重み伝達修練(練気武颯拳基本修練その5)

重み伝達修練(練気武颯拳基本修練その5)

練気武颯拳の基本修練紹介、
今回の修練は、

「重み伝達」

です。

早速みてみましょう。

しっかりと立っている状態で差し出された相手の掌の上に、
脱力した手を載せます。

そしてそのまま、
ただただ力を抜いていきます。

もちろん、
相手に力を伝えるという意図は必要です。

意図が無ければ、
ただの腑抜けた手になってしまいますから。

ですが、腕の力で押し込んだり、
身体を前に傾けて体重を掛けたりはしません。

注意して見てほしいポイントは、
お互いの手の位置がほとんど動いていないという点です。

「手で押している」わけでなければ、
「手を押している」わけでもない。

立っている姿勢を変えないように、
相手に力が伝わるように、
ただただ力を抜くのです。

そうやって修練をしていると、
体の中に「流れ」を感じられるようになります。

この「流れ」が上手く伝わると、
相手は重心から動かされるのです。

練気武颯拳においては、
この「流れ」のことを「重み」と呼びます。

「筋力」からこの「重み」へと、
「力」の概念を変えてしまうこと。

それが、
練気武颯拳の修練における重要な目的の一つなのです。


P.S.

RESETSTYLEでは、
脱力を基本とする武術的身体トレーニングを行っています。

一般的な武道においてイメージされるような、
先輩後輩の上下関係は一切ありません。

ただただ合気や発勁を使えるようになるための、
身体コントロール技術を楽しく学ぶための場所です。

当然、直接殴ったり蹴ったりすることもなければ、
怖いと感じた動きを強制もしません。

ご自分の出来る範囲で、
無理なくトレーニングに参加することが出来ます。

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)へはコチラから

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

dreamasabutterfly@gmail.com

ご連絡、お待ちしております!!

参考書籍はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です