「力み」によって得られるもの(続・人はなぜ「力む」のか?)

「力み」によって得られるもの(続・人はなぜ「力む」のか?)

「そもそも、なぜ人は力んだ不合理な動きをしてしまうのか?」

練気武颯拳を修練するうえで、
避けては通れない疑問です。

この疑問を解くためには、

「力むことで、一体何を得ているのか?」

について考える必要があります。

脱力修練をしたことのない人にとっても、
「力みを取る」「肩の力を抜く」ことの効果は理解できると思います。

それでもなお力んでしまうのは、
力むことで「何か」を得ているからなのです。

そしてその「何か」は、
ほとんどすべての人にとって、
かけがえのないくらい大切なものなのだということ。

脱力して目を瞠るほどのプレーをしたり、
達人のような技をかけること。

あるいはリラックスして居心地の良い人間関係を築いたり、
誰もが驚くような仕事の成果をあげること。

それよりも優先されるべき「何か」を得られるからこそ、
人は力んでしまうのです。

素晴らしいパフォーマンスや清々しい気分。
それらを犠牲にしてまで得たい「何か」とは?

…あまり引っ張っても仕方がないので、
サラッと言っちゃいます(笑)

その「何か」とは、
「実感」のことなのです。

こう書いてしまうと、
ほとんどの人は拍子抜けしてしまうかもしれません。

「私はそのようなものよりも、結果を求めている」
とおっしゃるのではないでしょうか。

しかし、それでも断言してしまいます。
「ほとんどの人は、実感を得ることを、何よりも優先してしまう」と。

次回はそのあたりについて考えていきます。

(以下、次回へ右矢印

P.S.

RESETSTYLEでは、
脱力を基本とする武術的身体トレーニングを行っています。

一般的な武道においてイメージされるような、
先輩後輩の上下関係は一切ありません。

ただただ合気や発勁を使えるようになるための、
身体コントロール技術を楽しく学ぶための場所です。

当然、直接殴ったり蹴ったりすることもなければ、
怖いと感じた動きを強制もしません。

ご自分の出来る範囲で、
無理なくトレーニングに参加することが出来ます。

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)へはコチラから

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

dreamasabutterfly@gmail.com

ご連絡、お待ちしております!!

参考書籍はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です