「合気上げ」を練習する意味

「合気上げ」を練習する意味

こんにちは、ワタルです。

今日は、

「合気上げを練習する意味」

について書いていきます。

武術や武道に関わる人には有名な「合気上げ」

武術雑誌ではそれをテーマに特集が組まれるほどで、
合気系武術の顔ともいえる動きですよね。

ただ、武術をやったことが無い人にとっては、
全く初耳かもしれません。

というわけで、
動画を載せておきます。

この動画において手首を掴まれたときに、
相手の身体ごと手を挙げるところを「合気上げ」といいます。

このような形での修練を私たちも行うことがあり、
その時まず最初に注意されることが、

「腕を持ち上げるのではなく、肘を落とす」

ということです。

と言っても実際に肘の位置が下になるわけではありません。

肘が落ちるような身体の使い方をする中で、
それでも肘を下げない。

すると、逆に手が上がる方向に力が働きます。

この力を使って手を挙げることが、
「合気上げ」の初歩になるのです。

ただこの初歩的なことが、
意外と難しい。

理屈では分かったつもりでも、
実際に腕を持ち上げずに手を挙げることは出来ないものです。

だから武術・武道をやっている方にとっては、
コレができるようになると結構嬉しい。

でも、武術や武道に縁のない方にとっては、

「それに何の意味があるの?」

と思われるかもしれませんね。

ですが、この練習には、
見た目以上に大きな意味が隠されているのです。

(以下、次回へ⇒)

P.S.

もっと多くの方に来て頂いて、
より幅広く学べる環境。

さまざまな取り組みをされている人たちが、
「脱力」というキーワードで交流できる場所。

武颯塾大阪支部と神戸修練会を、
そんな場所にしていきたいと思っています。

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

修練参加でも、質問でも何でも結構です。

ピンとくるものがあれば、
遠慮なくメールをください。

musou-tensei@eurus.dti.ne.jp

楽しみにしております!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

太極拳において目指す身体の在り方が映像で見られます。

「太極拳・基本練功 第1巻 発勁体得 [DVD]」

「太極拳・基本練功 第2巻 内功推手 [DVD]」

「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

明石~神戸で鍼灸・整体の往診をご希望の方はこちら
musou-tensei@eurus.dti.ne.jp

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~


P.S.

もっと多くの方に来て頂いて,
より幅広く学べる環境。

さまざまな取り組みをされている人たちが、
「脱力」というキーワードで交流できる場所。

武颯塾大阪支部と神戸修練会を、
そんな場所にしていきたいと思っています。

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

修練参加でも、質問でも何でも結構です。

ピンとくるものがあれば、
遠慮なくメールをください。

musou-tensei@eurus.dti.ne.jp
楽しみにしております!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

太極拳において目指す身体の在り方が映像で見られます。

「太極拳・基本練功 第1巻 発勁体得 [DVD]」



「太極拳・基本練功 第2巻 内功推手 [DVD]」



「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

明石~神戸で鍼灸・整体の施術をご希望の方はこちら

大谷鍼灸整体

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

スポンサードリンク

“「合気上げ」を練習する意味” への2件の返信

  1. 1. 無題
    ひさしぶりやね!元気そうで何よりです(^ー^)
    合気上げ結構力ずくや勢いで上げてる人いてるよね。
    やはり力を抜く、正しいフォームでやね!

  2. 2. Re:無題
    >キジムナーさん
    お久しぶりです♪
    キジムナーさんこそ相変わらずお元気そうですね。
    しかも9月からは完全独立されたみたいで、おめでとうございます!!
    これからも武術と治療と、おたがいに精進していきましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です