脱力トレーニング ラケットから力を伝える

脱力トレーニング ラケットから力を伝える 

タイトルとは直接関係ないけどw

久しぶりに、修練でミットを使った打撃をやった。

これはこれで、力の浸透度合いを測るのに役立つ。

というわけで、神戸に一つ持ってきた。

 

 

打撃の難しさは、

反動に対して身構えてしまうところ。

インパクトの瞬間に力が入ってしまう。

多分、普通のスポーツだと、

ギリギリまで脱力して、

インパクトの瞬間にだけ力を入れるんじゃないかな。

だけど勁力を使った打撃においては、

インパクトの瞬間、

さらに力を抜く必要がある。

力を抜いて、

対象との接触面の向こう側へと勁力を通す。

反動に対して身構えてしまうと、

これが出来ない。

 

 

この、インパクトの瞬間に力を抜く技術は、

もちろん卓球やテニスなど、

ボールを打つ競技にも応用できる。

ラケットがボールに当たる直前、

力のベクトルを延長させる方向に脱力する。

それによって、対象からの反動の少ない、

効果的な力の伝達が可能になる。

まあ簡単に言えば、

楽に強いボールを打てるようになるってこと。

 

そのために必要なのは、

どこをどう脱力すれば、

どんなベクトルが流れるのかという感覚。

それを体験的に理解するのが、

脱力トレーニングの一つの目標だと言える。

残念ながらこればかりは、

言葉や文章で伝えることが出来ない。

ぜひ、カラダに直接触れて、

感じ取ってもらいたい。

 

 

P.S.

もっと多くの方に来て頂いて,
より幅広く学べる環境。

さまざまな取り組みをされている人たちが、
「脱力」というキーワードで交流できる場所。

武颯塾大阪支部と神戸修練会を、
そんな場所にしていきたいと思っています。

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

修練参加でも、質問でも何でも結構です。

ピンとくるものがあれば、
遠慮なくメールをください。

musou-tensei@eurus.dti.ne.jp
楽しみにしております!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

太極拳において目指す身体の在り方が映像で見られます。

「太極拳・基本練功 第1巻 発勁体得 [DVD]」



「太極拳・基本練功 第2巻 内功推手 [DVD]」



「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

明石~神戸で鍼灸・整体の施術をご希望の方はこちら

大谷鍼灸整体

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です