脱力トレーニング 脚から揺れを伝える

脱力トレーニング 脚から揺れを伝える 

刑事ドラマなんかで、

犯人が逮捕されるシーン。

刑事が犯人の腕をおさえて手錠を掛けただけで、

なぜか大人しく捕まってしまう。

リビングでテレビを見てるぶんには、

「そんな簡単に動けなくなったりしないよ!」

なんて思うよね?

でも実際にはほとんどの人が、

多かれ少なかれこの犯人と同じことをしている。

 

 

客観的に見ると、

余程の実力差がない限り、

腕をおさえられても身体は動く。

にもかかわらず、

身動き取れなくなってしまう人が、

かなりの割合でいる。

それは、

刺激に対する反応が自分の全てになってしまうから。

この場合だと、

おさえられた腕=自分だと勘違いしてしまう。

そして、腕を必死に動かそうとする。

腕以外の全身を硬直させながら。

 

 

動画では、お互い四つ這いで並んで、

脚から揺れを伝えて相手を動かしている。

犬のションベンみたいなカタチだねw

ポイントは、いかに足で蹴らないでやるか。

足裏で相手と触れているため、

どうしてもそこで蹴りたくなってしまう。

でも蹴ろうとすると、

相手の方が安定したカタチなので、

逆に跳ね返されてしまう。

蹴り足以外を効果的に使うことで、

自分の体重を最大限活用できる。

 

刺激に対する反応が自分の全てになる現象は、

身体だけの問題じゃない。

思い通りにいかなくて腹が立つことや、

逆に思いもよらない嬉しいこと。

そんな心の反応も自分だけど、

それが自分の全てじゃない。

むしろ、

それ以外の今まで見えなかった所に、

大部分の自分がいる。

そんなことに気づかせてくれるのも、

脱力トレーニングのいい所だと思う。

 

 

P.S.

RESETSTYLEでは、
脱力を基本とする武術的身体トレーニングを行っています。

一般的な武道においてイメージされるような、
先輩後輩の上下関係は一切ありません。

ただただ合気や発勁を使えるようになるための、
身体コントロール技術を楽しく学ぶための場所です。

当然、直接殴ったり蹴ったりすることもなければ、
怖いと感じた動きを強制もしません。

ご自分の出来る範囲で、
無理なくトレーニングに参加することが出来ます。

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)へはコチラから

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

dreamasabutterfly@gmail.com

ご連絡、お待ちしております!!

参考書籍はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です