現在のパターンから抜け出す

現在のパターンから抜け出す

先日参加してきた武颯塾本部道場での合宿修練。

そこでは普段大阪で組むことが出来ない、
師範代クラスの方と修練することが出来ました。

おかげでいくつもの学びがあったのですが、
その中でも大きなものとして、

「普段の修練が雑になっていた」

という気付きが挙げられます。

これがどういうことかを書く前に、
武颯拳の修練について簡単に説明します。

武颯拳の修練はまず師範に見本を見せて頂き、
それを見取って修練生同士で掛け合うというものです。

その時に最も重要になるのが、

「脱力」

であることは何度も書いてきました。

そして脱力して重力に逆らわない状態のことを、

「養体」

と呼んでいます。

つまり武颯拳における技の修練とは、

「いかにして養体のまま動けるか」

という修練だということが出来ます。

で、ここからが本題なのですが、
この「養体」の完成度によって技の出来不出来が変わります。

つまり、技を掛ける相手と比較して「養体」が出来ていれば、
多少師範の見せてくれた動きと違っていても技が掛かってしまうのです。

特に普段から修練している人が相手だと、

「どうやったら掛かりやすいか」

ということを感覚的に憶えてしまっている。

すると無意識のうちに、

「現在の延長線上の動き」

で技を掛けてしまうのです。

しかしこれでは、
師範の動きを見取ったことにはならない。

「現在の延長線上にない動き」

の修練にはなっていないのです。

そのことは頭では理解しているつもりでしたが、
今回の合宿で上手の人と組み、

「技が掛からない」

という状況になって改めて思い知らされたのです。

「現在の延長線上にない動き」

を修練しているはずなのにいつの間にか、

「パターン化された動き」

をしてしまっているのです。

これではいくら修練に参加しても、
上達はおぼつかない。

なぜなら本来的な意味での修練になっていないから。

「現在のパターンから抜け出す」

という目的から外れたことをしてしまっているから。

中途半端に体裁が整ってしまうことで、
逆に本質を見失ってしまいがちなのです。

これは仕事や勉強でも心当たりがあるのではないでしょうか。

ある程度出来ている、形になっていることほど、
それを改善しようという意欲は湧きにくい。

誰も平地に波瀾を起こしたくはないのです。

だからこそ今回の合宿のような、

「出来ない」

という経験が大切になってくる。

普通に考えればマイナスのイメージしかありませんが、

「現在のパターンから抜け出す」

という修練にとってはむしろ、
目的に近づくための必要条件でさえあるのです。

ミスや失敗、思い通りにいかないことは、
誰にでもあると思います。

でもそれは、
新しい世界への第一歩なのではないでしょうか。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

明石~神戸で鍼灸・整体の往診をご希望の方はこちら
musou-tensei@eurus.dti.ne.jp

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~


P.S.

もっと多くの方に来て頂いて,
より幅広く学べる環境。

さまざまな取り組みをされている人たちが、
「脱力」というキーワードで交流できる場所。

武颯塾大阪支部と神戸修練会を、
そんな場所にしていきたいと思っています。

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

修練参加でも、質問でも何でも結構です。

ピンとくるものがあれば、
遠慮なくメールをください。

musou-tensei@eurus.dti.ne.jp
楽しみにしております!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

太極拳において目指す身体の在り方が映像で見られます。

「太極拳・基本練功 第1巻 発勁体得 [DVD]」



「太極拳・基本練功 第2巻 内功推手 [DVD]」



「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

明石~神戸で鍼灸・整体の施術をご希望の方はこちら

大谷鍼灸整体

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です