「心を撫でる」茶道体験記

 

先日、知り合いの紹介で、人生初の「茶席」に参加してきた。
亭主は宇田宗風先生という茶道の教室をされている方。
初対面にもかかわらず全く緊張感を感じさせないのは、流石。
説明を含めてのの1時間は、
本当に貴重で興味深いものだった。

 

[ad#co-1]

 

先生の教室兼ご自宅があるのは、
阪急仁川駅から数分歩いたところ。
仁川に来るのは初めてなのだけれど、
駅を出ると、とても静かで落ち着いた感じ。
約束の19時までには少し時間があったので、
周囲を20分ほど散歩してから、
先生の教室へ向かった。

教室ではまず玄関で簡単な説明をしてもらい、
それから茶室へと案内された。
ちなみに茶席の本来の在り方では、
このような形で亭主と客が顔を合わせることはないとのこと。
茶室へ至るまでのいくつかの作法における「音」を頼りに、
亭主は客の、客は亭主の状況を理解して、
それぞれの手順を踏んでいく。
だから一つ一つの作法には意味があり、
お互いへの言葉を介さない心配りに満ちている。

案内された茶室は、
ロウソクの火に照らされた屏風が静かな空気を醸し出して、
不思議な落ち着きを感じさせる。。
出されたおいしいお茶菓子を頂いたのち、
先生のお点前を拝見した。

印象的だったのは、茶道具の扱い。
もちろん作法的な手順という部分もあるのだろうけど、
驚くほど丁寧に茶道具を扱う。
袱紗をたたむ、茶碗を拭く、柄杓を持ち替える。
そういった普段であれば何気なく行う動作の一つ一つに、
傍から見ると無駄にさえ思える手間をかける。
私はただ黙ってそれを見ているだけ。
けれど、不思議なくらいに心地よい。
そうしているうちに分かったことがある。
「なぜ、道具を大事に扱うことが大切なのか。」
それは、客が無意識のうちに、
扱われる物に自分を映しているから。
あれだけ心を込めて道具を扱っている姿を見ることが、
自分に対するもてなしだと感じる。
茶碗を拭いたり柄杓を持ち替える所作が、
まるでそのまま客の心を撫でているかのように。

これは面白いけど怖いことでもあって、
目の前で道具を雑に扱われると、
自分が乱暴に扱われたように感じるわけだ。
気を付けねば。

もちろんお茶もお菓子もおいしかったけど、
今回感じた「お茶」とは、
「茶道具を介した間接的コミュニケーション」だと言えるかもしれない。
作法を何も知らないため、
合間合間に先生からの説明はあったけれど、
それが無ければ本来は直接的に言葉を交わすことはない。
むしろそれが余計なものだと感じてしまうくらい、
客に対する言外の配慮に溢れている。
この「間接的」というところに日本文化の粋があり、
西洋的なものとの大きな違いを生んでいるのだと思う。
間接的だからこそ、直接には触れないはずの「心」に触れられる。
そこが茶道の大きな魅力なんじゃないかな。
もちろん精進を重ねた上での話だろうけど。

…長々と感想を書いたけれど、
今回お伺いした宇田宗風先生のブログとホームページはこちら。

ブログ:http://soufu.blog.eonet.jp/
ホームページ:http://chanoyu.wix.com/sadotherapy

お茶に興味があるなら、
ぜひおすすめ!!

 

ホドラーと身体感覚、そして少数派の話。

 

兵庫県立美術館に、ホドラー展を観に行った。

そこで初めて、人物画を良いなと感じた。

私自身には絵の素養がないけれども、

神戸で行われる絵画展にはそこそこ足を運ぶ。

好きな画家と言えば、ゴッホ、モネ、ルノワールやマティス等、

本当にポピュラーな名前ばかり。

あ、フェルメールは外せないな。

とまあ別に詳しくもなんともないということが分かってもらえたと思うけど、

これは特徴的だと思える好き嫌いが1つあって、

それが「なぜか人物画が好きではない」ということ。

より正確には「興味がない」。

だから、ルーブル美術館でモナリザを見たときも、

なんでアレをみんなが有り難がるのか全然分からなかった。

 

