力を抜いたら立てないのか?

力を抜いたら立てないのか? 

先日、修練仲間の話を聞いて印象に残ったことがある。

「ストレッチ教室に毎回来てくれる人がいるのだけれど、

『力を抜いたら立てないですよね』というところから話が進まない」

これは脱力を学ぶ上で、避けては通れない道だと思う。

この「力を抜いたら立てない」というコメントには、

脱力に対する勘違いが象徴的に表れている。

そこで今回は、「脱力」を実際に使う上で必要となる、

基本的な考え方について書いていきたい。

 

[ad#co-1]

 

脱力における大きな勘違いに気づく

「力を抜いたら立てない」と思っている人は、

力を抜くことを「立つことをやめること」だと勘違いしている。

だから、力を抜くと立っていられない。

それは立つことをやめたのだから当たり前。

立つことをやめたのに立っていられたら、

むしろ座る時や寝るときに困ってしまう。

「立っている状態で力を抜くことは、

立つことをやめることではない。」

ほとんどの人は、立つという「行為」と「力み」とが、

切り分けられないものだと勘違いしている。

脱力を学ぶ上で、これを理解することが1つ目の大きな壁になるだろうし、

おそらくストレッチ教室の生徒さんもここで躓いていると思う。

 

力が抜けた感覚を知る

1つ目の壁である「行為と力みの同一化」という勘違いを理解しても、

おそらくまだ「力を抜いて立つ」ことは出来ないと思う。

それは「力の抜き方」が分からないからだ。

そこで、「上げた腕を落とす」という、

比較的簡単にわかる方法で力を抜くことから脱力修練は始まる。

リンゴが木から落ちるように腕にも重力が働いているので、

何も考えずに力を抜けば上げた腕は落ちる。

腕が落ちたという結果を手掛かりにして、

力を抜くという感覚を掴むのがこの修練の目的。

そして同じことを脚で行えば、

脚の力が抜けた感覚(のようなもの)が身について来るだろう。

 

2つめの勘違いに気づく

ところがこの「脚の力が抜けた感覚(のようなもの)」だけではまだ、

「力を抜いて立つ」ことが出来ない場合が多い。

少なくとも私の場合はそうだ。

そこで、「力を抜けばいつも同じ感覚になるはず」

というもう一つの勘違いを正す必要がある。

ただ上げた腕や脚を落とすという場合には、

自分自身の緊張以外、基本的には何の抵抗もない。

ところが立っている状態においては、

自分の体重分の力が地面から足の裏に加わっている。

上げた腕や脚の力を抜くのと、

立っている状態で脚の力を抜くのとでは、

違う感覚を感じて当たり前なのだ。

それにも関わらず私自身は、

「脚の力が抜けた時の感覚を求めながら、立っている状態で力を抜く」

ということを長い間行っていた。

だから、脚の力が抜けなかった。

 

力を抜いて立つために

以上のことから言えるのは、

立っている状態で脚の力を抜くためには、

「足の裏に感じる地面からの力」を受け入れなくてはいけない。

「抵抗が無い時に力が抜けた感覚」を頼りにしていては、

いつまでたってもそれを感じることは出来ない。

なぜなら立っている以上、力は常に加わっているのだから。

「力が抜けた感覚」ではなく、「力を抜く感覚」を知る。

これが、「力を抜いて立つ」ために必要なことなのだ。

そしてそれが理解できれば、

「上げた腕や脚を落とす」という恐ろしく地味な修練が、

とんでもなく奥深いものへと一変する。

「落ちた後」や「落ちている間」もさることながら、

「落ち始める刹那」の感覚を捉えることがその目的へと変化するから。

私自身はこの変化こそが脱力修練のおもしろさだと思うのだけど、

いかがだろうか?

 

 

P.S.

RESETSTYLEでは、
脱力を基本とする武術的身体トレーニングを行っています。

一般的な武道においてイメージされるような、
先輩後輩の上下関係は一切ありません。

ただただ合気や発勁を使えるようになるための、
身体コントロール技術を楽しく学ぶための場所です。

当然、直接殴ったり蹴ったりすることもなければ、
怖いと感じた動きを強制もしません。

ご自分の出来る範囲で、
無理なくトレーニングに参加することが出来ます。

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)へはコチラから

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

dreamasabutterfly@gmail.com

ご連絡、お待ちしております!!

参考書籍はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です