「武医同源」

こんにちは、ワタルです。

今日は武術と整体の共通点について書きます。

私が修練している武術は、

「練気武颯拳」

「陳式太極拳」

の二つです。

元々の源流が同じなので、
別々の修練をしているという感覚はありませんが。

これらはいずれも、

「脱力」

をメインテーマとして修練します。

具体的にはある姿勢や動作において、

「負荷をかけられた状態で力を抜く」

という修練を主に行います。

今の自分が使っている力を抜くことで、
身体が本来持っている動きを引き出そうというわけです。

そしてこれは、
少しやり方を変えればそのまま整体になるのです。

なぜなら整体の目的も、

「身体が本来持っている動きを引き出す」

というところにあるから。

武術においては負荷をかけながらやることを、
整体においては補助しながら行う。

要はアプローチの方法が違うだけなのです。

実際武術の指導をするときは、
動きを後ろから補助してあげることも多い。

補助しながら、
身体が本来動きたい方向に動かしてあげるのです。

これってよく考えれば、
整体そのものなのですね。

だから武術の指導ができるということは、
イコール整体も出来るということ。

「肩の力を抜く」

ということ一つを例に取っても、
負荷をかければ武術の修練になるし、
補助してあげれば肩こりの治療になる。

そういう意味において、
武術と整体は表裏一体なのです。

まさに、

「武医同源」

というわけですね。

$~脱力の極意を求めて~-sinkyuuseitai

前十字靭帯断裂1周年!!

そう言えば。

明日、10月17日は、

「アンハッピートライアド受傷」

1stアニバーサリーです。

パチパチパチw

ちなみにアンハッピートライアドとは、

・前十字靭帯断裂

・内側側副靭帯損傷

・内側半月板損傷

を、

「同時併発」

することです。

字面だけ見てもわかると思いますが、

「痛い」

ですよ。

さらにそれが後輩との修練中に起きたとあっては、

「ココロまで痛い」

ですw

今も脱力を理解できたとは言いませんが、
当時は完全に勘違いしていました。

その結果として、
このようなケガをしてしまったのですね。

修練の内容も私自身で決めたものなので、
完全に自業自得としか言いようがないこのケガ。

(※修練に参加してくれている人はわかるのですが、
今はケガをするような修練は行っておりません、念のため)。

このケガのおかげで1年間、
本当にたくさんのことを学べました。

特に日常生活に支障はないのですが、
長距離を走ったり馬歩という空気イスみたいなことをやると、
機嫌が悪くなることがあります。

また、太極拳を低い姿勢で行うと、
調子が良くなかったりもします。

それをケガのせいにするのは簡単なのですが、
修練をしていると少し違った視点を持つことが出来ます。

それは、

「痛みが出る時と出ない時の違いは何か?」

を考える視点です。

日常生活で痛みを感じない以上、
何かの負荷がかかった時に痛むことは間違いありません。

ですが、走ったり太極拳の練習をしたら、
必ず痛くなるわけでもないのです。

同じような運動をしても、
痛い時と痛くない時があるのです。

そこにはどのような差があるのか?

