左膝前十字靭帯損傷

左膝前十字靭帯損傷 

Jリーグヴィッセル神戸のレアンドロ選手が、

左膝前十字靭帯損傷および半月板損傷という、

全治6カ月の大ケガを負ったらしい。

 

同じケガの先輩?としては、

そのツラさがよく分かる。

まず、2日くらいは痛くて眠れない。

膝に少しでも力がかかったら、激痛で目が覚めるから。

起きてる間も、歩くのがとても難しくなる。

膝にまっすぐ体重を乗せれば大丈夫なんだけど、

ほんの少しでも横にずれるだけで、

やはり激痛で身もだえする。

 

さらにツラいのは、前十字靭帯は完全に切れてしまうと、

自然治癒しないということ。

極端に血行が悪い場所なので。

だからスポーツ選手がこのケガをすると、

ほぼ確実に手術になる。

ちなみに私のように手術をしなかった場合でも、

日常生活や、普通に運動をすることはできる。

ただ、急激な方向転換を伴うバスケやサッカーといったスポーツを、

継続的に行うのは難しい。

プロのサッカー選手なら、手術するしかない。

 

手術は基本的に、自分の身体から靭帯や腱の一部を切り取って、

前十字靭帯の代わりとして移植する。

膝の前の靭帯や、太腿の裏にある筋肉の腱を使う。

だから、リハビリがホントにキツい。

手術をすることで、2ヶ所ケガしたようなものだから。

さらに、自然治癒しない場所ということは、

移植してもなかなか定着しない。

ただ動けずに月日だけが過ぎていく。

筋力はゴッソリ落ちる上、メンタル的にもキツい。

もちろんフィギュアスケートの高橋大輔さんのように、

復活して活躍する選手もいる。

でもそれ以上に、

パフォーマンスを落としてしまう選手がいることも確か。

前十字靭帯損傷とは、それくらい大変な事態なんだ。

 

レアンドロ選手のニュースを見て、

久しぶりに膝のケガについて考えさせられた。

同じケガの経験者として、

1日も早い復帰を祈っています。

 

P.S.

RESETSTYLEでは、
脱力を基本とする武術的身体トレーニングを行っています。

一般的な武道においてイメージされるような、
先輩後輩の上下関係は一切ありません。

ただただ合気や発勁を使えるようになるための、
身体コントロール技術を楽しく学ぶための場所です。

当然、直接殴ったり蹴ったりすることもなければ、
怖いと感じた動きを強制もしません。

ご自分の出来る範囲で、
無理なくトレーニングに参加することが出来ます。

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)へはコチラから

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

dreamasabutterfly@gmail.com

ご連絡、お待ちしております!!

参考書籍はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です