[ad#co-1]

 

それが今回、ホドラーの作品を見ることで少しだけ理解できた。

モナリザの良さでは無く、なぜモナリザに興味が無いのかが。

 

人物画には、胸から上を描いたものが多い。

それはやっぱり「顔」「表情」を中心に描くから。

もちろんその奥にある「心」「人間性」がテーマなんだろうけど、

それを顔を通して感じ、描いている(ように見える)。

だから多くの場合、そういう画家が全身を描いても、

やっぱり意識の中心は顔、少なくても胸から上にある。

 

もちろんそれが多くの、本当に多くの人に評価されているということは、

そこに何かの共感を呼ぶものがあるのだろう。

でも残念ながらそれは、私には響いてこない。

「心」に興味が無いという訳ではない。

むしろ、それに振り回される自分をどうにかしたくて、

武術に取り組んでいると感じる。

にもかかわらず、これらの人物画にはやっぱり共感できない。

おそらく私は、顔を通した感情のやり取りが、

得意ではないか好きではないかのどちらかなのだろう。

 

たまにこんな言葉を聞くことがある。

「あいつは人の気持ちが分からない奴だ」

私はその度に、

「そんなもの分かんねーよ」

と思ってしまう。

そしてほとんどの場合、

「人の気持ちが分からない」

と言われている人の方が、

発言者よりも好きだったりする(笑)

 

私の好みはさておき、この、気持ちが分かるとか分からないという話。

これは、何を媒介として理解するかの違いにあると思う。

言葉、表情、仕草、態度、雰囲気、そういったものの何に比重を置くのか。

大切にするものが同じである人の間では、気持ちは分かり合いやすいかもしれない。

でも、それぞれに大切なものが違うと、どうだろうか。

ほとんどの人物画においてそれは、

顔を中心とした胸から上の何かに思える。

そしてそれは、世の中において多数派を占めるのだろう。

 

では、少数派の私は、何に比重を置いているのか、

あるいは置こうとしているのか。

私はそれが「身体感覚」だと思っている。

人を見たときに、

「その人の身体の感覚はどのようなものなのだろうか」

という点に意識が向く。

その感覚を頼りにして、その人を理解しようとする。

 

このようにして人物画を見たときに、

多くの場合はその身体感覚があまり伝わってこない。

だから、私は人物画に興味を持てなかった。

ところが、ホドラーさん。

この人の人物画には、明らかに伝わってくる身体感覚がある。

踊る女性、馬に乗ろうとする男性、斧を振るう木こり。

それぞれから確かな運動の感覚を感じられる。

そう、視覚と言うよりは、

運動感覚で鑑賞している感じ。

人物画を見てこのように感じたのは、今回が初めてのこと。

面白い。

同じ時代に生きている人であれば、

是非ともお会いして話を聴いてみたい。

何となくだけど、意気投合出来そうな気がする。

私だけでなく、おそらくは彼も少数派だったと思うから。

 

なにはともあれ、ホドラー展。

4月5日までなので、興味のある人はお早めに。

 

三宮で自分の部屋のようにくつろげる場所

神戸ネット&レンタルスペースなゆた

 

こんにちは、ワタルです。

今日は、三宮で少し時間が余ったときに、

まるで自分の部屋にいるかのようにリラックスできる場所の紹介をします。

それがこちらの、

神戸ネット&レンタルスペースなゆた」

です。

 

[ad#co-1]

 

1時間200円で使えます!!

今年の6月にオープンしたばかりの真新しい店内。

私は特に4Fの畳スペースがお気に入りです。

ホームページには利用料が1時間500円となっていますが、

実際に行ってみると1時間200円で使わせてもらえます。

三宮で空き時間の出来ることの多い私にとって、

ストレッチをしたり太極拳を練習したりできる場所は本当にありがたいです。

ぜひとも末永く続けて欲しいと思うので、

微力ながらこのブログでも紹介したいと思ったわけです。

 

