脱力トレーニング 腕相撲

 

修練生に、

「腕相撲とか強いですか?」

なんて聞かれたから、

何年か振りにやってみた。

 

 

やってみて分かったことは、

アームレスリングだとルール違反になっちゃうw

私の技術レベルでは肘が動いてしまうから。

ただ、この細い腕で普通に筋力で頑張るのとは、

違うチカラを使えるなって思った。

 

 

動画で見て欲しいポイントは、

相手の腕と肩の位置関係はほとんど変わってないこと。

これは、私が相手の手を動かそうとしていないから。

相手は私の手を動かそうとしてるけど、

私は相手をカラダごと転がそうとしている。

だから、相手の手と肩の位置関係が変化しない。

 

普通の腕相撲だと、

負ける側の手が動かされる。

お互いに相手の手の甲を台に付けようとするから、

当然といえば当然。

ただ、組んでみると、

カラダがそうは動きたがらない。

それだと技が掛からないことを、

体感で分かってるから。

自分の重心を動かすことで、

相手の重心を崩す。

そうやって意識すれば、

腕相撲さえも脱力トレーニングになる。

 

 

P.S.

もっと多くの方に来て頂いて,
より幅広く学べる環境。

さまざまな取り組みをされている人たちが、
「脱力」というキーワードで交流できる場所。

武颯塾大阪支部とRESETSTYLEを、
そんな場所にしていきたいと思っています。

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)へはコチラから

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

修練参加でも、質問でも何でも結構です。

ピンとくるものがあれば、
遠慮なくメールをください。

dreamasabutterfly@gmail.com
楽しみにしております!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

太極拳において目指す身体の在り方が映像で見られます。

「太極拳・基本練功 第1巻 発勁体得 [DVD]」



「太極拳・基本練功 第2巻 内功推手 [DVD]」



「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)

明石~神戸で鍼灸・整体の施術をご希望の方はこちら

大谷鍼灸整体

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

スポンサードリンク

脱力トレーニング モノと同じように腕を動かす

 

「モノをうまく使うコツは、

自分のカラダの延長として動かすこと」

というようなことを、

以前に師範から言われたことがある。

別に師範からじゃなくても、

同じような話は聞いたことがあるかもしれない。

例えばお箸。

違う文化の人から見れば、

「なんて難しいことをやってるんだ‼︎」

って言われることだけど、

私たちにとっては使えることが当たり前。

それは、手や指の延長として使う感覚があるから。

 

 

野球やテニス、ゴルフなんかでは、

「腰で振れ」と言われる。

腕の力だけで振ってしまうと、

「手打ちになってる」とかなんとか指導される。

バットやラケット、クラブなどが、

腕じゃなくて腰で振るものだということは、

スポーツをやってればみんな知ってる。

 

 

逆説的に考えてみよう。

お箸が手や指の延長だとしたら、

バットやラケット、クラブは腕の延長と言えるよね。

で、その腕の延長を振る時には、

腕じゃなくて腰で振った方が良いことは、

みんなの共通認識だった。

じゃあ、腕自体を振るとしたら、

どこで振ったら良いのだろうか?

そう、腰で振ったら良い。

 

さて。

例えとして分かりやすいから、

バットなどのスイングの話をしたけど、

別に振るという動作に限った話じゃない。

腕を動かすこと全てにおいて、

腕を腕で動かすことは、

運動力学的に不合理なんだ。

つまり冒頭のセリフをひっくり返して、

「腕を上手く使うコツは、

モノと同じように動かすこと」

とも言えるってわけ。

面白いよね。

 

 

P.S.

もっと多くの方に来て頂いて,
より幅広く学べる環境。

さまざまな取り組みをされている人たちが、
「脱力」というキーワードで交流できる場所。

武颯塾大阪支部とRESETSTYLEを、
そんな場所にしていきたいと思っています。

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)へはコチラから

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

修練参加でも、質問でも何でも結構です。

ピンとくるものがあれば、
遠慮なくメールをください。

dreamasabutterfly@gmail.com
楽しみにしております!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

太極拳において目指す身体の在り方が映像で見られます。

「太極拳・基本練功 第1巻 発勁体得 [DVD]」



「太極拳・基本練功 第2巻 内功推手 [DVD]」



「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)

明石~神戸で鍼灸・整体の施術をご希望の方はこちら

大谷鍼灸整体

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

スポンサードリンク

脱力トレーニング 2本の足で立つ

 

