「できる自分」で居ようとすることをやめる

「できる自分」で居ようとすることをやめる

こんにちは、ワタルです。

前回記事(「動かす自分」と「動かされる自分」を分ける)の冒頭では、
ここ半年くらいの個人的な修練テーマの変遷について書きました。

今日はその中から、

「『できる自分』で居ようとすることをやめる」

ということについて書きます。

仕事、勉強、部活、人間関係。

年齢性別を問わず多くの人が、
「できる自分」で居ようとしているのではないでしょうか。

少なくとも私自身は、
仕事や勉強については間違いなくそうだったと思います。

仕事であれば、
どれだけ早く、かつ正確な仕事ができるか。

勉強であれば、
どれだけ少ない労力で良い成績をおさめられるか。

そういったことに重点を置いて、
これまで生活してきました。

人の能力というのは不思議なもので、
そこに意識を向けてあげればちゃんと応えてくれる。

ですからおそらく、
私が思う形での良い仕事や良い成績という結果は出していたと思います。

しかしその反面、
意識を向けてこなかった部分については、
向けなかったなりの結果しか得られませんでした。

それはたとえばサラリーマン時代の職場においては、
希薄な同僚との人間関係という形であらわれていました。

「仕事さえできれば良い」

という考えでピリピリした雰囲気を醸し出していれば、
周りに人がいなくなるのも当たり前ですよね。

こんな私の例をみてもらえればわかるように、
意識を向けた部分と向けない部分で、
得られる結果は大きく変わってくるのです。

そして人の意識の量というのは、
ある時点においては有限です。

もちろん修練を重ねていくことで、
人の意識は成長していきます。

しかしある時点に限って言えば、
やはりその量には限りがあると言わざるを得ません。

その中である人は私のように仕事や勉強の成果に意識を向け、
他のある人は家族や友人との人間関係を良くすることに意識を向けるのです。

時代の流れでいえば、
製造業全盛の時代においては前者が、
サービス業全盛の現代においては後者が求められていると言えます。

ただここでは、
どちらの方が優れているというつもりはありません。

というよりは、

「どちらも『できる自分』で居ようとしている点では同じ」

だと考えます。

仕事ができる自分、勉強ができる自分、
あるいは人当たりの良い自分や異性にモテる自分。

そういった自分で居ようとすること自体が、

「力み」

を生みだすのです。

おそらくほとんどの場合、
最初はそれでいいのです。

「仕事ができるようになりたい」

「勉強ができるようになりたい」

「人気者になりたい」

そう思った初めのうちは、
たいていそれに近い結果が得られます。

ところがそれを続けているうちに、
うまくいかなくなってくる。

誰もが経験があるのではないでしょうか?

仕事の成果を求めれば求めるほどに、
家族との関係が悪くなったり、
身体をこわしてしまったり。

人間関係を良くしようと空気を読めば読むほどに、
自分自身がそこに居辛さを感じてしまったり。

「できる自分」で居続けようとすればするほど、
理想の自分からは離れて行ってしまうのです。

これは武術の修練をしていると、
常々感じさせられます。

ある瞬間にうまく技が掛かり、
良い感覚を感じられたとします。

ところがその感覚をもっと明確に感じようと技を繰り返すほどに、
その感覚は私の手をすり抜けていくのです。

なぜ上手くやろうとすればするほど、
思い通りにできなくなってくるのか。

どうすれば、
修練を上達に結び付けられるのか。

これは武術の修練を十数年続けている中で、
常々考えされられてきた問題でした。

その問題に対する一つの答えが、

「『できる自分』で居ることをやめる」

ということなのです。

これは本当に不思議だと思うのですが、
「できない自分」を受け入れた時に、
本当に肩の力が抜けます。

それは、

「できない自分」「できる自分」

という相対的な判断の世界から抜け出すということ。

別の言い方をすれば、

「視点を変える」

ということですね。

視点が変わることで初めて、
自分が自分に要求することが変わります。

頑張ってもうまくいかない時には、
うまくいかないやり方を自分に対して要求しているものなのです。

「『できる自分』で居ることをやめる

ということは、
それをやめるということ。

うまくいかないやり方を要求することをやめるから、
結果としてうまくいくようになるのです。

P.S.

もっと多くの方に来て頂いて、
より幅広く学べる環境。

さまざまな取り組みをされている人たちが、
「脱力」というキーワードで交流できる場所。

武颯塾大阪支部と神戸修練会を、
そんな場所にしていきたいと思っています。

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

修練参加でも、質問でも何でも結構です。

ピンとくるものがあれば、
遠慮なくメールをください。

musou-tensei@eurus.dti.ne.jp

楽しみにしております!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

太極拳において目指す身体の在り方が映像で見られます。

「太極拳・基本練功 第1巻 発勁体得 [DVD]」

「太極拳・基本練功 第2巻 内功推手 [DVD]」

「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

明石~神戸で鍼灸・整体の往診をご希望の方はこちら
musou-tensei@eurus.dti.ne.jp

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~


P.S.

もっと多くの方に来て頂いて,
より幅広く学べる環境。

さまざまな取り組みをされている人たちが、
「脱力」というキーワードで交流できる場所。

武颯塾大阪支部と神戸修練会を、
そんな場所にしていきたいと思っています。

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

修練参加でも、質問でも何でも結構です。

ピンとくるものがあれば、
遠慮なくメールをください。

musou-tensei@eurus.dti.ne.jp
楽しみにしております!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

太極拳において目指す身体の在り方が映像で見られます。

「太極拳・基本練功 第1巻 発勁体得 [DVD]」



「太極拳・基本練功 第2巻 内功推手 [DVD]」



「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

明石~神戸で鍼灸・整体の施術をご希望の方はこちら

大谷鍼灸整体

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です