脱力トレーニング×短距離走

脱力トレーニング×短距離走 

今日は、100mを10秒5で走る大学生と修練した。

そんな人、テレビの中にしかいないと思ってたw

彼がどんなカラダの使い方をするのか、

会う前から好奇心を刺激されっぱなし。

場所がココ↓なので、残念ながら走る動画は無いけど。

 

 

実際に会うと、これまた感じがいい。

なんだろう、スゴイ人は真っ直ぐに育つのかな。

あるいは真っ直ぐに育ったからスゴイのか。

最近、眩しい人によく会うなぁw

 

短距離の選手ということで、

修練は脚の使い方をメインにやった。

と言っても、普段やることと基本は同じ。

脱力したカラダを中心から動かして、

力を末端へと効果的に伝えるためのトレーニング。

具体的には以下の3つ。

 

「股関節と膝の力を抜いて、

中心から足へと重みを伝える」

 

「腹背の力を抜いて、

重心位置を流体的にコントロールする」

 

「背骨周りの力を抜いて、

体幹の動きを四肢へと伝える」

 

どのトレーニングも一般的なカラダ使いではないから、

初見では難しいと思える内容。

それも上手く出来ない、ということじゃなく、

トレーニングが出来ない、というレベルの話で。

しかしそこは流石アスリート、飲み込みが早い。

バレエダンサーや競輪ガールもそうだったけど、

自身のカラダを客観的に知覚する能力が高い。

多分コレを人は才能やセンスって言うんじゃないかな。

 

ただ、もしそうだとしたら、

それは絶望じゃなくて希望だ。

この知覚力は、トレーニングで鍛えられるから。

もちろん先天的な優劣はある。

でも、やり方次第では充分戦える。

ここ何回か眩しい人たちと会ったおかげで、

あらためてそう思えたのが大きな収穫だった。

 

 

P.S.

もっと多くの方に来て頂いて,
より幅広く学べる環境。

さまざまな取り組みをされている人たちが、
「脱力」というキーワードで交流できる場所。

武颯塾大阪支部と神戸修練会を、
そんな場所にしていきたいと思っています。

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

修練参加でも、質問でも何でも結構です。

ピンとくるものがあれば、
遠慮なくメールをください。

musou-tensei@eurus.dti.ne.jp
楽しみにしております!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

太極拳において目指す身体の在り方が映像で見られます。

「太極拳・基本練功 第1巻 発勁体得 [DVD]」



「太極拳・基本練功 第2巻 内功推手 [DVD]」



「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

明石~神戸で鍼灸・整体の施術をご希望の方はこちら

大谷鍼灸整体

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です