いつまでも山に登れるカラダでいるために(膝の痛みを取る):10/21修練メモ

いつまでも山に登れるカラダでいるために(膝の痛みを取る):10/21修練メモ 

こんにちは、ワタルです。

10月も半ばを過ぎて、随分涼しくなってきました。

私が大学での5年間を過ごした京都市右京区でも、

もうすぐ嵐山が紅葉のシーズンを迎えようとしています。

住んでいた時は嵐電(京福電鉄嵐山線)が満員になるのがイヤだったのですが、

今ではこの時期に行くのが一番好きだったりしますw

 

[ad#co-1]

 

そんな嵐山も「山」とついているだけあって、

あちこち見て回ろうと思うと結構な坂を上り下りします。

また、嵐山に限らず紅葉を楽しもうと思ったら、

やっぱり「山」に登るのが一番。

カラダを動かした爽快感と空気のおいしさが相まって、

一段と景色がきれいに見えますよね。

昨今のアウトドアブームの影響もあって、

山登りが趣味だという方は多いと思います。

 

山登りに必要なもの

そんな山登りを楽しもうと思ったら、

最低限必要なものがあります。

もちろんリュックや登山靴やゴアテックスのパーカなども必要ですが、

より大切で必要不可欠なもの。

それは「元気な膝」です。

せっかくの紅葉も、おいしい空気やお弁当も、

膝が痛いようでは魅力半減です。

それどころか、「今年はツラいからやめようか」ということにさえなりかねません。

ところが最近、患者さんだけでなく周りの多くの人が、

「膝が痛い」と言うのを耳にします。

それも年配の方だけでなく、30代、40代の方からも。

このことから分かるのは、

「膝の痛みは年齢のせいではない」

ということ。

実際私自身も中学、高校と2回膝に水が溜まった経験があり、

学生時代は膝が気になることが多かったです。

 

膝を痛める人の特徴

では、膝の痛みの原因は一体何なのか?

それはこのブログにおけるメインテーマの一つである、

「カラダの使い方」にあります。

膝を痛める人の動きには、

共通する大きな特徴があります。

それは、「地面を蹴っている」ということ。

例えば駅の階段で、前を上っている人を注意して見て下さい。

ほとんどの人が前かがみになって、

それでいてお尻が後ろに落ちた状態で上っています。

これが地面を蹴って膝を伸ばす動きの典型的なパターンです。

さらにひどくなると、ドタドタと大きな足音が響く。

本人に自覚は無いと思いますが、

これは必死に地面とケンカしている状態なのです。

より正確に言えば、

「自分の体重による地面からの反発を、

膝で受け止めて地面に返そうとしている」

となります。

だから、膝に負担がかかって、痛めるのです。

 

膝を痛めないカラダとは?

膝を痛めないために、あるいは痛めた膝を回復させるために、

まずはこのことをちゃんと理解する必要があります。

「軟骨がすり減った」から、

「半月板が無い」から痛いのではありません。

地面からの衝撃を膝で受け止めるから痛いのです。

下の動画を見てください。

 

 

よくある「卵が割れない」という衝撃吸収材の実験です。

要はこの衝撃吸収材のようなカラダになれば、

膝が痛むことはありません。

ところがほとんどの人は、

「膝の軟骨や半月板”だけ”」が衝撃吸収材だと思っています。

そうではなく、「カラダ全体」が衝撃吸収材となるように扱う。

地面からの反発を吸収してしまうカラダづくりこそが、

膝の痛みを無くす最善の方法なのです。

 

衝撃吸収材としてのカラダ

地面からの衝撃を吸収するために必要なのは、

「カラダがゆるんでいること」です。

先の動画で使われている衝撃吸収材は、

「ゲル」という素材によってつくられています。

この「ゲル」の性質として特徴的なのは、

「固体と液体の中間」であること。

この性質だからこそ衝撃を吸収できるのです。

そして同じように「固体と液体の中間」の性質を持つのが「人体」なのです。

「人体」は60パーセント以上が水分でできています。

「水袋の中に骨が浮かんでいる」というのが「人体」の正しい認識なのです。

ところが筋肉を固めることで、カラダは「固体」としての性質を強く表します。

すると衝撃を吸収できずに受け止めてしまい、

その負荷に耐えられない部分から痛み出します。

だから「カラダをゆるめること」によって、

本来の「固体と液体の中間」である性質を引き出すことが必要なのです。

私自身、膝の前十字靭帯が切れており、半月板も損傷しています。

けれども日常生活で不都合を感じることが無いのは、

「カラダをゆるめる」ということに毎日取り組んでいるからなのです。

 

私たちの取り組み

10/21の武颯塾神戸修練会においては、

「力を吸収する」というテーマで修練を行いました。

相手から押された力を吸収して地面に流したり、

地面からの反発を吸収して相手に流したり。

カラダの力を抜くことで、

自分の中を力が通っていく感覚が感じられるようになります。

この感覚によって地面からの反発を吸収することが上手くなるほどに、

膝だけでなくあらゆる関節の痛みは確実に減っていくことでしょう。

そしてそれは、いつまでも山に登り続けられる、

自由で活動的な暮らしにつながっているのです。

 

P.S.

もっと多くの方に来て頂いて,
より幅広く学べる環境。

さまざまな取り組みをされている人たちが、
「脱力」というキーワードで交流できる場所。

武颯塾大阪支部と神戸修練会を、
そんな場所にしていきたいと思っています。

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

修練参加でも、質問でも何でも結構です。

ピンとくるものがあれば、
遠慮なくメールをください。

musou-tensei@eurus.dti.ne.jp
楽しみにしております!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

太極拳において目指す身体の在り方が映像で見られます。

「太極拳・基本練功 第1巻 発勁体得 [DVD]」



「太極拳・基本練功 第2巻 内功推手 [DVD]」



「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

明石~神戸で鍼灸・整体の施術をご希望の方はこちら

大谷鍼灸整体

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です