自分らしく過ごせる時間と空間

この「なゆた」の特徴は、

いわゆるネットカフェや漫画喫茶のような、

「暇つぶし」のためのアイテムがほとんど無いこと。

「ネット」と書いてある通り無線LANの環境は整っていますが、

業態としては「ネットカフェ」ではなく「コミュニティスペース」です。

だから、「何か暇をつぶせるものを用意してよ」という方にはお勧めしません。

その代りといってはなんですが、

ここには明るく広々としたスペースと柔らかい空気感があります。

私のようにゆったりと身体を動かしたり、

あるいは友達と食べ物を持ち寄っておしゃべりしたり。

勉強したりお気に入りの本を読んだりするのにもピッタリ。

ネットカフェに「暗さ」や「息苦しさ」を感じて利用しないという方には、

ぜひ一度試してみてもらいたいです。

 

連日のイベント開催

また、ホームページを見ると、毎日のように何かしらのイベントがあります。

仕事が早く終わった日なんかに寄ってみると、

いつもとは違う新鮮な気持ちを味わえるかも。

私もまだ数回利用した程度ですが、

オーナー(女性)も気さくな方なので、

とても居心地良く使わせてもらっています。

 

というわけで、

神戸ネット&レンタルスペースなゆた」

おススメですよ♪

 

macpac tuatara25(マックパック トゥアタラ25)

こんにちは、ワタルです。

先日、少し遅れの誕生日プレゼントを買ってもらいました。

それが上の写真にあるリュック、

「macpac tuatara25」

です。

macpacというのはニュージーランドのアウトドアメーカーで、

tuatara25というのがモデル名です。

「25」という名前が示す通り、容量は25リットル。

普段使いでも違和感のないサイズで、しかも少し大きめの荷物も入る。

買ってもらったばかりですけど、随分と重宝しています。

というわけで今回は、このリュックについて詳しく紹介したいと思います。

 

リュック選びのチェックポイント

まず、私がこのリュックを選んだ経緯についてですが、

購入に当たってはいくつかのチェックポイントがありました。

 

1.容量

「普段使いながらも、2泊3日の武術合宿に参加できる」という、

随分ワガママな希望をもってました。

具体的には、道着、2日分の着替え、バスタオル1、タオル1、手ぬぐい1と、

その他こまごまとしたものが入る大きさが必要でした。

 

2.小物の収納

普段使いにおいて重要なポイントは「小物がスッキリと収納できる」です。

財布、手帳、携帯、ティッシュ、筆記用具などが、

すぐに取り出せるように分かりやすく収納できることも、

リュック選びの大切なポイントです。

 

3.荷物の取り出しやすさ

ある程度容量の大きなリュックになると、

「底の荷物が取り出しにくい」

という問題がでてきますよね。

わざわざ上の荷物を一旦外に出さないと、

底の荷物を取り出すことができない。

この問題を出来る限り解決したリュックを求めていました。

 

4.機能性

リュックとしての機能も大切な評価ポイントです。

わざわざアウトドア用のリュックを買う理由は、

やはり高機能であることを求めていたからです。

特に身体へのフィット感や、荷重の配分は重要ポイントです。

 

5.デザイン

リュック選びのポイントとして最後に挙げるのは「デザイン」です。

やはり何と言っても「見た目」が気に入らないと、

使いたくはないですからね。

 

チェックポイント毎の採点結果

以上5つのポイントから買ってもらうリュックを選んでいた時に、

最終候補として残ったのが、

「macpac tuatara25」「Gregory コンパス30」
でした。

それぞれのリュックの各チェックポイントにおける評価は次の通りです。

(☆5つを満点とします)

 

1.容量

macpac tuatara25:☆☆☆☆

Gregory コンパス30:☆☆☆☆☆

普段使いとしては25リットルで必要十分なのですが、

合宿参加を考えると30リットルあった方が安心。

 

2.小物の収納

macpac tuatara25:☆☆☆☆☆

Gregory コンパス30:☆☆☆☆☆

どちらもリュックとしては最大限、

ポケットの仕分けに工夫がされていると思います。

(以下、写真は全て macpac tuatara25のものです。)

macpac tuatara25

 

