「腰痛」「膝の痛み」を治す

「腰痛」「膝の痛み」を治す 

こんにちは、ワタルです。

今日は、

「『腰痛』『膝の痛み』を治す」

というテーマで書いていきます。

ある程度の年齢を重ねた人達の治療をしていると、
ほとんどの人が訴える症状。

それが、

「腰痛」「膝の痛み」

です。

確かにこの2つの症状を東洋医学的に見ると、
加齢とともに起こりやすくなるものだと言えます。

もちろん西洋医学の見地からも、

「軟骨がすり減る」

などの理由により、
ある程度仕方ないものとして扱われています。

「まあ、歳だから仕方ないよ」

というセリフをお医者さんから言われた方、
とても多いです。

けれども、
本当にそうなのでしょうか?

「腰痛」「膝の痛み」は、
歳を取ったら諦めなければいけないものなのでしょうか?

私はそうは考えていません。

「腰痛」「膝の痛み」も、
「正しい身体の使い方」を身に付けることで、
かなりの割合で治ると考えています。

その「正しい身体の使い方」とはどういったものかというと、

「身体を流体として扱う」

というものです。

人の身体は60%から70%が水分でできています。

イメージするなら、

「水の入った袋に骨が浮かんでいる」

という姿が、
本来の身体の在り方なのです。

けれども多くの人は、
自分の身体を「固体」として扱っています。

そして「腰痛」「膝の痛み」を訴える人は、
必ずと言っていいほど「股関節」が固くなっています。

かくいう私自身、サッカーをしていた中学生のころから、
「膝の痛み」に悩まされてきました。

けれどのその痛みは、
武颯拳の修練を始めてからしばらくすると、
ほとんど感じることが無くなっていました。

では、修練を始める前と後では、
何が違っていたのか。

修練を始めるまで私は本当に身体が固かったので、
柔軟体操の時間が大嫌いでした。

なのに当時の武颯拳の修練では、
30分以上もの時間を柔軟体操に使っていたのです。

しかもそれを二人組になって行うので、
かなりの痛みを伴います。

その時間があまりにもツラいので、
私は毎日、柔軟体操をするようになりました。

すると少しずつ身体も柔らかくなり、
それに伴って膝の痛みも無くなっていったのです。

つまり、修練を始める前と後での違いとは、

「股関節の柔らかさ」

だと言えます。

皆さんもご存じのとおり、
「股関節」「腰」「膝」の間にあります。

「腰痛」「膝の痛み」を訴える人は、
「股関節」が固くなっていて、
クッションの役割を果たしていません。

ですから地面からの衝撃を、
「腰」「膝」でそのまま受け止めてしまうのです。

けれども「股関節」が緩んでくると、
その衝撃を吸収してくれるようになります。

その結果、

「『腰痛』『膝の痛み』を治す」

ことにつながるのです。

ただ、「股関節を緩める」という感覚は、
なかなか自分一人では掴みづらいものです。

ですから、正しい指導やサポートを受けながら、
自分の身体と対話していくひつようがあります。

興味がある方はぜひ、
武颯塾大阪支部神戸修練会
整体道場にお越しください。

P.S.

もっと多くの方に来て頂いて、
より幅広く学べる環境。

さまざまな取り組みをされている人たちが、
「脱力」というキーワードで交流できる場所。

武颯塾大阪支部と神戸修練会を、
そんな場所にしていきたいと思っています。

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

修練参加でも、質問でも何でも結構です。

ピンとくるものがあれば、
遠慮なくメールをください。

musou-tensei@eurus.dti.ne.jp

楽しみにしております!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

太極拳において目指す身体の在り方が映像で見られます。

「太極拳・基本練功 第1巻 発勁体得 [DVD]」

「太極拳・基本練功 第2巻 内功推手 [DVD]」

「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

明石~神戸で鍼灸・整体の往診をご希望の方はこちら
musou-tensei@eurus.dti.ne.jp

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

P.S.

RESETSTYLEでは、
脱力を基本とする武術的身体トレーニングを行っています。

一般的な武道においてイメージされるような、
先輩後輩の上下関係は一切ありません。

ただただ合気や発勁を使えるようになるための、
身体コントロール技術を楽しく学ぶための場所です。

当然、直接殴ったり蹴ったりすることもなければ、
怖いと感じた動きを強制もしません。

ご自分の出来る範囲で、
無理なくトレーニングに参加することが出来ます。

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)へはコチラから

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

dreamasabutterfly@gmail.com

ご連絡、お待ちしております!!

参考書籍はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です