以外の、

思わざるところにある自分に気付ければ、

意外と簡単に降りていける。

 

もちろん、カラダの使い方に限った話じゃない。

思わざるところにある自分に気付くことで、

今まで見えなかった選択肢が見えてくる。

脱力トレーニングを、

自分の可能性を広げるキッカケにしてもらえるといいな。

 

 

P.S.

RESETSTYLEでは、
脱力を基本とする武術的身体トレーニングを行っています。

一般的な武道においてイメージされるような、
先輩後輩の上下関係は一切ありません。

ただただ合気や発勁を使えるようになるための、
身体コントロール技術を楽しく学ぶための場所です。

当然、直接殴ったり蹴ったりすることもなければ、
怖いと感じた動きを強制もしません。

ご自分の出来る範囲で、
無理なくトレーニングに参加することが出来ます。

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)へはコチラから

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

dreamasabutterfly@gmail.com

ご連絡、お待ちしております!!

参考書籍はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です