3.荷物の取り出しやすさ

macpac tuatara25:☆☆☆☆

Gregory コンパス30:☆☆☆☆☆

最終候補をこの2つのリュックに絞ったのは、

どちらも荷物が取り出しやすい構造になっていたからです。

特にGregory コンパス30においては、

背中に触れる部分が丸ごと開くのが魅力的でした。

macpac tuatara25も他のリュックよりも開口部が大きく取られているのが、

購入の決め手の一つになりました。

macpac tuatara25

 

4.機能性

macpac tuatara25:☆☆☆☆☆

Gregory コンパス30:☆☆☆

どちらも荷物を詰め込んだ時にカラダにフィットして、

荷重をうまく分散してくれるように感じました。

ただ、背中に当たる部分や肩ベルトのクッションは、

macpac tuatara25の方がしっかりしたものを使っています。

あと、腰周りのベルトもmacpac tuatara25にはありますが、

Gregory コンパス30にはありませんでした。

また、細かいところに感じるかもしれませんが、

macpac tuatara25のファスナーがとてもスムーズに開閉できたのが、

私にとってはポイントが高かったです。

Gregory コンパス30に限らず他のアウトドアリュックと比べても、

断然開け閉めがしやすかったので。

macpac tuatara25

 

5.デザイン

macpac tuatara25:☆☆☆☆☆

Gregory コンパス30:☆☆☆☆

これは好みの部分と使用目的の部分が大きいのですが、

macpac tuatara25の方が背負った時にスッキリ見えました。

もちろん5リットルのサイズの違いもあるので単純な比較はできませんが。

macpac tuatara25のもう一つのデザインの特徴は「生地」にあります。

「アズテック」というナイロンとコットンの混紡繊維を使っていて、

普通のナイロンと比べてとてもしっかりとした生地感になっているのです。

この生地には防水機能もついており、

macpac tuatara25を選ぶ大きな理由になりました。

macpac tuatara25

 

総合評価

macpac tuatara25:☆☆☆☆☆

Gregory コンパス30:☆☆☆☆

本当に迷ったのですが、

最終的には容量よりも機能性とデザインを優先してmacpac tuatara25を選びました。

ただどちらも良い作りであることに間違いはないので、

これからリュックを購入される方は候補として検討する価値がありますよ。

 

