脱力トレーニング 脚から重みを伝える 立位

脱力トレーニング 脚から重みを伝える 立位 

脱力トレーニングではまず、

重力を自分の力として使うことを学んでいる。

重力は地球上のあらゆる場所で、

全てのモノにあまねく働いている。

つまりこの世界で生きる以上、

重力を力として使えることが、

力学的に最も合理的だと言える。

 

 

重力を力として使うためには、

自分の重さを感じて、

それを意図的にカラダの各部分に集める必要がある。

この意図的に集められた重さのことを、

武颯塾では「重み」と呼んで、

普通に体重を掛けた重さと区別している。

 

 

重みによる力の特徴の一つは、

力が対象を通り抜ける感覚が得られること。

これによって、

相手からの反発に過剰に反応することなく、

ロスの少ない力の伝達が出来る。

 

動画では、前蹴りの形で相手に力を伝えている。

当然この時は、自分の足に重みを集めて、

それをミット越しに放り出す。

面白いことに、

これを初めて受けるとみんな笑い出す。

見た目と衝撃のギャップがおかしいんだろうね。

受けてみたい人はぜひ一度、

お越しくださいw

 

P.S.

RESETSTYLEでは、
脱力を基本とする武術的身体トレーニングを行っています。

一般的な武道においてイメージされるような、
先輩後輩の上下関係は一切ありません。

ただただ合気や発勁を使えるようになるための、
身体コントロール技術を楽しく学ぶための場所です。

当然、直接殴ったり蹴ったりすることもなければ、
怖いと感じた動きを強制もしません。

ご自分の出来る範囲で、
無理なくトレーニングに参加することが出来ます。

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)へはコチラから

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

dreamasabutterfly@gmail.com

ご連絡、お待ちしております!!

参考書籍はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です