学生時代から武術をやってるけど、

蹴り技はずっと苦手だった。

中学、高校とサッカーをしてきたにもかかわらず。

だから突きの修練は繰り返しやったけど、

蹴りの修練はサッパリ。

今思えば、本当に何も分かってなかったと思う。

 

 

武術の世界には、

「立ち3年」という言葉がある。

ちゃんと立てるまでに3年の修練がいるって事。

それだけ、立つことは難しい。

物が安定して立つためには、

最低3点で支えなきゃならない。

にもかかかわらず、

人は2点の支えで立っている。

なるほど、難しいわけだ。

 

 

そこで、蹴り技の修練が役に立つ。

ちゃんと蹴れるということは、

足に体重を正確に載せられるということ。

しかも蹴り技は基本的に片足立ちになる。

1本の脚でカラダを支えながら、

もう一本の脚を自在に扱う。

2本脚で立つことよりも、

さらにハードルを上げてるわけ。

そんな蹴り技の修練は、

そのまま立つことの上達へとつなげられる。

 

繰り返しになるけど、

2本脚で立つことは本来、

とても高度な技術。

多くの人は普通に立っているから、

そんなこと考えもしないけど、

立つことの上手い下手には大きな差がある。

うまく立てるようになれば、

その分だけ立って行うことすべてが上手くなる。

立って行うことすべてが楽になる。

立って行う、ありとあらゆることが。

 

立ち方、学んでみない?

 

 

P.S.

もっと多くの方に来て頂いて,
より幅広く学べる環境。

さまざまな取り組みをされている人たちが、
「脱力」というキーワードで交流できる場所。

武颯塾大阪支部とRESETSTYLEを、
そんな場所にしていきたいと思っています。

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)へはコチラから

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

修練参加でも、質問でも何でも結構です。

ピンとくるものがあれば、
遠慮なくメールをください。

dreamasabutterfly@gmail.com
楽しみにしております!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

太極拳において目指す身体の在り方が映像で見られます。

「太極拳・基本練功 第1巻 発勁体得 [DVD]」



「太極拳・基本練功 第2巻 内功推手 [DVD]」



「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)

明石~神戸で鍼灸・整体の施術をご希望の方はこちら

大谷鍼灸整体

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

スポンサードリンク

脱力トレーニング 下段蹴り

 

腕はどこからが腕なのだろう。

脚はどこからが脚なのだろう。

そのあたりの感覚が曖昧になってきた気がする。

 

 

解剖学的には、肩関節から先が腕だし、

股関節から先が脚なのは間違いない。

それは人である限り、

誰に対しても当てはまる定義。

ただ、「腕や脚をどこから動かすのか?」

という機能的側面から見たときには、

人によって大きな違いがある。

 

 

脚に限って言えば、

膝から下を脚だと勘違いしている人は多い。

膝を動かすことが、

イコール脚を動かすことだと思っている。

そんな自覚はないままに。

もちろん脚を動かすにあたって、

膝が重要な役割を果たすのは間違いない。

ただそれは、

足先へと流れる力の方向を転換するため。

決して膝の曲げ伸ばしが力の発生源ではない。

 

動画では、

脚を相手の太腿に付けた状態から、

力を伝えている。

この形で筋力を使って膝を伸ばそうとすれば、

自分が後ろに動いてしまう。

おヘソあたりの動きを脚に伝えることで、

相手からの反発の少ない力を加えている。

コツは、蹴り足を徹底的に脱力すること。

本当に、ただ置いてるだけ。

強く蹴りたければ、決して蹴らない。

面白いよね。

 

P.S.

もっと多くの方に来て頂いて,
より幅広く学べる環境。

さまざまな取り組みをされている人たちが、
「脱力」というキーワードで交流できる場所。

武颯塾大阪支部とRESETSTYLEを、
そんな場所にしていきたいと思っています。

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)へはコチラから

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

修練参加でも、質問でも何でも結構です。

ピンとくるものがあれば、
遠慮なくメールをください。

dreamasabutterfly@gmail.com
楽しみにしております!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

太極拳において目指す身体の在り方が映像で見られます。

「太極拳・基本練功 第1巻 発勁体得 [DVD]」



「太極拳・基本練功 第2巻 内功推手 [DVD]」



「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)

明石~神戸で鍼灸・整体の施術をご希望の方はこちら

大谷鍼灸整体

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

スポンサードリンク

とにかくカラダを鍛えてみよう

 

「修練は裏切らない」

昔、師範に言われた言葉。

今、その意味をより強く感じている。

 

 

