相撲部屋に行ってきた。

 

 

フェイスブックには写真をあげたけど、

先日、佐渡ヶ嶽部屋の力士さん達に、

脱力トレーニングを紹介してきた。

間近で見るとみんなホントに大きくて、

最初はどうなることかと思ったw

けれどいざ始めてみたら、

ビックリするほど素直に話を聞いてくれた。

書きながら思い返しても、

じんわりとあったかい気持ちになる。

 

今回このようなご縁を頂いたのは、

塩田さんという佐渡ヶ嶽部屋のトレーナーの方から。

他にも多くのスポーツ選手について、

トレーニングの指導をしていたり、

健康関連のビジネスをしていたりする。

 

この人のスゴイところはその行動力。

初めて会ったのは二週間ほど前。

最初のメールで、

「今日、脱力トレーニングに行きたいです」

ときて、

2回目のトレーニングの後には、

「一緒に佐渡ヶ嶽部屋に行きましょう」

となった。

凡人の私としてはただ驚くばかりだったけど、

彼によれば、

「絶対に力士の役に立つ」

という確信があったらしい。

 

このあたりが、

多くのプロスポーツ選手を見ている彼と、

そうじゃない私との大きな違い。

プロの選手に会う機会のない私としては、

「自分ができる程度のことは、

プロなら大抵できるんじゃないの?」

って思っていた。

だから最初に書いた通り、

実際にカラダに触れてみるまでは、

どうなることやらと不安だった。

 

でも力士の方と組ませてもらって、

塩田さんの言ってることがよく分かった。

私が修練している武術・脱力は、

かなり特殊なもののようだ。

カラダをかなり鍛えている方でも、

それを脱力して使えるとは限らない。

たとえプロの選手であっても、

力の伝達ロスを修正してあげれば、

パフォーマンスの向上が見込める。

と言うよりもむしろ、

彼らのような成績と収入が直結する人達にこそ、

脱力トレーニングが役に立つ。

それが感覚として分かった。

 

これって当たり前だけど、

自分達だけでトレーニングしている間は、

なかなか気付けない。

そうかもしれないとは思いつつも、

確信が持てない。

実際に足を運んで、

必要としてくれる人に会ってはじめて分かること。

だから今回お話を頂いた塩田さん、

そして佐渡ヶ嶽部屋の皆さんには、

本当に感謝しています。

ありがとうございました。

 

 

脱力トレーニング 魅力的な所作

 

学生時代、

落研に入っていた彼女。

先日、久しぶりに寄席を観にいったらしい。

大阪、天満の繁昌亭。

そう言えば、

神戸の新開地にも作るって話があったような。

どうなったんだろう?

 

 

私は普段から寄席を観に行くような落語ファン、

ではない。

テレビでもほとんど見ない。

ただ、初めて生で見た時のことは覚えている。

扇子を茶碗に見立ててお茶を飲む、

ただそれだけの所作に惹きつけられた。

 

 

魅力的な所作とそうじゃないものの違い。

それは、含まれる情報量の差にある。

見ている側が受け取る情報量が多いほど、

その所作は魅力的に映る。

つまり、自分を魅力的に見せようと思ったら、

所作に込める情報量を増やせばいい。

一つ一つの所作において、

何を感じ、意識しているのか。

 

例えば先の、お茶を飲むシーン。

お茶は茶碗にどれだけ入っているのか?

重さは?

温度は?

茶碗の硬さや表面の質感は?

そういった様々な状況に意識を向けてみる。

これが最初のステップ。

さらに次は、

その時のカラダの感覚に意識を向ける。

茶碗の重さをどこでどうやって支えているのか。

お茶の温かさが口から喉、お腹へと広がる感覚。

こうやって意識を向けてみると、

ただお茶を飲むだけの所作からも、

様々な情報のやり取りができる。

 

落語や演劇、お茶やお花の稽古に限らず、

上達する人はこの意識の向け方が上手い。

そして、地道にやり続ける。

トレーニングなんて、

みんなそんな地味なもの。

でも、その積み重ねがいつしか、

ただお茶を飲むだけで惹きつけられる、

魅力的な所作を生むんだ。

 

 

表現やコミュニケーションを順序立てて学びたい

 

演劇、というか演技のレッスンに興味がある。

別に舞台に立って演じたいとかいうんじゃない。

いや、それも悪くはないけど、ただ単純に、

表現やコミュニケーションのトレーニングとして。

そういうものを技術として磨く場があれば良いなと、

最近思うようになった。

 

 

例えば自分が取り組んでいる武術に、

格闘技どころかケンカもしたことがない人が、

強くなりたいと言って入門してきたとしよう。

「どうやったら強くなれますか?」

と訊かれたのに、

「慣れればなんとかなる‼︎

とにかく実戦あるのみ‼︎」

とやり方も教えずにひたすら殴り合いをさせたら、

どう思う?

