「素直」であるということ

「素直」であるということ

昨日から小学校3年生の男の子が、
神戸修練会の修練に参加することになりました。

小学生と一緒に修練をするのはなんと10年ぶり!!

どうやって指導するか悩ましかったのですが、
そんな心配は全く必要ありませんでした。

付添いのお父さんも本人も「運動が苦手」と言っていたにもかかわらず、
いざやってみると驚くほどの理解力。

たった2時間の間にみるみる上達していく姿に、
目を瞠りました。

「脱力」という修練の性質からか、
大人でこれほどの呑み込みの早い方は見たことがありません。

私自身も含めてほとんどの方は、
どうしても「自分のやり方」でやろうとしてしまうからです。

師の教えどおりやらないのですから、
できなくて当然ですよね。

昨日来た男の子は、
本当に素直に身体を動かそうとしていました。

だからこそ、
上達するのです。

「素直」であるということが、
修練するうえで最も大切なことだということ。

そしてまた師範が常々言われている、

「武颯塾の修練は誰もが本来できることだから、
 それをできなくさせている何かを取り去れば良いだけ。
 だから、老若男女関係なく修練はできる。」

という言葉が真実であるということを実感できました。

貴重な経験が出来ていることに、
心からの感謝を。


P.S.

RESETSTYLEでは、
脱力を基本とする武術的身体トレーニングを行っています。

一般的な武道においてイメージされるような、
先輩後輩の上下関係は一切ありません。

ただただ合気や発勁を使えるようになるための、
身体コントロール技術を楽しく学ぶための場所です。

当然、直接殴ったり蹴ったりすることもなければ、
怖いと感じた動きを強制もしません。

ご自分の出来る範囲で、
無理なくトレーニングに参加することが出来ます。

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)へはコチラから

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

dreamasabutterfly@gmail.com

ご連絡、お待ちしております!!

参考書籍はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です