「努力を続けられるのも才能」

もちろんそういう気持ちもわかる。

武術をやりだしてしばらく経つまで、

自分もそう思っていた。

でも、今は違うと思う。

努力という投資に対して、

正当な報酬が得られるという実感の有無。

その実感があることで、

努力は楽しいものになる。

それが、続けられる人とそうじゃない人の、

一番の違いじゃないかな。

 

 

だから、何をやっても続かないという人は、

まずはカラダを鍛えれば良い。

他のいろんな物事と違って、

カラダは鍛えたぶんだけ強くなる。

出来ないと思っていたことが、

いつの間にか出来るようになる。

その変化をハッキリと感じやすいから、

鍛えること自体が楽しくなる。

一度その、努力自体が楽しくなる感覚を覚えれば、

それは他のことにも応用がきく。

部活ばっかり頑張ってた同級生が、

引退後に猛勉強して成績を大きくupさせるのも、

こうやって考えれば納得がいくよね。

 

ただ、カラダは鍛えた通りに変わるので、

どうなりたいかという目的と、

そのための正しいやり方は必要だ。

この2つが揃わないと、

せっかくの努力が望まないカタチになってしまう。

筋肉ムキムキのマッチョになりたいのに、

脱力トレーニングをしてもしょうがないw

ただ、自分のカラダを最大限有効活用したければ、

ぜひ一度来て欲しい。

きっと役に立てると思うから。

 

 

P.S.

もっと多くの方に来て頂いて,
より幅広く学べる環境。

さまざまな取り組みをされている人たちが、
「脱力」というキーワードで交流できる場所。

武颯塾大阪支部とRESETSTYLEを、
そんな場所にしていきたいと思っています。

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)へはコチラから

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

修練参加でも、質問でも何でも結構です。

ピンとくるものがあれば、
遠慮なくメールをください。

dreamasabutterfly@gmail.com
楽しみにしております!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

太極拳において目指す身体の在り方が映像で見られます。

「太極拳・基本練功 第1巻 発勁体得 [DVD]」



「太極拳・基本練功 第2巻 内功推手 [DVD]」



「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)

明石~神戸で鍼灸・整体の施術をご希望の方はこちら

大谷鍼灸整体

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

スポンサードリンク

脱力トレーニング 上虚下実 胴上げ

 

「我思わざるところに我あり」

これはデカルトの有名な言葉に対する、

島田明徳宗師範の言葉。

一見、ちょっとひねっただけに見えるけど、

脱力トレーニングを重ねるにつれて、

なるほどと思うことが増えた。

 

 

意識の主体としての自分をどこに置くのかで、

ものの見え方や感じ方は大きく変わる。

さらには自分の見られ方や、

カラダの状態にも影響する。

そんなココロとカラダの関係を、

体感を通して物理的に学べる。

それが脱力トレーニングの良いところ。

 

 

動画では、胴を抱えて持ち上げられたところから、

体幹を脱力させることで、

意識の主体を下半身へと移動させている。

この自分が下半身にいる状態のことを、

太極拳では上虚下実といって、

トレーニングにおける重要なポイントとしている。

 

普通はこうやって持ち上げられると、

「持ち上げられている自分」だけになる。

するとどうやって降りれば良いか分からない。

けれど、「持ち上げられている自分」以外の、

思わざるところにある自分に気付ければ、

意外と簡単に降りていける。

 

もちろん、カラダの使い方に限った話じゃない。

思わざるところにある自分に気付くことで、

今まで見えなかった選択肢が見えてくる。

脱力トレーニングを、

自分の可能性を広げるキッカケにしてもらえるといいな。

 

 

P.S.

もっと多くの方に来て頂いて,
より幅広く学べる環境。

さまざまな取り組みをされている人たちが、
「脱力」というキーワードで交流できる場所。

武颯塾大阪支部とRESETSTYLEを、
そんな場所にしていきたいと思っています。

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)へはコチラから

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

修練参加でも、質問でも何でも結構です。

ピンとくるものがあれば、
遠慮なくメールをください。

dreamasabutterfly@gmail.com
楽しみにしております!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

太極拳において目指す身体の在り方が映像で見られます。

「太極拳・基本練功 第1巻 発勁体得 [DVD]」



「太極拳・基本練功 第2巻 内功推手 [DVD]」



「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)

明石~神戸で鍼灸・整体の施術をご希望の方はこちら

大谷鍼灸整体

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

スポンサードリンク

脱力トレーニング 刺激と自分を切り離す

 

東京本部道場での2泊3日の合宿に参加してきた。

ただひたすら修練するだけの3日間。

修練以外の時間は休息を取るだけという、

本当に幸せな時間を過ごした。

 

