痛いけれど、なんか笑える

痛いけれど、なんか笑える
修練日誌が途中ですが、
ちょっとした出来事が続いたので、
今日はそれを書きます。

とりあえず昨日、
膝をねじってしまいました。

身体を緩めようとして、
気持ちまで緩んでしまったようです。

修練が足りてないということでしょう。

お医者さんによると、
「前十字靭帯損傷」「内側側副靭帯損傷」
だろうとのこと。

確定診断は、
木曜日のMRI画像によって下すそうです。

パンパンに腫れた膝から血が抜かれるのは、
気分のいいものではないですね。

昨晩は痛みでほとんど眠れませんでした。
痛くない姿勢は他の所に負担が大きいのです。

人の体というのは、
微妙なバランスの上に成り立っているのですね。

…とまあ、痛いことは痛いのですが、
そこになんとなく可笑しさを感じてもいて、不思議な気分です。

私事ばかりで大変恐縮ですが、

つい先月は、帯状疱疹で痛かったですし、
先々月は歯茎がひどく腫れて眠れませんでした。

15年以上使っていたお気に入りの茶碗は割れてしまうし、
ここのところ立て続けにいろいろある感じです。

自分自身の中でマイナス(と思われる)面に、
意識の焦点が当たっているのかもしれません。

ただ、良いことも沢山あるのです。

新しい身体の感覚に気づいたり、
今までの自分のパラダイムを発見したり、
素晴らしいブログに出会えたり…。

最近では、とても身近な人が修練会に参加してくれるようになりました。
しかも、友達にも声を掛けてくれたとのこと。

これには感激して涙目になりました(笑)

そんな感じで、なんかこう、アップダウンが激しいなと。

ってなことをつらつらと考えていると、
痛みの中に可笑しさがこみ上げてくるんですね。

修練は早く始めたいのですが、
まあ、のんびりと治すことにします。

P.S.

RESETSTYLEでは、
脱力を基本とする武術的身体トレーニングを行っています。

一般的な武道においてイメージされるような、
先輩後輩の上下関係は一切ありません。

ただただ合気や発勁を使えるようになるための、
身体コントロール技術を楽しく学ぶための場所です。

当然、直接殴ったり蹴ったりすることもなければ、
怖いと感じた動きを強制もしません。

ご自分の出来る範囲で、
無理なくトレーニングに参加することが出来ます。

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)へはコチラから

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

dreamasabutterfly@gmail.com

ご連絡、お待ちしております!!

参考書籍はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です