私自身はその差を、

「足首や股関節、腹背の脱力度合」

だと感じています。

この脱力度合が進んでいる時は膝への負担が少なく、
逆に力みがちな時は負担が大きいのです。

理屈は少し考えればわかります。

体重を支えるクッションの役割を、
膝がメインで行うのか、
股関節がメインで行うのか。

それによって膝への負担が変わるのは、
当然のことですよね。

だから、同じ太極拳を行うにしても、

「膝から動く」

動きと、

「股関節から動く」

動きでは、
膝に対する効果は全く逆のものになるのです。

膝から動くことを何度も練習すれば、
膝への負担が増えるばかり。

膝の調子が悪い人に、
太ももの前面を鍛えるように勧めるリハビリもありますが、
これも膝への負担を増やす危険性があります。

そうではなく、
足首や股関節、腹背を緩めて使うことで、
膝への負担そのものを減らす。

この考え方が重要なのです。

そのためには、
身体の使い方を変えていく必要があるのですが、
それは、

「~をすればいい」

というような単純なものではありません。

先ほど書いたように、
同じ太極拳を行うにしても、
膝から動くのと股関節から動くのでは、
全く逆の効果になるからです。

ですからまず、
身体についての基本的な考え方を知らなければなりません。

そしてその知識に基づいて、
習慣を変えるトレーニングを行うのです。

今のあなたの不調は、
今までのあなたが作り出したもの。

身体の不調は、
変化を促すサインなのです。

ですからそのサインを信じて、
勇気を出して変わりましょう。

脱力修練は、
きっとそのお役にたてると思います。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

太極拳において目指す身体の在り方が映像で見られます。
「太極拳・基本練功 第1巻 発勁体得 [DVD]」

「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

明石~神戸で鍼灸・整体の往診をご希望の方はこちら
musou-tensei@eurus.dti.ne.jp

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

「膝」「膀胱」「大腸」「胃」「耳」

こんにちは、ワタルです。

先ほど、隔週で治療に来られている2名の女性が、
お帰りになりました。

一人は70代後半、
もう一人は70代前半なのですが、
とってもお元気。

もう、70代は「お年寄り」ではありませんね。

そういった言葉では括ることができない、

「バイタリティー」

を感じさせられます。

ただ、物質としての身体は消耗品でもあるので、
それなりに傷んでくる部分はあります。

今日の場合は、

「膝」

「膀胱」

「大腸」

「胃」

「耳」

が主な治療ポイントでした。

季節の変わり目で気温の変化が大きく、
身体はストレスを受けやすい時期です。

前回来られた時よりも、
お二人とも状態は良くないように感じました。

特に気になったのが、
上記の中では「膀胱」です。

お二人とも共通して状態が悪くなっていたのが、
この「膀胱」でしたので。

ここの調子が悪くなると、
お尻や膝、ふくらはぎに問題がでやすくなります。

臀筋が原因のギックリ腰膝の痛み
こむら返りが典型的な例です。

お一人は慢性的な膝の痛みをお持ちなのですが、
もう一人も案の定、ふくらはぎがかなり固くなっていました。

おそらく何も処置をしなければ、
近いうちにこむら返りで目が覚めることになっていたと思うくらい。

というわけで今日の治療においては、
時間をかけて下腹部の施術を行いました。

鍼を打ち、ローラー鍼で刺激し、お灸で温める。

このように丁寧な施術が出来るところが、
自費治療のメリットですよね。

もちろん整骨院で働いていたこともありますので、
保険治療のありがたみも理解しています。

ただ、保険治療のシステムではできないことが、
確かにあるのです。

特に内臓を中心として身体全体をケアすることは、
保険治療では非常に困難です。

ですから、そこは目的に応じて、
使い分けてもらえればいいと思うのです。

私としては先ほど挙げた、

「膝」

「膀胱」

「大腸」

「胃」

「耳」

の慢性的な不調は、
時間をかけたきめ細やかな対応が必要だと感じています。

上記の症状でお悩みでしたら、
鍼灸治療を選択肢の一つとして、
考えてみて下さいね。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

明石~神戸で鍼灸・整体の往診をご希望の方はこちら
musou-tensei@eurus.dti.ne.jp

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

「ヘルニア」と「カビの生えたパン」

いつも長い文章を読んでくれて、
本当にありがとう。

今日は、

「ヘルニアとカビの共通点」

について書きます。

一週間くらい前でしょうか、
ある人がギックリ腰になったと聞きました。

病院でMRI検査をすると、

「腰椎椎間板ヘルニア」

だと言われたそうです。

その人がヘルニアと聞いてどう思ったかは分かりませんが、
普通は多分、こう思うのではないでしょうか。

「そうか、ヘルニアだから痛いのか」と。

確かに教科書的には、

「椎間板ヘルニアによる神経根圧迫により痛みが生じる」

とかいてあります。

「神経が押さえつけられているから痛い」

イメージ的には確かに分かりやすい気がする。

でも一方で、ウィキペディアの神経根(後根)の説明には、
このような一文があります。

「脊髄神経の後根が障害されると、体の一部分の体性感覚が麻痺する。」

「痛み」と「麻痺」。

「ヘルニア」が原因で起こりうるとしたら、
本来は「痛み」ではなく「麻痺」のはずなのです。

これは似ているように感じるかもしれませんが、

「全然違います」。

なぜかというと、

「痛み」は「神経機能が正常に働いた結果」であり、

「麻痺」は「神経機能が障害された結果」だからです。

少し面倒くさく感じるかもしれませんが、
神経の仕組みについて簡単に説明します。

まずは下の画像を見てください。
(クリックすると拡大されます)

