身体の中心を意識する

身体の中心を意識する 

こんにちは、ワタルです。

去る9月14日~16日の3日間、
武颯塾東京本部道場での合宿修練に参加してきました。

14日の午後から16日の夜まで、
みっちりと修練できる貴重な機会。

まして今回は約1か月後の10月20日に演武会を控えていることもあって、
師範方も含めて熱の入った合宿となりました。

そんな充実した合宿修練で、
あらためて重要だと感じたこと。

それが、

「身体の中心を意識する」

ということです。

このブログを読んでいる人の多くは、
身体の使い方に普段から関心を持っていることでしょう。

だからおそらく、

「そんなことはもう知っているよ」

と思われるかもしれません。

こうやって文字にして読むと、
私自身も「ありきたり感」を感じてしまいますから。

ですがあえて書きます。

「身体の中心を意識する」

ことがやはり大切であると。

以前の記事においては、
身体の中心から動くことの重要性を、
テコの原理を用いて説明しました。

参考:身体を上手く使えるイメージ図(全身版)

この時は武術的な観点から、
中心から動いた方が合理的だという解釈で書いたのですが、
今回は日常における変化を中心に書いていきます。

身体の中心に意識を向けることで、
最も大きな変化。

それは、

「立つことが楽になる」

ということです。

私たちの身体には普段、
ただ立っているだけで大きな負荷がかかっています。

実際立ち仕事をしている人の多くは、
膝や腰の不調を訴えていますよね。

この膝や腰の不調の原因が何かというと、

「重心線に対して、身体の各部分がズレている」

ということがあげられます。

積み木をイメージしてもらえば、
分かりやすいです。

積み木を重ねて立てる時、
それぞれの重心線が重なっていると、
手を放しても安定して立ちますよね。

ところが重心線がズレていると、
手で支えていないと崩れてしまいます。

膝や腰を痛める状態というのは、
積み木における手の支えと同じことを、
膝や腰で行っていると言えるのです。

だから、
ただ立っているだけで疲れてしまう。

常にどこかで身体を支えていないと、
立っていられないのだから当然ですよね。

ましてやそんな状態で運動をすれば、
どれだけ大きな負荷を支えることになるのか。

私自身、2年前に膝の前十字靭帯を切っているので、
出来るだけ膝への負担無く動きたいところです。

ですが身体の中心を意識できていないと、
どうしても身体を支える重心線がずれてしまう。

十数年修練を続けているので、
身体の中心から動くように意識はしています。

それでも腰を低く落として動き続けると、
膝に違和感を感じることがありました。

この合宿修練において気づいたのは、
やはり中心の感覚が薄かったということです。

腰を低く落として膝を深く曲げると、
どうしても膝の意識が強くなり、
中心の感覚がおろそかになっていました。

しかし中心の感覚を外さずにいると、
膝を深く曲げても脚がツラくないのです。

つまり、

「膝で身体を支えなくなった」

のですね。

上にも書いた通り、
膝や腰の不調の原因は、

「膝や腰で身体を支えている」

ことにあります。

ということは、
それをやめてしまえば良いだけなのです。

「身体の中心を意識する」

ことにより、
重心線を整える。

それは、

「余計な支えの必要をなくす」

ことであり、

「楽に立つ」

ことにつながるのです。

私たちは普段、
立つことや歩くこと自体に負荷を感じています。

意識の有無にかかわらず。

これは日常的に行うことなので、
そのストレスは常に積み重なっていきます。

それこそ大量の積み木を積み上げるがごとく。

けれどもそのストレスは、

「身体の中心を意識する」

ことで、軽減できるのです。

今後の生活を快適なものにするために、
ぜひ、意識してみてください♪

P.S.

もっと多くの方に来て頂いて、
より幅広く学べる環境。

さまざまな取り組みをされている人たちが、
「脱力」というキーワードで交流できる場所。

武颯塾大阪支部と神戸修練会を、
そんな場所にしていきたいと思っています。

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

修練参加でも、質問でも何でも結構です。

ピンとくるものがあれば、
遠慮なくメールをください。

musou-tensei@eurus.dti.ne.jp

楽しみにしております!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

太極拳において目指す身体の在り方が映像で見られます。

「太極拳・基本練功 第1巻 発勁体得 [DVD]」

「太極拳・基本練功 第2巻 内功推手 [DVD]」

「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

明石~神戸で鍼灸・整体の往診をご希望の方はこちら
musou-tensei@eurus.dti.ne.jp

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

P.S.

もっと多くの方に来て頂いて,
より幅広く学べる環境。

さまざまな取り組みをされている人たちが、
「脱力」というキーワードで交流できる場所。

武颯塾大阪支部とRESETSTYLEを、
そんな場所にしていきたいと思っています。

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)へはコチラから

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

修練参加でも、質問でも何でも結構です。

ピンとくるものがあれば、
遠慮なくメールをください。

dreamasabutterfly@gmail.com
楽しみにしております!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

太極拳において目指す身体の在り方が映像で見られます。

「太極拳・基本練功 第1巻 発勁体得 [DVD]」



「太極拳・基本練功 第2巻 内功推手 [DVD]」



「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)

明石~神戸で鍼灸・整体の施術をご希望の方はこちら

大谷鍼灸整体

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

スポンサードリンク

“身体の中心を意識する” への2件の返信

  1. 1. 無題
    おはようございます。最近は忙しくて修練に参加できてなくて残念です。
    また落ちついたら、すぐさま参加いたしますので、またよろしくお願い致します。

  2. 2. Re:無題
    >iさん
    確かにお久しぶりですねw
    修練は相変わらずのペースでやってますので、時間が取れたらぜひ来てください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です