脱力流体トレーニング 正面、手の甲側から力を伝える

脱力流体トレーニング 正面、手の甲側から力を伝える 

卓球をやってる修練生の仲間に入りたくて、

週一で練習し始めて2カ月。

「温泉卓球では無双できますよ‼︎」

なんてことを言われて素直に喜べないのは、

目標が高いからか、

自分の現状が見えてないからかw

 

 

元々球技は苦手ではないので、

フォアハンドはそれなりに打てるようになった。

ただ、問題はバックハンド。

慣れない動きなので、

狙ったところにスムーズにラケットが出ない。

 

手の甲側から力を伝えるのは、

太極拳だと推手という修練があり、

そこそこ慣れている。

格闘技的にも裏拳を使ったりするので、

そこまで珍しい動きじゃない。

 

じゃあ、なぜ卓球のバックハンドが難しいのか。

理由は身体をボールに正対して打つ点にある。

推手も裏拳も、あるいはテニスのバックハンドも、

基本的には身体を半身にして行う。

半身になることで、

腰、背中、肩を大きく使える。

手の甲側にスムーズに力を伝えられる。

ところが身体の正面で手の甲側に力を伝えるのは、

思ってるより相当難しい。

 

そこで、卓球のバックハンド用に、

修練を考えてみた。

 

 

手のひらを、自分の胸に当てる。

その上から相手に手首を押さえてもらう。

そこからどうやって腕を前に伸ばすか。

腕の力ではどうやっても伸びない。

体重をかければ相手を押せるかもしれないけど、

やっぱり腕は伸びない。

 

そこで、脱力が必要になる。

全身を脱力して固体から流体に変わることで、

地面からの力を効果的に腕に伝えられる。

まずは腕から、続いてラケットへと。

上手くなればその場でボールの威力が変わるので、

ぜひ試してみてほしい。

 

 

P.S.

もっと多くの方に来て頂いて,
より幅広く学べる環境。

さまざまな取り組みをされている人たちが、
「脱力」というキーワードで交流できる場所。

武颯塾大阪支部と神戸修練会を、
そんな場所にしていきたいと思っています。

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

修練参加でも、質問でも何でも結構です。

ピンとくるものがあれば、
遠慮なくメールをください。

musou-tensei@eurus.dti.ne.jp
楽しみにしております!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

太極拳において目指す身体の在り方が映像で見られます。

「太極拳・基本練功 第1巻 発勁体得 [DVD]」



「太極拳・基本練功 第2巻 内功推手 [DVD]」



「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

明石~神戸で鍼灸・整体の施術をご希望の方はこちら

大谷鍼灸整体

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です