 

合宿での食事の時間に誰かが言っていた。

何もしていない自分と、

相手に圧を掛けられた自分との「差」を意識する事で、

修練の理解が進んだと。

これはとても大切なことを言っていると思う。

普通に生活をしていると、

刺激に対する反応だけが自分だと勘違いしてしまう。

刺激に対する反応と、それ以外の部分。

その差を意識することで、

まずは刺激と自分を切り離す。

そして反応してない部分に自分を置く。

それによって、

身体的にも精神的にも自由な状態を手に入れることが、

武術の修練だと考えている。

 

 

動画では、掴まれた腕を相手ごと落としている。

腕を引っ張ろうとすれば、

逆に自分が持ち上げられてしまう。

これも掴まれているという刺激から、

いかに自分を切り離せるかが重要。

掴まれている腕ではなく、

自由な体幹部分に自分を置くことで、

相手に阻害されずに動ける。

結果、相手には予想以上の力が伝わり、

大きく崩すことができる。

 

P.S.

もっと多くの方に来て頂いて,
より幅広く学べる環境。

さまざまな取り組みをされている人たちが、
「脱力」というキーワードで交流できる場所。

武颯塾大阪支部とRESETSTYLEを、
そんな場所にしていきたいと思っています。

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)へはコチラから

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

修練参加でも、質問でも何でも結構です。

ピンとくるものがあれば、
遠慮なくメールをください。

dreamasabutterfly@gmail.com
楽しみにしております!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

太極拳において目指す身体の在り方が映像で見られます。

「太極拳・基本練功 第1巻 発勁体得 [DVD]」



「太極拳・基本練功 第2巻 内功推手 [DVD]」



「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)

明石~神戸で鍼灸・整体の施術をご希望の方はこちら

大谷鍼灸整体

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

スポンサードリンク

脱力トレーニング 回旋脚 半座位

 

コミュ障、なんて言葉を聞くたびに、

ああ、俺のこと言ってるんだって思うw

ただ最近、何が問題なのかが分かってきた。

答えは2つ。

「自分勝手」と「自分がない」。

 

 

自分のコミュニケーションにおける最初の問題は、

相手に対する執着にあったと思う。

相手にアレコレと求めすぎてしまうわけ。

これは自分がないから起きる症状。

で、ある時それがうまくいかないと気づいたら、

今度は相手との関係性を切り離してしまう。

私は私、あなたはあなた。

お互い自分勝手にやりましょう。

何か問題ある?

というスタンスで生きるようになった。

 

 

武術を何年もやって気がついた。

残念ながら問題は大ありだった。

コミュニケーションにおける問題は、

武術で技が掛からない理由と全く同じだから。

筋力で必死になって相手を動かそうとするか、

相手を無視して自分だけで動くか。

出来ない理由は大抵このどちらか。

ということは、

その逆をやればうまくいく。

相手と一緒に、自分が動く。

 

動画では、立膝で片足を持たれた所から、

回転しながら相手を動かしている。

重みの乗った回し蹴りの準備練習だ。

この体勢で必死に相手を動かそうとしても、

余程の体力差がない限り無理。

とてもじゃないが力が入らない。

考えるべきは、

どう動けば相手が動いてしまうか。

相手が一緒に動くように自分が動く。

武術で学ぶのは、

言葉じゃなく身体で行うコミュニケーション。

 

 

P.S.

もっと多くの方に来て頂いて,
より幅広く学べる環境。

さまざまな取り組みをされている人たちが、
「脱力」というキーワードで交流できる場所。

武颯塾大阪支部とRESETSTYLEを、
そんな場所にしていきたいと思っています。

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)へはコチラから

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

修練参加でも、質問でも何でも結構です。

ピンとくるものがあれば、
遠慮なくメールをください。

dreamasabutterfly@gmail.com
楽しみにしております!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

太極拳において目指す身体の在り方が映像で見られます。

「太極拳・基本練功 第1巻 発勁体得 [DVD]」



「太極拳・基本練功 第2巻 内功推手 [DVD]」



「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)

明石~神戸で鍼灸・整体の施術をご希望の方はこちら

大谷鍼灸整体

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

スポンサードリンク

脱力トレーニング 脚から揺れを伝える

 

刑事ドラマなんかで、

犯人が逮捕されるシーン。

刑事が犯人の腕をおさえて手錠を掛けただけで、

なぜか大人しく捕まってしまう。

リビングでテレビを見てるぶんには、

「そんな簡単に動けなくなったりしないよ!」

なんて思うよね?

