股関節を動かす

昨日は一般向けの体操教室を開催しました。

70代の方が6人と、
身内が3人で計9人が参加してくれました。

参加してくれた方の年代を考えて、
「膝の痛み」を改善できるように、
股関節を意識して動かせるようなメニューが中心。

まずは簡単に、

このような二人組で緩める体操を行った後、
続いてスワイショウのチェックです。

肩をしっかりと掴まれても、
一人で行うときと同じようにできるかどうか。

最初は当然上手くいきません。

そこで、座っている状態から力を抜いて、
左右と後ろに倒れるエクササイズや、
骨盤をいろいろな形に動かすエクササイズを行いました。

そうやって股関節や腹背を緩めてあげると、
最終的にはみなさん、なんとか掴まれてのスワイショウができるようになりました。

膝から動く習慣を少しだけ変えて股関節から動き出すことで、
膝への負担を減らすだけでなく、
より大きな力を発揮できるのです。

たった一時間足らずの教室でしたが、
脱力修練は老若男女を問わず効果があるということを、
あらためて感じました。

参加いただいた方には、
あらためてお礼申し上げます。

次回の参加も楽しみにしております。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

明石~神戸で鍼灸・整体の往診をご希望の方はこちら
musou-tensei@eurus.dti.ne.jp

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

体操教室(2012.7.1)

昨日は自宅マンションの集会室を借りて、
初めての体操教室を開催しました。

身内ばかりだと思っていたら、
紹介で来て下さった方もいて感激しました。

というわけで私を含めて合計8名で、
ストレッチからスタートです。

ちなみに床がPタイルだったので、
直前に5枚購入したヨガマットが大活躍でした。

金曜日に注文して土曜日の昼に届くあたり、
さすがアマゾンさんですね。

このテの商品につきもののにおいも少なく、
使い勝手が良かったです。

それはさておき、
男性参加者の身体の固いこと!!

参加者の内訳は、

70代男性1名
70代女性1名
60代男性1名
60代女性1名
30代男性1名(私です)
30代女性1名
20代男性1名
20代女性1名
(+1歳5か月男の子1名)

でしたが、
いかに女性の方が身体に意識が向いているのかがわかりました。

それと同時にストレッチというのは、
簡単に見えて意外とハードルが高いということを知りました。

今後は参加者に合わせたメニューの組み立てが必要だと、
あらためて感じた次第です。

体操自体は二人組で緩め合うもので、
椅子に座っても横になってもできます。
(二人とも横になってしまうとさすがに無理ですが(笑))

普段どれだけ緊張しているのか、
また、外からの刺激がどれだけの緊張を生むのかを理解してもらえたと思います。

それと同時に、

「力を抜く=気持ち良い」

ということも感じてもらえたようでした。

こういう取り組みを通じて、
少しでも「脱力」を広げていけたらと思っています。

最後になりましたが、
来て下さった方々には心より感謝申し上げます。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

<広告>

絵をかくならこちら

寝苦しい夜にはコチラ

後悔しないために

いきなりですが、

「後悔」

って、どんな時にしますか?

・試験に落ちた
・試合に負けた
・失恋した
・仕事でミスをした
・余計なひと言をいってしまった
・言うべきことを言えなかった
・よそ見をしながら歩いていたら電柱にぶつかってしまった

などなど、
後悔の種は無数にあると思います。

それらは当然ですが、

「上手くいかなかった時」

ですよね。

だけど、

「上手くいかなかったけれど、後悔はない」

という時も確かにあります。

この違いはどこにあるのでしょうか。

私は、
後悔には次の2点がつきものだと考えています。

1.準備不足

2.不完全燃焼

(準備不足だから不完全燃焼になると言えるし、
その逆もまた然りなのですが…。)

1.の準備不足については、
それぞれの状況や目的に応じて必要な準備は変わってきます。

ですからここでは、
2.の不完全燃焼についてお話します。

「不完全燃焼」

というのはもう少し身近な言い方をすると

「全力を出し切れなかった」

ということですよね。

・普段は流暢に話すのに、プレゼンで上手く話せなかった
・模試では余裕で合格点なのに、センター試験で点が取れなかった
・ブルペンではストライクが入るのに、マウンドに立つと連続フォアボール
・練習では枠に行くシュートが、試合では外してしまう

いずれも、

「何であの場面に限って…」

と悔しい思いをしますよね。

そんな、

「緊張して自分の力を発揮できなかった」

という経験は誰もがしていると思います。

もちろん、そういった経験を数多くする中で、
自分なりの方法で力を発揮できるようになる人もいます。

でも、

「どうしても本番の度に緊張して力を出し切れない」

という方もいるでしょう。

そんな方に是非おススメしたいのが、

「free²体操」

なのです。

練気武颯拳の修練の中から「緩め合う」修練だけを集めたこの体操は、
短時間で確実に緊張を取り去ってくれます。

その場で緩んだ感覚のままずっといられる、
というわけではありませんが、

「緩め合う」ことで、
「緊張」と「脱力」への理解が深まっていきます。

また、本番の前日などに行うことで、
当日に自分の力を発揮しやすくなります。

「緊張しやすくて、本番で力を発揮できない」

とお悩みの方、
是非一度無料体験にお越しください。

武颯塾神戸修練会
大谷 亘
musou-tensei@eurus.dti.ne.jp

ご連絡、お待ちしております。