一番好きなフェルメール作品

今回の神戸市立博物館で行われている、

「マウリッツハイス美術館展」の目玉は、

「真珠の耳飾りの少女」ですが、

個人的に最も印象に残っているフェルメールの絵は、

「窓辺で手紙を読む女」

というタイトルのものでした。

兵庫県立美術館での展示だったと思います。

それをきっかけにして、
近くで行われている絵画の展覧会に足を運ぶようになりました。

そういう意味では、

「絵画鑑賞」

という趣味を持てたのは、
フェルメールのおかげだと言えます。

この時には確か神戸新聞だったと思うのですが、
タイアップ企画をしていました。

「この女性が読んでいる手紙の内容を、

200字以内で書いてください」

この絵の写真に惹かれていた私は、
恥ずかしい気持ちを振り払って企画に応募したのです。

書いた内容を正確には覚えていませんが、
絵の描かれた年代を調べてから書いたと思います。

当時のオランダは、
イギリスと戦争をしていました。

そこで、

「恋人がこれから戦争(海戦)に行く」

というありきたりな設定で話を作ったことを、
今、こうやって書きながら思い出しましたw

そんなこともあって、
いまだに私が一番好きなフェルメールの絵は、

「窓辺で手紙を読む女」

なのです。

ただウィキペディアを調べてみると、
残念な情報を発見してしまいました。

『傾いた鉢からこぼれるこれらの果物は堕罪や許されざる愛を暗示し、

開かれた窓は外界への憧れを暗示する。

X線写真によって、背景の壁には当初キューピッドの絵が掛けられ、

画面右手前にはワイングラスが描かれていたが、

後に塗りつぶされたことがわかっている。

キューピッドやワイングラスは、

画中の女性が読む手紙が不倫相手からのものであることをさらに強く暗示する。』

「知らぬが仏」

とはこのことですねw

真珠の耳飾りの少女

神戸市立博物館で明日から開催される、

「マウリッツハイス美術館展」

の内覧会に行ってきました。

~脱力の極意を求めて~ 練気武颯拳&東洋医学でFreeな心と身体♪-mimikazari2

今回の展示の目玉はなんといっても、

「真珠の耳飾りの少女」

です。

フェルメールの37点しかない作品の中でも、
最も有名なものの一つですよね。

大きな瞳と、
同じくらいに大きな真珠の耳飾り。

頭に布を巻いているため、
髪の毛は見えません。

この青い布は、

「ウルトラマリン」

という青の顔料で描かれています。

その原材料は「ラピスラズリ」という宝石。

そう思ってあらためて見直してみると、
より透明感が増したように感じられます。

個人的には、

「真珠の耳飾りの少女」

という題名よりも、

「碧いターバンの少女」

の方がイイのではないかとさえ思うくらい、
この碧いターバンと白い肌のコントラストが印象的です。

この絵の宣伝効果はやはり大きく、
内覧会は大盛況。

本当に多くの方が来ていました。
(この写真を撮った時にはほとんどの方が帰っていましたがw)

~脱力の極意を求めて~ 練気武颯拳&東洋医学でFreeな心と身体♪-mimikazari3

もちろん

「真珠の耳飾りの少女」

だけではありません。

他にも17世紀オランダの黄金時代の作品が多数あり、
もう一度ゆっくりと見に行こうと思っています。

その中でも特に印象に残ったものとして、
以下の作品がありました。

・ルーベンス「聖母被昇天(下絵)」

・レンブラント「自画像」

・ヴィレム・ヘーダ「ワイングラスと懐中時計のある静物」

・ピーテル・デ・ホーホ「デルフトの中庭」

この中の「聖母被昇天」という作品の完成版は、

「フランダースの犬」

でネロが祈りを捧げていた、

「アントウェルペン大聖堂のマリア」

だと音声ガイドで言っていました。

ちなみにこの音声ガイドで案内してくれるのが、

「武井咲」

「安井邦彦」

の2人。

お金かけてますねw

元ゲーマーの私としては失礼ながら、
「武井咲」さんよりも「安井邦彦」さんの方が嬉しかったり。

それはともかく。

ガイドだけではなく図録も豪華なつくりで、
今回の展示にかける意気込みを感じられます。

~脱力の極意を求めて~ 練気武颯拳&東洋医学でFreeな心と身体♪-mimikazari1

神戸市立博物館「マウリッツハイス美術館展」は、
来年の1月6日まで開催しています。

是非、

「真珠の耳飾りの少女」

に会いに行ってください!!

目標を設定する〜6‐Month Goals〜

DM6の第3週目、
テーマは「目標を設定する~6‐Month Goals~」です。

先週、1week goalsを設定して、
それを実行に移しました。

その意義は、

「確実に達成できる目標」を立ててそれを「確実に達成する」ことで、
「立てた目標は、達成できる」という自信を育てる

ということでしたね。

私の場合は、

・英語音声/字幕の映画を一本観る
・新しい本を一冊読む
・クリスマスプレゼントを購入する

という1week goalsを設定しました。

その結果は、

・お気に入りの「ショーシャンクの空に」を観た
・「僕は君たちに武器を配りたい」を読んだ
・プレゼントを購入した(何を買ったかは内緒です)

といった感じで達成することが出来ました。

今週は、その余勢をかって、
「6-Month Goals」を設定します。

先週の課題で「立てた目標は、達成できる」という心の状態を作ったので、
ここはひとつ、チャレンジングな目標を立てておきましょう。

ゴール1.練気武颯拳神戸修練会のメンバーを10人に増やす
ゴール2.整骨院勤務から、独立開業へ完全にシフトする

この二つが、
今の私が6か月かけて達成したいゴールです。

ただもちろん、
目標を立てただけでは上手くいかないことが多いです。

それは、目標自体にリアリティがないから。
その目標を達成する過程や、達成した自分を明確に意識できないから。

というわけで次回は、
目標にリアリティを持たせるために必要なことを書きます。