それじゃダメだって、思うよね。

このやり方は、

北斗神拳伝承者を決めるためのものであって、

自分たちのような凡人を磨くものじゃない。

 

もちろん、実戦を経験させることは必要。

経験しないと、なんで技術が必要なのか分からない。

だけど、技術を教えずに実戦だけを繰り返しても、

残念ながら多くの人は壊れてしまう。

自分みたいなヒョロ長いヤツならなおさら笑

正しい技術を学んで、

ケガしないやり方で繰り返し練習するから、

実戦でも使えるようになる。

ほとんどの人は、

そうやって一歩ずつ強くなるしかない。

 

武術が例なら、この考え方は多分、

ほとんどの人に受け入れられると思う。

なのになぜ、

自己表現やコミュニケーションに対しては、

急に実戦派になるのだろう。

なぜ、順序立てて教わる場がないのだろう。

思い切ってやればいい?

慣れればなんとかなる?

そりゃあ、なんとかなる人もいる。

でも、そうじゃない人もいるよね。

自己表現やコミュニケーションを、

ちゃんと順序立てて学びたい人は、

自分だけじゃないと思うんだ。

 

自分は20年近く、武術の修練に取り組んでいる。

もちろんカラダをうまく使えるようになって、

物理的な危険から身を守ることも重要。

ただ、現代における武術の実践は、

もう少し違った形があると思う。

その辺りのことは師匠の本に詳しいけど、

自分でも表現やコミュニケーションの場において、

何か武術を活かせる形を見つけたい、と思う。

 

脱力的花粉症対処法

 

花粉症への対処法。

かゆくなる直前にカラダをリセット。

これって武術と同じ。

カラダの変化に気づいて、脱力。

ちゃんと脱力すれば、カラダはリセットされる。

 

花粉症になって、20年近く経つ。

今年は去年より、花粉の量が多い気がする。

ただ、数年前から目薬も点鼻薬も使っていない。

目鼻がかゆい時もある。

でも、薬が無いとツラくて耐えられない、 なんてことはない。

症状は年々、軽くなってる。 

 

花粉症がアレルギーだってことは、みんな知ってる。

じゃあ、アレルギーが免疫の過剰反応だってことは?

…まあ、花粉症の人は知ってるか。

いや、別に医学的知識をどうこう言いたいわけじゃない。

知っての通り免疫ってのは、

カラダをいろんなものから守る仕組み。

一度風邪をひくと、同じ風邪にはかからないよね。

これは、風邪のウィルスを免疫系が退治してくれるから。

普通の風邪なら、これで良いんだ。

 

でも、アレルギーはちょっと違う。

花粉はそこまでカラダに害のあるものじゃない。

なのに、免疫系が必死に抵抗しすぎて、

目がかゆくなったり鼻水が出たりするんだ。

ということは、花粉症を抑えようとおもったら、

花粉に対するイメージを変えなきゃ。

花粉を症状の原因だと思って嫌がるほど、

花粉症はひどくなる。

免疫系は嫌なものから身を守ろうとするから。

ここは大切だから、もう一度書くよ。

花粉を嫌がるほど、症状はひどくなる。

 

だから、花粉や花粉症を嫌がることをやめてみた。  

あわせて、目薬や点鼻薬もやめた。 

何年か前に、実験的に。

最初はキツかったけど、2年目からは慣れた。

コントロールできる範囲に治まってきた。

 

やってることは本当にシンプル。

ちゃんとカラダに意識を向けてみると、

痒くなる時には、目や鼻の周り、頭に意識が集まってる。

それに引っ張られて、重心も浮き上がってる。

だからまず、重心を元の位置に戻す。

そして、重心に合わせるように脱力。

ただそれだけで、カラダは普通の状態に戻ろうとする。

 

ポイントは、症状をコントロールしようとしないこと。

あくまでも、重心のコントロールと脱力。

「症状」を「相手」と言い換えれば、

そのまま武術と同じなんだ。

 

どうやって大きく勝つかより、いかに小さく負けるか。

 

