ボストン美術館展で発見した印象派と身体運動の共通点

ボストン美術館展で発見した印象派と身体運動の共通点 

最終日のルミナリエに行く前に、

神戸市立博物館で開催中の、

ボストン美術館の至宝展を観てきた。

父親の役所勤めの最後の職場だった事もあり、

一時期は頻繁に通っていたが最近はご無沙汰。

久しぶりの博物館はやっぱりいい。

旧居留地にある建物からしてカッコいいし。

中に入っても吹き抜けのロビーがまた良し。

とりあえず順路に沿って3階から…の前に、

中の喫茶店で腹ごしらえ。

サンドイッチが美味しくてボリューミー。

花より団子?

修練の後だから、お腹減ってたんだよね。

 

 

ボストン美術館展は以前にも開催されていて、

その時も足を運んでいる。

モネのルーアン大聖堂の絵なんかは、

前回に引き続いて展示されている。

好きだから、何度観てもいいんだけどね。

ベタに印象派の絵はだいたい好きなんだけど、

シスレーとかがいかにもって感じでグッド。

逆にセザンヌとかゴーギャンは好みじゃない。

…何がどう逆なのかは分からないw

 

そんな印象派の絵を観るときにいつも気になること。

それは自分と絵との距離。

もちろん絵のサイズにもよるけど、

2、3メートルくらいから、

少しずつ離れながら観るのが好きだ。

でも人気の絵の場合、

たいてい絵の近くに人がたくさんいて、

観たい距離感で見ることが難しい。

悩ましい。

なので、この場を借りて愚痴を書く。

絵の楽しみ方なんて人それぞれだから、

誰がどんな風に観ようがその人の勝手だ。

そんなことは分かっている。

でも、あえて書こう。

必死に顔を近づけたら、

印象派の良さは分からないよ、と。

 

印象派の特徴は、

そのボンヤリしたタッチにあるよね。

近くで見たら大雑把な色を無造作に置いてるだけ。

にもかかわらず、

離れていくに従って徐々に輪郭が浮かび上がり、

やがてそれは一つの像を結ぶ。

それはあたたかな、どこか懐かしく感じる景色。

でもその景色に触れようと一歩近づくと、

その途端に輪郭はほどけて曖昧なものになる。

この温もりと儚さの同居こそが、

俺にとっての印象派の魅力なんだ。

だから、そんなに近くでジッと見てても、

良さなんてわかんないだろ?

…なんてことは、あくまでど素人の戯言。

自分が観たいように観れないから、

もっともらしい文句を言ってみた。

ゴメンナサイ。

 

ともかく、だ。

この印象派の特徴こそが、

実は合理的身体運動のカギでもある。

一つ一つは取るに足らない点の集合。

それが少しずつ輪郭をあらわにして、

やがて像を結ぶ。

そうして結ばれた像はなぜか、

写真以上の温もりを観る人に与えてくれる。

これと同じことを、

人のカラダでもやるのだ。

キラキラフレーズで言えば、

「アイソレーションからコンビネーション、

そしてインテグレーションへ」、だ。

 

まずはカラダを出来るだけ細分化する。

次にそれらを順番に連動させる。

最後はバラバラになったカラダが、

一つの意図のもとにまとまって動く。

脱力トレーニングの基本工程だ。

こうして再構成されたカラダの動きは、

以前とは次元の違うものとなる。

それはあたかも、

モネが見た朝焼けそのものよりも、

印象的な絵画のごとく。

…おお、上手くまとまった。

 

P.S.

オーナーらしきおばあちゃんがフレンドリー。

次回のデートにって、

小磯記念館のチケットをくれた。

次は六甲アイランドの美術館めぐりだな。

 

 

P.S.

もっと多くの方に来て頂いて,
より幅広く学べる環境。

さまざまな取り組みをされている人たちが、
「脱力」というキーワードで交流できる場所。

武颯塾大阪支部と神戸修練会を、
そんな場所にしていきたいと思っています。

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

修練参加でも、質問でも何でも結構です。

ピンとくるものがあれば、
遠慮なくメールをください。

musou-tensei@eurus.dti.ne.jp
楽しみにしております!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

太極拳において目指す身体の在り方が映像で見られます。

「太極拳・基本練功 第1巻 発勁体得 [DVD]」



「太極拳・基本練功 第2巻 内功推手 [DVD]」



「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

明石~神戸で鍼灸・整体の施術をご希望の方はこちら

大谷鍼灸整体

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です