人はなぜ「力む」のか?

人はなぜ「力む」のか?

練気武颯拳の修練を続けていると、
数多くの疑問に突き当たります。

それらを師範に尋ねると、
ほとんどの場合は丁寧に教えて頂けます。

ところが質問によっては、
「あえて答えは言わない」という場合があります。

今回はそんな疑問の一つである、

「そもそも、なぜ人は力んだ不合理な動きをしてしまうのか?」

について考えてみます。

練気武颯拳で教わる「脱力」による合理的身体運動は、
そもそも本来誰もができるものであり、

それを妨げている不要な「力み」を取り除けば、
今すぐにでも「達人」になれるはずなのです。

ところが、現実はそんなに簡単ではありません。

力を抜いて技を掛けようとしても、
様々な「思い」が湧き上がってきて力んでしまう。

今日は上手く掛かったと思っても、
あくる日には全然上手く掛からない。

修練生の方なら、皆さんが感じておられることでしょう。

脱力が合理的な身体運動を生み出すということについては、
私の10年ちょっと程度の修練期間でさえ経験済みなのに。

力を抜いたほうが、楽に、しかも上手くいく。

それにもかかわらず、力んでしまう。

誰に教えられたわけでもないのに。

なぜなのでしょう?

ここにはきっと、自分では意識していない、
大きな「理由」があるはずなのです。

(以下、次回へ右矢印


P.S.

RESETSTYLEでは、
脱力を基本とする武術的身体トレーニングを行っています。

一般的な武道においてイメージされるような、
先輩後輩の上下関係は一切ありません。

ただただ合気や発勁を使えるようになるための、
身体コントロール技術を楽しく学ぶための場所です。

当然、直接殴ったり蹴ったりすることもなければ、
怖いと感じた動きを強制もしません。

ご自分の出来る範囲で、
無理なくトレーニングに参加することが出来ます。

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)へはコチラから

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

dreamasabutterfly@gmail.com

ご連絡、お待ちしております!!

参考書籍はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です