「最近いろいろ流れが悪いっすー」

という悩み?というか話を修練生から聞いた。

誰でもあるよね、そんな何やっても空回りしちゃう時。

個人的にはそういう時、

「失敗しても構わない小さいことを片っ端からやる」

という方法を取る事がある。

 

IMG_0375

 

仮に「流れ」というものを、

サイコロの目のようなものだと考えてみよう。

振る回数が少なければ、

もしかすると出る目に偏りがあるかもしれない。

でも、たくさん振れば振るほど、

それぞれの目の出る確率は6分の1に近づくよね。

「流れ」も同じで、

たくさんアクションを起こせば、

良い悪いはトントンに落ち着くんじゃないかな。

 

だから、

「今日は何をやってもうまくいかないなぁ」

って日こそ、むしろチャンス。

そんな日は、失敗しても構わない小さなことをドンドンやる。

サイコロの悪い目を出し切ってしまう。

 

スロットをやる人は「天井」なんて言い方をするけど、

良いことも悪いこともどこかで打ち止めになる。

だとしたら流れの悪い時に重要なのは、

小さい失敗の数をこなすこと。

 

「どうやって大きく勝つかより、いかに小さく負けるか」

 

これはギャンブルで勝てる人がよく言うのだけど、

そのまま人生にも当てはまる気がする。

もし、何をやってもうまくいかない日を有効に使えるなら。

それって、「人生の達人」に近づいた気がしない?

 

 

あらゆる職場で給料が増えずに仕事だけ増える理由

 

くだらないことでクレームを言ってる人を見ると、

バカなんじゃないかと心底思う。

バカという言葉があんまりだというなら、

短絡的、視野が狭すぎる、と言い直しも可。

別にクレーマーに限ったことじゃない。

クチコミサイトでサービスの欠点を書き込む奴らも同じ。

そういう行為が、

自分たちの労働単価を下げているのだから。

 

クレームを言う人のほとんどは、

払った金額以上のサービスを求めている。

「これだけ払ったんだから、もっとサービスしろよ!」

ってわけだ。

こういう人たちは多分、

自分の仕事でも同じように考えるのだろう。

「これだけ働いたんだから、もっと給料払えよ!」と。

だけど、よく考えてみてよ。

この2つの願望は、決して両立しない。

自分が自分にサービスすると仮定すれば、

この矛盾はすぐに分かる。

払った分よりサービス受けたい?

働いた分よりお金が欲しい?

サービスするのもお金を払うのも自分だとしたら、

どっちを選ぶ?

選びようがないでしょ(笑)

 

実際には、「もっと給料払えよ」と言えない、

あるいは言ってももらえない。

その不満を、クレームを言うことでぶつけてるんだろうね。

「自分はこれだけ我慢して働いてるんだ。

だからお前ももっと働けよ。」

って感じに。

 

これをみんながやるとどうなると思う?

「お金は払いたくない。

でもサービスは最大限受けたい。

お客様は神様だろ。」

ってみんなで言ったらどうなるか。

あらゆる職場で、給料が増えずに仕事だけ増えるんだ。

これってつまり、労働あたりの給料が下がるってこと。

多分、今、日本中で起きてることじゃないかな。

 

こんな状況、働いてる人は誰も望んでないよね?

 

だとしたらまず出来ることは、

くだらないことでクレームを言わないこと。

電車が遅れるのは、

駅員のせいでも乗務員のせいでもない。

コンビニの複雑なサービス全てを完全に理解してるバイトなんて、

そうそういるわけがない。

自分がサービスを受ける時に、

どれだけ余裕をもてるか。

それが巡り巡って、

自分の労働環境の改善にもつながるのだから。

 

オーディナル・スケール

 

ソードアート・オンラインというアニメの映画を観た。

40前にもなってアニメかよ、って批判は却下。

まあ、君の名は。のおかげで、

アニメ好きには生きやすい世の中になったかな。

もちろん、君の名は。も、この世界の片隅に、も観たよ。

アニメ好きだからw

 

映画のストーリーについてはともかく。

VR,AR,AIといった、最近はやりのキーワードが盛りだくさん。

元ゲーマーとしては、どれも興味を惹かれる分野。

中でもARには、前から大きな可能性を感じてる。

ちなみにARとは、「拡張現実」のこと。

以前、「セカイカメラ」ってアプリがあったんだけど、知ってる?

