脱力トレーニング 刺激と自分を切り離す

脱力トレーニング 刺激と自分を切り離す 

東京本部道場での2泊3日の合宿に参加してきた。

ただひたすら修練するだけの3日間。

修練以外の時間は休息を取るだけという、

本当に幸せな時間を過ごした。

 

 

合宿での食事の時間に誰かが言っていた。

何もしていない自分と、

相手に圧を掛けられた自分との「差」を意識する事で、

修練の理解が進んだと。

これはとても大切なことを言っていると思う。

普通に生活をしていると、

刺激に対する反応だけが自分だと勘違いしてしまう。

刺激に対する反応と、それ以外の部分。

その差を意識することで、

まずは刺激と自分を切り離す。

そして反応してない部分に自分を置く。

それによって、

身体的にも精神的にも自由な状態を手に入れることが、

武術の修練だと考えている。

 

 

動画では、掴まれた腕を相手ごと落としている。

腕を引っ張ろうとすれば、

逆に自分が持ち上げられてしまう。

これも掴まれているという刺激から、

いかに自分を切り離せるかが重要。

掴まれている腕ではなく、

自由な体幹部分に自分を置くことで、

相手に阻害されずに動ける。

結果、相手には予想以上の力が伝わり、

大きく崩すことができる。

 

P.S.

RESETSTYLEでは、
脱力を基本とする武術的身体トレーニングを行っています。

一般的な武道においてイメージされるような、
先輩後輩の上下関係は一切ありません。

ただただ合気や発勁を使えるようになるための、
身体コントロール技術を楽しく学ぶための場所です。

当然、直接殴ったり蹴ったりすることもなければ、
怖いと感じた動きを強制もしません。

ご自分の出来る範囲で、
無理なくトレーニングに参加することが出来ます。

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)へはコチラから

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

dreamasabutterfly@gmail.com

ご連絡、お待ちしております!!

参考書籍はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です