~脱力の極意を求めて~ 練気武颯拳&東洋医学でFreeな心と身体♪-神経構造1

一般的な神経の構造はこのようなものです。

神経には

「遠心性(運動神経)」

「求心性(感覚神経)」

の2種類があって、
それぞれで情報伝達の「方向」が逆になります。

ここでは「痛み」と「(感覚)麻痺」について説明したいので、
「感覚神経」について書いていきます。

神経はたとえるなら電化製品のコードのようなものです。

コンセントからプラグを通して電気が伝わり、
製品が動くというわけです。

感覚神経も基本的には同じ仕組みです。

感覚神経は、図の「神経終末」のところが、
様々な刺激を受け取る「受容器」になっています。

この「受容器」は様々な種類のものがあり、
それぞれその目的に応じた刺激にしか反応しません。

物理的な刺激、熱による刺激、
化学物質による刺激、刺激の早いものや遅いもの。

それぞれに受け止めるための「受容器」があって、
それに応じた刺激が加わると「電位」を発生するのです。

要は「電流を流す」ということ。

そして図の「軸索」を電流が通って細胞体に伝わり、
そこからさらに脊髄を通って脳に「電流」が伝わります。

脳はその「電流」を受け止めて、
(正確には電流を受け取った神経終末が出す伝達物質)
その情報を「痛み」として感じるのです。

~脱力の極意を求めて~ 練気武颯拳&東洋医学でFreeな心と身体♪-神経構造2

そういう意味において、
神経は電化製品のコードと同じ役割なのです。

電化製品のコードは、
先のプラグをコンセントに差すことでしか電流は流れませんよね?

同じように感覚神経も、
先の受容器に特定の刺激が加わらない限り電流は流れないのです。

そして「痛み」を感じるということは、
受容器に刺激が入って脳まで電流が伝わったということ。

つまり、

「神経機能が正常に働いた結果」

なのです。

そこでもう一度ヘルニアの理屈を考えてみてください。

「神経根圧迫により痛みを生じる」

本当にそうでしょうか?

神経というものは、
押さえつけられても痛くはありません。

なぜなら「コード」だから。

電化製品のコードを押さえつけても、
電流は流れませんよね?