スマホの画面越しに見える風景に、

建物の説明なんかが重なって見えるやつ。

ちなみにこれ、作ったのは大学の先輩らしい。

…もちろんなんの面識もないw

 

このAR、使い方によってはかなり面白いと思う。

例えば10年後、メガネ型、あるいはコンタクト型のデバイスが、

今のスマホ並みに普及したとしよう。

多くの人が、現実の世界の上に、

何かの視覚・聴覚情報を重ねたリアルを生きる。

仮にこの世界を「AREAL」とでも呼ぼうか。

「アバター」は今はネット上の自分を表すアイコンでしかないけど、

「AREAL」においてはそうじゃない。

自分の姿そのものを、好きなように見せることができる。

理想の姿をテクスチャとして、自分の映像に重ねればいいのだから。

デバイス越しに見れば、鏡にも当然理想の自分が映る。

これだけでも多分、

「容姿」というものの価値が大きく変わるんじゃないかな。

 

そういえば昔、「セカンドライフ」という、

ネット上に別世界を作る試みがあった。

現実で出来ることはなんでも出来て、

その世界での経済と現実の経済を繋げようとさえしてた。

アバターの服や家、それこそアバターそのものを売買するような。

残念ながらセカンドライフは上手くいかなかったけど、

「AREAL」においてはどうか。

ほとんどの人がレンズ越しに相手を見る世界では、

アバターは自分の見た目そのもの。

見た目をよくするためにお金をかけるのは、

全然不思議じゃないよね。

しかも、より手軽で、自由度が高い。

カッコいいアバターを作るクリエイターは、

それなりのお金を稼ぎそうでしょ。

多分、今の有名ブランドと同じくらいには。

 

「AREAL」における変化は、

見た目を自由選べるだけじゃない。

例えば、コミュニケーション。

相当手っ取り早くなるかもしれない。

もし恋人を探してるなら、

自分に「恋人募集中」のタグをつけておけばいい。

それは別に「バンドやってます」でも、

「バスケ好きです。ただし見るだけ」でも、

「お腹空いてます」でも構わない。

今、SNSでやってるような仲間探しが、

街中どこでも誰とでも出来たりする。

あ、このサービスは今でもあるよね。

ただそれが、もっと当たり前のものになるとは思う。

 

もしこんな世界が来たとしたら、

世の中の価値観は、今とはずいぶん違ったものだろう。

自分の容姿が自由に選べるとしたら。

最初はものすごい価値がある。

でも、それが当たり前になったら?

容姿というものの価値は、

今よりは大きく下がるんじゃないかな。

だから中身を磨こう、なんて言いたいわけじゃない。

ただ言えることは、

今の世の中の常識や価値観なんて、

10年後には全く役に立たないだろうってこと。

周りの人の顔色をうかがって生きてても、

うまくいく保証は全くない。

ただ、責任転嫁という免罪符を自分にあたえるだけ。

だとしたら、今、何をするべきか。

思い切って、やりたいようにやる。

それしかないんじゃないかな。

 

 

表現する事で初めて見えてくるもの

 

表現する事で初めて見えてくるものって、あると思う。

 

ここ一週間ほどblogを書き続けた感想として、

正直、毎日更新するのは大変。

卓球の大会とか講習会とか、

分かりやすいイベントがあるときは楽なんだけど、

毎日毎日イベントばかりというわけにもいかない。

書くことねーなーと思いながら、

電車に座席でiPadとにらめっこしてる間に駅についてたりする。

画面には一文字も書かれてない。

もちろんそのままアイデアが出ずに、

自分でも何書いてんだろ?って思いながら投稿することもある。

そんな時はFacebookには上げない(笑)

でも、書いてるうちに、

「俺ってこんな風に思ってたんだ」

なんて気付くこともある。

自分の中の取り留めない気持ちや考えが、

輪郭を持って浮き上がってくる。

それはやっぱりなんとかして書こうとしたからで、

その意思がなければそのまま通り過ぎるだけだったかもしれない。

だから、書くことが思いつかない日でも、

iPadとのにらめっこは続けたいと思ってる。

 

表現する事で見えてくるというのは、

何も自分のことだけではない。

自分の中の色々な部分、

特にあまり表面には出さない部分を表現する事で、

周りの人の意外な一面も垣間見れたりする。

普段は一歩引いた感じのする奴が、

何か大切な頼みごとをした途端に熱心に動いてくれたり。

もちろんその逆もあるけど(笑)