でも実際にはほとんどの人が、

多かれ少なかれこの犯人と同じことをしている。

 

 

客観的に見ると、

余程の実力差がない限り、

腕をおさえられても身体は動く。

にもかかわらず、

身動き取れなくなってしまう人が、

かなりの割合でいる。

それは、

刺激に対する反応が自分の全てになってしまうから。

この場合だと、

おさえられた腕=自分だと勘違いしてしまう。

そして、腕を必死に動かそうとする。

腕以外の全身を硬直させながら。

 

 

動画では、お互い四つ這いで並んで、

脚から揺れを伝えて相手を動かしている。

犬のションベンみたいなカタチだねw

ポイントは、いかに足で蹴らないでやるか。

足裏で相手と触れているため、

どうしてもそこで蹴りたくなってしまう。

でも蹴ろうとすると、

相手の方が安定したカタチなので、

逆に跳ね返されてしまう。

蹴り足以外を効果的に使うことで、

自分の体重を最大限活用できる。

 

刺激に対する反応が自分の全てになる現象は、

身体だけの問題じゃない。

思い通りにいかなくて腹が立つことや、

逆に思いもよらない嬉しいこと。

そんな心の反応も自分だけど、

それが自分の全てじゃない。

むしろ、

それ以外の今まで見えなかった所に、

大部分の自分がいる。

そんなことに気づかせてくれるのも、

脱力トレーニングのいい所だと思う。

 

 

P.S.

もっと多くの方に来て頂いて,
より幅広く学べる環境。

さまざまな取り組みをされている人たちが、
「脱力」というキーワードで交流できる場所。

武颯塾大阪支部とRESETSTYLEを、
そんな場所にしていきたいと思っています。

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)へはコチラから

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

修練参加でも、質問でも何でも結構です。

ピンとくるものがあれば、
遠慮なくメールをください。

dreamasabutterfly@gmail.com
楽しみにしております!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

太極拳において目指す身体の在り方が映像で見られます。

「太極拳・基本練功 第1巻 発勁体得 [DVD]」



「太極拳・基本練功 第2巻 内功推手 [DVD]」



「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)

明石~神戸で鍼灸・整体の施術をご希望の方はこちら

大谷鍼灸整体

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

スポンサードリンク

脱力トレーニング 心と身体を分離させる

 

脱力トレーニングは、

身体のトレーニングであると同時に、

意識のトレーニングでもある。

意識の使い方で身体が変わることを、

様々なカタチで体験する。

 

 

師範の言葉に、

「心身一如とは言うけれど、

まずは心と身体を分離させることを覚える。」

というものがある。

普通は悪い意味で、

心と身体が癒着している。

心が刺激に過剰に反応して身体を緊張させる。

刺激がなくなった後も、

身体の緊張が心を固く縛ってしまう。

そこでまずは心と身体を切り離して、

リラックスした身体を取り戻すトレーニングをする。

 

 

動画では、

二人に脇の下から手を入れて、

身体を持ち上げてもらっている。

それに対して肋骨と骨盤を分離させる事で、

重心への影響を少なくして、

持ち上がりにくい身体で受け止めている。

 

肋骨と骨盤の分離は、

言い換えれば上半身と下半身の分離とも言える。

相手は脇という上半身の一部に刺激を加えるが、

自分は分離した下半身に意識を置く。

刺激と自分の意識をうまく切り離せると、

刺激に対して過剰に反応することを減らせる。

身体がリラックスして安定する感覚を、

信じられるようになってくる。

 

心は刺激に反応してても、

身体はリラックスして安定してる。

だから安心して心を身体に任せられる。

まずはそんな自分でありたい。

 

 

P.S.

もっと多くの方に来て頂いて,
より幅広く学べる環境。

さまざまな取り組みをされている人たちが、
「脱力」というキーワードで交流できる場所。

武颯塾大阪支部とRESETSTYLEを、
そんな場所にしていきたいと思っています。

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)へはコチラから

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

修練参加でも、質問でも何でも結構です。

ピンとくるものがあれば、
遠慮なくメールをください。

dreamasabutterfly@gmail.com
楽しみにしております!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

太極拳において目指す身体の在り方が映像で見られます。

「太極拳・基本練功 第1巻 発勁体得 [DVD]」



「太極拳・基本練功 第2巻 内功推手 [DVD]」



「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

RESETSTYLE(旧武颯塾神戸修練会)

明石~神戸で鍼灸・整体の施術をご希望の方はこちら

大谷鍼灸整体

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

スポンサードリンク