同じように、
神経を押さえつけても電流は流れません。

もうメチャクチャな力で押さえつけたら、
もしかしたら電流が「流れない」ということは、
理屈の上では考えられます。

でもその場合、
症状としてあらわれるのは

「麻痺」

です。

「神経機能が障害された結果」

として。

ウィキペディアの一文、

「脊髄神経の後根が障害されると、体の一部分の体性感覚が麻痺する。」

ということになるのです。

もしかするとあなたは医学的知識が豊富で、

「神経根はコードではなくタコ足配線の部分だ」

と言われるかもしれません。

確かに神経根はコードそのものだけではなく、

「神経終末」

の部分を含んでいます。

感覚神経の神経細胞が電流を受け取った結果として、
中枢神経(脊髄)の受容器に対して神経伝達物質を出すところなのです。

しかしその神経伝達物質は、
感覚神経が受け取った電流に応じて出されるもの。

神経根が押さえつけられたから出るものではありません。

百歩譲って、

「神経終末が押しつぶされて伝達物質が押し出された」

と仮定しましょう。

その場合感じるのは、

「痛み」

だけではありません。

「熱い」

「冷たい」

「触られている」

「筋肉の緊張と弛緩」

様々なものがあるはずなのです。

このような場合、
脳はどのように感じるのでしょう。

これは推論でしかありません

夏バテ解消

今朝はこの夏初めて、
ツクツクボウシの声を聴きました。

早朝の明石公園では鈴虫も鳴いていて、
季節の移り変わりを感じられます。

自然に触れる時間を大切にしたいです。

とはいえ、まだまだ暑い日が続きます。

そして、いわゆる「夏バテ」をしやすいのがこの時期。

私の周りにも、

「食欲不振」

「睡眠不足」

を訴える人がたくさんいます。

この夏バテの一番の原因は、

「消化器の疲労」

にあります。

冷たいものを口に入れる機会が多くなり、
内臓を冷やしてしまうということが理由の一つ。

もう一つは、食事中に水分を多く摂ることで胃酸の濃度が下がり、
殺菌作用が弱まってしまうという理由です。

この二つの理由によって消化器が弱ってしまった結果、

「夏バテ」

を起こしてしまうのです。

このような状態を東洋医学では、

「脾虚」

といいます。

この「脾虚」は全身の倦怠感だけでなく、
「睡眠」にも影響を与えます。

眠りが浅くなってしまうのですね。

そこで、簡単な夏バテ解消法を書いておきます。

先にも述べたように「脾虚」が原因の夏バテを解消するには、
うってつけのツボがあります。

そのツボは、「足三里」といいます。

これを読んでいるほとんどの方が知っているとは思いますが、
簡単に説明しておきます。

ツボの場所は、

「膝小僧に手をかぶせて、薬指が当たる位置の少し下」

です。

あるいは、

「脛骨(すねの骨)の外側を下から指でなぞって、指が止まるところ」

という言い方もできます。

東洋医学においてこの足三里は、

「結局、足三里だけ治療してもいいんじゃない?」

と思ってしまうくらいに様々な症状に使用されます。

その理由はなぜかというと、
足三里は「脾胃」の特効穴だと言われているから。

「脾胃」は食べ物から「気(営気)」を取り出して、
身体に取り込む器官です。

ですから「脾胃」の機能を改善することは、
食欲を取戻して弱った身体を元気づけることにつながるのです。

具体的には、先ほど書いた「足三里」の場所を、
TVを観ながらでも押してください。

片足5分も押せば、
身体の感覚が変わるのがわかると思います。

人によってはお腹が鳴るかもしれません(笑)

もちろん指で押しても構いませんし、
ボールペンなど適当なものを使っても構いません。

それで逆に手が疲れるという方には、
こんなものもあります。

いずれにしても大切なのは、

「気持ちよく続ける」

ということです。

自分ならではの無理のない続け方を見つけてくださいね。

膝にヒアルロン酸を注射しても…

整骨院での勤務時代からよく耳にするのが、

「膝にヒアルロン酸を注射してもらっている」

という患者さんの話。

ある程度の年齢になると、
膝を痛めている方の割合はグッと高くなります。

整骨院や鍼灸院に来られるそういった方の多くは、
整形外科で「変形性膝関節症」という症状名をもらっています。

そして治療をしながら話を聞くと、

「ひざの軟骨がすり減っているから膝が痛い」
「軟骨がすり減るのは老化現象だから仕方がない」

とおっしゃるのです。

ですがコレ、間違っています。

「膝の変形」が痛みを生むことは確かですし、
「老化」で「軟骨がすり減る」ことも事実ですが、
「軟骨がすり減る」ことと痛みとはそこまでの関係がありません。

なぜなら、軟骨や骨には痛みを感じる神経受容器がほとんどないから。

骨膜には若干受容器があるのですが、
それも皮膚他の軟部組織にあるものと比べれば、
数も性質も全く違うのです。

では、いったい何が膝の痛みを生んでいるのでしょうか。

私自身が膝のケガをしていることもあり、
(前十字靭帯断裂、内側半月板損傷、内側側副靭帯損傷)
来て下さる患者さんの多くは膝の痛みを主に訴えてこられます。

その治療の経験から言えることは、
膝の痛みを訴える方全てに共通するある部分の硬さがあるのです。

そこが硬くなることにより膝が外側に引っ張られてひずみが生まれることで、
膝関節の腱や靭帯といった軟部組織に圧力が加わり、
さらにそこから発痛物質が出ることで痛みを感じるのです。

