テコの原理を武術に活かす(動画と説明)

テコの原理を武術に活かす(動画と説明)

こんにちは、ワタルです。

今日は、

「テコの原理を武術に活かす」

ということについて書きます。

まずは、こちらの動画をご覧ください。

これは「拳鉄槌(けんてっつい)」という、
武颯拳の型の中にある動きの練習をしているところです。

動きを簡単に説明すると、

「しっかりと両足を前後に開いている相手が、
両手を重ねてお腹の前に置いて踏ん張っているところで、
その手の上に拳を載せた所から一気に下方に落とす」

ということになります。

よほどの体格差や筋力差がない限り、
普通の筋力運動では落とせないと思います。

そこで脱力による力である、

「勁力(けいりょく)」

を使うのです。

この「勁力」を使うことが出来れば、
今までの自分では考えられないような力が出せます。

女性が男性を投げるということも、
原理的には可能なのです。

ただそうはいっても耳慣れない言葉ですし、
どのような力なのかイメージしにくいと思います。

そこでここの所何度も書いている、

「テコの原理」

を使って勁力の説明をしたいと思います。

動画にも簡単なキャプションをいれていますが、
この動きの重要なポイントは、

「腕の力を抜いたままにしておく」

ということと、

「股関節を一気に開いて落とす」

ということの2点です。

ところがやってみると、
これは意外と難しいのです。

まず、どうしても腕に力が入ってしまう。

「拳で相手を落とすのだから、
腕に力を入れないと落ちるわけがない」

と思ってしまうのです。

さらには股関節を一気に落とすことができない。

股関節自体が自由に動くという、
「発想」を持つことが難しいから。

これらの問題がなぜ起きるのかというと、

「支点の位置を身体の中心側においているから」

だと言えます。

下の写真を見てください。
(クリックすると拡大されます)

脱力~Reset Style(リセットスタイル)~-テコの原理(筋力)

支点を身体の中心である腰や股関節周りにおいて、
作用点を拳においています。

そして身体の前面の筋肉である腹筋や胸筋、
そして肩や腕の筋肉を力点として使用しているのです。

この写真の形で下向きに押そうとイメージすると、
肩や胸、お腹の筋肉が固くなりそうな気がしませんか?

これが原因で、
腕の力を抜けないのです。

また腰や股関節を支点として扱っているので、
股関節を自由に動かすことも難しくなります。

では、次の写真を見てみましょう。
(おなじくクリックで拡大されます)

脱力~Reset Style(リセットスタイル)~-テコの原理(脱力)

この場合は、
支点を拳に設定しています。

注目してほしいのは、
作用点を相手の中心においていること。

そして自分の中心である腰や股関節周りを、
力点として動かしているのです。

支点は自分からは動かさないので、
腕に力を入れる必要はありません。

また腰や股関節周りは力点なので、
大きく動かすことができます。

もちろん最終的には相手が崩れて作用点が大きく動き、
なおかつ力点は現実的にはそこまで位置は変わらないので、
結果として支点である拳は下に落ちることになります。

ただそれはあくまで、

「股関節が動き、相手が崩れた結果として拳が落ちる」

ということなのです。

拳を落として相手を崩すという一般的なイメージとは、
全く逆の順序ですよね。

そこに働いているテコの原理も、
全然違う形になっています。

ですがこの「勁力」を理解して身に付けることで、
大きな力を出せるだけではなく、
身体に負担の少ない動き方ができるようになります。

スポーツをやっている人であればケガが減りますし、
そうでない人も肩コリや腰痛が楽になります。

そんな修練を、
一緒にやりませんか♪

※ここで説明している「勁力」については、
私が理解できている範囲でのものになります。
実際にはもっと奥深いものでありますので、
ここでの説明よりも踏み入った内容につきましては、
武颯塾大阪支部にて茂呂師範に伺って頂きたいです。

P.S.

もっと多くの方に来て頂いて、
より幅広く学べる環境。

さまざまな取り組みをされている人たちが、
「脱力」というキーワードで交流できる場所。

武颯塾大阪支部と神戸修練会を、
そんな場所にしていきたいと思っています。

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

修練参加でも、質問でも何でも結構です。

ピンとくるものがあれば、
遠慮なくメールをください。

musou-tensei@eurus.dti.ne.jp

楽しみにしております!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

太極拳において目指す身

P.S.

RESETSTYLEでは、
脱力を基本とする武術的身体トレーニングを行っています。

一般的な武道においてイメージされるような、
先輩後輩の上下関係は一切ありません。

ただただ合気や発勁を使えるようになるための、
身体コントロール技術を楽しく学ぶための場所です。

当然、直接殴ったり蹴ったりすることもなければ、
怖いと感じた動きを強制もしません。

ご自分の出来る範囲で、
無理なくトレーニングに参加することが出来ます。

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)へはコチラから

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

dreamasabutterfly@gmail.com

ご連絡、お待ちしております!!

参考書籍はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です