脱力そのものに意識を向け続ける

脱力そのものに意識を向け続ける 

最近、テレビや新聞などで「脱力」という言葉を目にすることが増えてきました。

先日はNHKの番組内で、塩谷哲さんというピアニスト・作曲家の方が、

ピアノにおける脱力の必要性を伝えていました。

オランウータンやハトを例に出した面白いものでした。

さらにもう少し前になりますが、朝日新聞の記事にオーレリー=デュポンという、

バレエのオペラ座のエトワールの方へのインタビューが載っていました。

そこで彼女は振付師の勅使河原三郎さんから、

「全身の力を抜く事と身体中の関節を意識すること」

を要求されていて、それがとても難しいと言っていました。

このように様々な分野のトップの方が「脱力」について語ることで、

その効果や必要性がより一般的に認知されることは嬉しい限りです。

しかもそれが、スポーツや武道に限らず芸術方面にも役立つというのが、

脱力の魅力の一つだと思います。

 

[ad#co-1]

 

脱力トレーニングは感覚のトレーニング

そんな「脱力」を学んで行く上で難しいと感じるのが、

「自分の感覚がアテにならない」

ということです。

師範からはたびたび、

「脱力修練は感覚のトレーニング」

であると言われます。

感覚器官としてのカラダが感じていることを、

アタマが正しく認知できるようになることが重要なのです。

ところがほとんどの場合、アタマは自分勝手な解釈をしてしまいます。

それをやめてフラットな状態で感覚をとらえる。

それが脱力のトレーニングにおいて重要なのです。

 

陥りやすい勘違い

自分勝手な解釈の例の一つして私自身のことを挙げましょう。

脱力トレーニングをしていると、「力を抜いた感覚」が分かってきます。

肩の力を抜く前と抜いた後の、感覚の違い。

「抜く前がこんな感じで、抜いたらこんな感じになった。

だから、力を抜いた感覚というのはコレなんだ。」

と思って、「力を抜いた感覚」に合わせていく。

それが「脱力」だと思っていました。

だから、力を抜いたらすぐに、

「力がちゃんと抜けているかな?」と思って、

その感覚が感じられるかどうかを確認していたのです。

そして、それが「感覚のトレーニング」だとも考えていました。

 

脱力は確認不能?

ところが最近、愕然とする事実に気がついたのです。

それは、

「力を抜いた感覚」

だと思っていたものが実は、

「力が入っている感覚」

だったことです。

さらにはこの「力を抜いた感覚」だと思っていたものは、

「自分のカラダがここにある感覚」

とも同じものでした。

つまり、せっかく力を抜いても、

「力がちゃんと抜けたかな?」と思ってその確認をしようとすれば、

すでに余計な力が入ってしまう。

これでは力を抜いたかどうかの確認が出来ません。

あたかも量子論における「シュレディンガーの猫」のように、

確認しようとした時点で状態が変わってしまうのです。

 

相手がいることの重要性

ということは、脱力のトレーニングにおいては、

「確認してはいけない」のでしょうか?

それでは自分が上達したかどうかを判断できないですよね。

そこで、「相手」が必要になってくるのです。

今の自分の感覚が、力が抜けたかどうかの確認の基準にならないのであれば、

その基準を自分以外のものに求めるというわけです。

自分はただ、「脱力」そのものに意識を向け続ける。

それが正しいかどうかは、相手が判断する。

その為の相対トレーニングであり、そこに「武術」という様式の大きな意味があるのです。

 

脱力そのものに意識を向け続ける

今の感覚に頼っているうちは、

負荷がかかった状態で本当に力を抜くことができません。

負荷がある状態と無い状態では感覚が違って当然で、

同じように抜けた感覚にはなり得ないのですから。

もちろんトレーニングを続けていくうちに、

今の感覚に頼らずに力を抜くことが分かってきます。

例えば手を動かすときに「ちゃんと動いたかな?」とは確認しないですよね。

同じように力を抜くことについても、

それそのものがどういうものかが分かってくる(はず)なのです。

そうなればまた違った段階のトレーニングがあるのでしょうが、

まずは脱力そのものに意識を向け続ける。

そこから始めるしかないと思うのです。

 

 

P.S.

RESETSTYLEでは、
脱力を基本とする武術的身体トレーニングを行っています。

一般的な武道においてイメージされるような、
先輩後輩の上下関係は一切ありません。

ただただ合気や発勁を使えるようになるための、
身体コントロール技術を楽しく学ぶための場所です。

当然、直接殴ったり蹴ったりすることもなければ、
怖いと感じた動きを強制もしません。

ご自分の出来る範囲で、
無理なくトレーニングに参加することが出来ます。

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)へはコチラから

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

dreamasabutterfly@gmail.com

ご連絡、お待ちしております!!

参考書籍はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です