ということは、

1.痛みを出している膝の(軟部組織の)状態を改善する
2.膝に外向きの圧力をかけている部分をゆるめる 
3.その部分が硬くなる原因を取り除く

という3つのステップが膝の痛みを抑えるためには必要なのです。

ヒアルロン酸の注射はあくまで1.の効果しかありませんので、
ヒアルロン酸が分解・吸収されてしまえば元通りです。

3日も効果が続けば良い方です。

私が行う鍼灸治療においても、
もちろん膝に鍼を打ちます。

と同時に2や3のステップについても施術を行うのです。

私のところに来られる患者さんは、
1回5,000円の治療費を払ってこられます。

ほとんどの方が整形外科でのヒアルロン酸注射も経験済みです。

そんな方たちから、

「調子が良くなった」
「おかげで楽になった」

と言ってもらえるたびに、

「理屈に合った施術を行う」

ことの重要性を改めて認識します。

整形外科に通っても一向に膝の状態が良くならないという方、
メールを頂ければその理由だけでも説明させてもらいます。

是非、ご連絡ください。

大谷鍼灸整体
musou-tensei@eurus.dti.ne.jp

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

明石~神戸で鍼灸・整体の往診をご希望の方はこちら
musou-tensei@eurus.dti.ne.jp

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

膝の痛み改善

ここの所、

「膝の痛み」

を訴える方の治療を続けて行いました。

私自身中学でサッカーをしていたころから2回、
膝に水がたまったことがあります。

そして大学の日本拳法部時代に右膝を、
昨年10月に左膝を痛めています。

特に左膝は半月板の損傷と前十字靭帯の断裂だったので、
膝が痛い方の気持ちはわかるつもりです。

ただ反面、膝に負担を掛けない使い方を覚えれば、
日常生活で不便を感じることはほとんどなくせるとも思うのです。

加齢による膝の痛みを訴える方は、
ほとんどの方が「ある場所」に強い緊張が見られます。

ですから、そこの緊張を取ってあげることで、
痛みを軽減することができます。

また、腹背や股関節を脱力して使うことを並行して練習すれば、
普段の生活で痛みを感じることはほとんどなくなります。

脱力修練については、
私自身が靱帯断裂から1週間経たずに丸1日の修練に参加出来たことからも、
自信を持っておススメできます。

治療と自助努力は膝の痛み改善のための両輪。

治療だけでは効果が続かないし、
痛みがある中での努力は確かに難しいから。

鍼灸治療と脱力修練。

この2つのアプローチで、
膝の痛みに悩む方のお役に立てると考えております。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

明石~神戸で鍼灸・整体の往診をご希望の方はこちら
musou-tensei@eurus.dti.ne.jp

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

姿勢の改善(その2)

前回に引き続いて、
「姿勢」について書いていきます。

健康についてのテレビや雑誌で取り上げられることの多い「姿勢改善」ですが、
そのことによって得られるメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

一般的に言われているのは、

・肩こりや腰痛の軽減
・内臓の負担軽減

という健康面での効果や、

・背が高くスマートに見える

という外見上の効果ですよね。

もちろんそれらもありますし、
とても大切なことだと思います。

ですが、
「姿勢改善」による効果はそれだけではありません。

身体機能面から言えば、

「力の伝達がスムーズになり、より少ない労力でより大きな力を発揮できる」

ということが言えます。

このブログでは何度か書きましたが、
地上での運動における力は「重力」と「抗力」が大部分を占めています。

姿勢が良くなるということは、
自分の筋力で余計に支える必要が無く、
地面からの力を目標に伝えやすくなるということなのです。

また、これはあまり言われることが無いのですが、
心理的な側面も忘れてはいけません。

簡単な実験をしてもらえるとわかるのですが、
真っ直ぐな姿勢と猫背の状態で比較すると、
明らかに猫背の方が「恐怖心」を感じやすい。

姿勢が悪い状態は、
身体だけでなく心までもが動揺しやすい状態なのです。

ですから、「姿勢」を整えるということは、
ただ単に肩こりや腰痛の予防・改善といった効果だけでなく、
もっと積極的に自分自身のパフォーマンスを上げることにつながるのです。

