股関節を緩める(腰痛・膝の痛みの解決に向けて)

股関節を緩める(腰痛・膝の痛みの解決に向けて) 

こんにちは、ワタルです。

今日は久しぶりに、
「整体」というテーマで書いていきます。

私は去年の12月から、

「ミナミで学ぶ、整体と介護」

と題したセミナーを、
難波の浪速スポーツセンターで行っています。

そこでは様々な身体の不調に対する施術や、
介護の動作をテーマとして取り上げて、
どうすれば無理なく効果的に動けるかを伝えています。

その中で私が担当しているのが、

「整体道場」

です。

文字通り「整体」のやり方を、
武術の修練と同じ観点から解釈してお伝えしています。

そしてその目的とするところは、

「相手を緩めることで自分も緩む」

というもの。

整体やマッサージをしてあげることが、
「負担にならない」やり方を身に付けて頂くのです。

整体やマッサージを職業にされている方なら良くわかると思うのですが、
どうしても「頑張って」施術してしまうのですよね。

すると自分がしんどいだけでなく、
施術の効果も努力に見合わないものになってしまう。

けれども、自分自身が脱力して、
その時に生まれる力を相手に伝える。

そういうやり方を身に付ければ、
まずは自分が疲れなくなります。

そしてそれが上達するほどに、
相手の身体の奥深くにまで浸透する力を使えるようになるのです。

そんな「整体道場2013.11.2」のテーマは、

「股関節を緩める」

というものでした。

このテーマの重要性は、
まだ世間一般に知られているとは言えません。

ですが身体の構造上より中心に近い「股関節」を緩めることで、
本当に様々なメリットがあるのです。

例えば多くの方が悩んでいる、
「腰痛」「膝の痛み」

その治療のために、
整形外科や整骨院に通っている方も沢山いますよね。

ですがそこで伝えられるそれらの予防策と言えば、

「腹筋と背筋を鍛えましょう」

「太ももの前側の筋肉をつけましょう」

といったものがほとんどです。

けれども良く考えてください。

体重を腰や膝で無理に支えていることが、
その痛みの原因ですよね。

それなのに腰周りや膝周りの筋肉を鍛えたら、
なおさらそこに頼ってしまいます。

つまり一時しのぎにはなっても、
「本質的な解決」には向かっていないのです。

では、「腰痛」「膝の痛み」に対する、
「本質的な解決」とはどのようなものなのか。

それは、

「体重の支え方を変える」

ということ。

もちろんそれには様々な段階がありますが、
その中でも重要なポイントの一つが、

「股関節を緩める」

ことなのです。

解剖図を見るまでもなく、
「股関節」「腰」「膝」の間にあります。

つまり「股関節が緩む」ということは、

「腰の下にクッションを入れる」

「膝の上にクッションを入れる」

ということと同じなのです。

そう考えると、

「股関節を緩める」

ということが、
「腰痛」「膝の痛み」にどれだけ効果的か、
分かって頂けるでしょう。

そんな効果的なアプローチをお伝えしている、

「整体道場2013.11.2」

のセミナー動画をアップロードしました。

少々長いですが、
何度も繰り返しご覧になってください。

きっと得られるものがあるはずですよ♪

P.S.

もっと多くの方に来て頂いて、
より幅広く学べる環境。

さまざまな取り組みをされている人たちが、
「脱力」というキーワードで交流できる場所。

武颯塾大阪支部と神戸修練会を、
そんな場所にしていきたいと思っています。

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

修練参加でも、質問でも何でも結構です。

ピンとくるものがあれば、
遠慮なくメールをください。

musou-tensei@eurus.dti.ne.jp

楽しみにしております!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

太極拳において目指す身体の在り方が映像で見られます。

「太極拳・基本練功 第1巻 発勁体得 [DVD]」

「太極拳・基本練功 第2巻 内功推手 [DVD]」

「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

明石~神戸で鍼灸・整体の往診をご希望の方はこちら
musou-tensei@eurus.dti.ne.jp

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

P.S.

RESETSTYLEでは、
脱力を基本とする武術的身体トレーニングを行っています。

一般的な武道においてイメージされるような、
先輩後輩の上下関係は一切ありません。

ただただ合気や発勁を使えるようになるための、
身体コントロール技術を楽しく学ぶための場所です。

当然、直接殴ったり蹴ったりすることもなければ、
怖いと感じた動きを強制もしません。

ご自分の出来る範囲で、
無理なくトレーニングに参加することが出来ます。

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)へはコチラから

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

dreamasabutterfly@gmail.com

ご連絡、お待ちしております!!

参考書籍はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です