「力みによる実感」が「確固たる自分」をつくる

「力みによる実感」が「確固たる自分」をつくる

前回に引き続き、
「自我」と「力み」の関係について考えていきます。

少し振り返っておきますと、

「『自我』とは『思考』『感情』『感覚』が相互に影響し合って生まれたもの」

だと現時点では考えます。

ここで注意してほしいところは、
「思考」や「感情」は知覚された「情報」についての「反応」であることです。

それはつまり、
「思考」や「感情」だけでは『自我』は成立しえないということ。

なぜならあまりに多くの「情報(広い意味での)」が、
ただ生きているだけで知覚されるから。

仮に「思考」や「感情」だけが『自我』だとするとどうなるでしょう?

言うこと為すことがめまぐるしく変わりすぎて、
「私が私である」と言える根拠が形づくられません。

そこで、「感覚」の出番なのです。

「思考」や「感情」がある種の「感覚」とリンクすることで、
まとまったものとして定着しやすくなる。

そこではじめて、
「私が私である」と言える根拠になるのです。

ところが、
先ほども言ったように「情報」があまりにも多いため、

普通の「五感」とリンクするだけでは、
「思考」や「感情」は根拠と言えるほどには定着しないのです。

ずっと同じものを観ているわけでも、
同じものを聴いているわけでもないのですから。

では、外部からの「感覚」ではなく、
自分で作り出せる内部からの「感覚」とリンクさせるとどうでしょう?

こうすると、
時と場所を選ばず感じることができるようになります。

「私が私である」と。

これは便利だと思いませんか?

外部からの情報によって影響される「移ろいやすい自分」ではなく、
自分で自分を定義できる「確固たる自分」になれるわけです。

そんな素晴らしい魔法の「感覚」(と思ってしまうもの)こそが、

「力みによる実感」

なのです。

(以下、次回へ右矢印

P.S.

RESETSTYLEでは、
脱力を基本とする武術的身体トレーニングを行っています。

一般的な武道においてイメージされるような、
先輩後輩の上下関係は一切ありません。

ただただ合気や発勁を使えるようになるための、
身体コントロール技術を楽しく学ぶための場所です。

当然、直接殴ったり蹴ったりすることもなければ、
怖いと感じた動きを強制もしません。

ご自分の出来る範囲で、
無理なくトレーニングに参加することが出来ます。

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)へはコチラから

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

dreamasabutterfly@gmail.com

ご連絡、お待ちしております!!

参考書籍はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です