(以下、次回へ右矢印

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

姿勢の改善

武颯拳の修練や鍼灸治療だけでなく、
普段日常的に感じることがあります。

それは、

「姿勢が悪い人が多い」

ということ。

そして、
健康関連のメディアで取り上げられる機会が多いにもかかわらず、
姿勢の改善に取り組んでいる人が少ないということ。

これは、
本当に残念なことなのです。

私自身、
以前はとてもひどい猫背でした。

13年前に武颯塾に入門して、
最初に注意を受けたのが姿勢についてだったと記憶しています。

それから1年ほど姿勢に気を付けながら生活することで、
少なくとも外見上の猫背は直りました。

当時はただ、
指導を受けたから矯正しただけでしたが、
今ではより姿勢の重要性を感じています。

極端な話、見る人によっては立っている姿勢を見ただけでも、
その人の身体感覚がどの程度開発されたものであるか、
概ねの検討はつくものなのです。

ですから、
猫背の入門当時よりもなお一層、
現在の方が姿勢に対して注意を向けています。

今よりも良い姿勢が取れるようになったということは、
それだけ武術の修練が進んだということとイコールだと分かるからです。

では、姿勢を改善することによって、
一体何が得られるのでしょうか。

(以下、次回へ右矢印

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

「眠りが深くなった」(2012.6.21鍼灸治療日記)

往診開始まで11日となった昨日は、
知人女性に施術をしました。

先々週、先週と木曜日に治療を行うようになって、
今回が3度目の施術。

私が勉強して行っている「反応点治療」では、
次のように考えて施術を行います。

・慢性的な肩こりや腰痛の原因の一つは内臓の不調にある
・内臓、特に肺や消化管は体外からの異物が入り込みやすく、粘膜の状態が変わりやすい
・つまり、内臓の調子を整えることで、肩こりや腰痛を緩和することができる

もちろん、姿勢や身体の使い方、そしてメンタルも、
肩こりや腰痛などに大きく影響します。

固くなっている筋肉を直接緩めてあげることは、
リラックス効果も大きく重要なことです。

ただ、それだけでは効果が持続しにくい場合もあるのです。

そんな時、症状の原因に対してアプローチする、
「反応点治療」が効果的だというわけです。

話を昨日の治療に戻しますと、
その女性の左肺・肝臓・膀胱の反応がかなり改善していました。

改善があったけれども反応が残っていたところは、
右肺・胃・下行結腸です。

それらの反応を仰向けで治療して、
ついでに美顔の鍼を打ったら今度はうつ伏せでの施術です。

本人の自覚症状としては、
右の首・肩・腕の不調。

私の触診では上記に加えて、
左腰背部に強い緊張。

お腹の状態と背中の状態が概ね一致していることを確認して、
鍼を打っていきます。

3回目の治療ということもあって、
鍼を打たれることに慣れてきた様子。

今まで使っていた極細の鍼から、
もう少し太めの鍼に変えました。

前2回の治療効果もあって、
首肩の緊張も初回とは比べ物にならないくらいマシになっています。

本人も、

「眠りが深くなった」

と効果を実感している様子。

こうやって効果を実感してもらえることが、
治療をしていて一番嬉しいことです。

次回は金曜日に治療予定。

さらに体調が良くなっていることを、
心から願っております。

明石・大久保~神戸・三宮で、
往診専門「大谷鍼灸整体」を7月2日開業します。
「脱力」による合理的身体運動の指導も行います。
興味のある方は、

大谷 亘
musou-tensei@eurus.dti.ne.jp

までご連絡ください。

「太極拳日記」

今朝の明石公園は、
明け方までの雨でところどころに大きな水たまりが。

$練気武颯拳&東洋医学でFreeな心と身体♪-明石公園2012.6.22

足元は少し悪かったのですが、
とても心地よい風が吹いていました。

早朝太極拳、
やっぱりイイものですね。