当たり前の話、

良い奴ばかりじゃないけど、

悪い奴ばかりでもない。

良い奴がいつでも良いわけでもないし、

悪い奴がいつでも悪いわけでもない。

一人の人間が持ってる様々な面を見ようと思ったら、

自分の中の色々な面を表現しないと。

自分が良い顔ばかりしてると、

周りも良い顔し続けなければいけなくなる。

そんなの窮屈だし、退屈だ。

 

表現する事で初めて見えてくるものって、大切だと思う。

 

言うべきか言わざるべきか

 

昨日の修練後の食事にて、

デイサービスを経営してる副支部長の話。

 

施設の駐車スペースに仕事用の車を停めていたのだけれど、

何らかの理由で少しだけはみ出していたらしい。

向かいの自動車修理工場のトレーラー(車を後ろに積んだでっかいやつ)が、

けたたましくクラクションを鳴らしてアピール。

すると、同じ建物の道路寄りで営業してる美容室のオバちゃんから、

「やかましいから何とかしぃや‼︎」

と猛烈なクレームが。

副支部長があわてて現場にでて応対すると、

トレーラーの運転手から、

「何考えてんねん、公道やぞ‼︎」

と怒鳴られる。

もちろん自分に非があるのは分かっているので、

その場は素直に車を移動させた。

 

ただ、家に帰って考えるとどうにも腑に落ちない。

ナゼか。

その通り向かいの自動車修工場の前には、

数台の車が並んでいる。

おそらく修理待ちか、引き取り待ちのどちらかだろう。

そこはどう見ても駐車スペースではなく一般道路。

運転手が怒鳴った公道そのものである。

自分のことを棚に上げて、よくそこまで言えるものだ。

一応警察に行って道路の使用許可を取ってるかどうか確認してから、

改めて話しにいこう。

としたら、奥さんに必死に止められた。

 

実際に警察に確認したわけではないから、

もしかするとこの運転手は正論を言ってるだけの可能性もある。

腹を立てても何の得にもならないと分かってもいる。

でも、「どの口が言う」という気持ちがフツフツと湧いてくる。

まだまだ脱力が足りないなぁ。

 

という話なんだけど、どう思う?

これからも商売を続けるなら、波風立てないほうがいい?

図に乗らせないよう、言うべきことは言ったほうがいい?

 

ちなみに俺ともう一人で出した結論は、

「泉佐野だから仕方ないよね」

という、失礼極まるものだったんだけど(笑)

 

 

オーディオマニアというドロ沼を前に、ビジネスについて考える

 

オーディオインターフェイスが欲しくて、

最近よく、Amazonをながめてる。

ちなみにこれは、

デジタルの音声データとアナログの音声データを、

それぞれ変換するためのもの。

何でこれが欲しいかというと、

スピーカーを新しくしたから。

音の出口をレベルアップさせたから、

今度は入り口を変えてみようかと。

そうすれば、もっと良い音で聴けるんじゃないかと。

多分これが、オーディオマニアというドロ沼への第一歩(笑)

 

自分がドロ沼にハマらないよう気をつけるのは当然。

ただ、このドロ沼へと誘われる感覚はちゃんと理解したい。

多分それが、何かを売る上での最も基本になるから。

例に挙げたオーディオの場合。

スピーカー、アンプ、プレーヤー、音源、電源、ケーブル、など、

音の良し悪しに関わる(と言われる)ものはいくつもある。

今回のようにスピーカーを変えて、

「オッ、なんか音が良くなったぞ!」

なんて経験をすると、

「じゃあ、アンプやプレーヤーはどうなんだろう?」

と俄然興味が湧いてくる。

そうやってドロ沼へと自分から喜んでハマっていく(笑)

この感覚を、何とか自分のビジネスに活かしたいなぁ。

と思って少し、考えてみた。

 

パッと思いつくポイントは二つ。

一つ目は、提供するものを何種類か用意すること。

それによって「組み合わせの楽しみ」が生まれるから。

「このスピーカーとこのアンプはどうだろう?」

「このアンプとプレーヤーの相性はイマイチだな」

などとあれこれ考えるだけで楽しめる。

二つ目は、最初に選んだもので、効果を実感させること。

最初にスピーカーを変えて音が良くなったから、

他のものにも興味が湧いた。

もし音が全然変わってなければ、次に何を買おうかとは考えない。

最初に提供するものは、一番自信があるものにすべきだろう。

 

…うーん、なんか普通だな(笑)

まあとりあえず、新しいメニューでも作ってみるか。

なんか良いアイデアとか要望とかあれば、メッセージ下さい♪

もちろん、脱力修練のドロ沼にハマりたい方も募集中‼︎