表現やコミュニケーションを順序立てて学びたい

表現やコミュニケーションを順序立てて学びたい 

演劇、というか演技のレッスンに興味がある。

別に舞台に立って演じたいとかいうんじゃない。

いや、それも悪くはないけど、ただ単純に、

表現やコミュニケーションのトレーニングとして。

そういうものを技術として磨く場があれば良いなと、

最近思うようになった。

 

 

例えば自分が取り組んでいる武術に、

格闘技どころかケンカもしたことがない人が、

強くなりたいと言って入門してきたとしよう。

「どうやったら強くなれますか?」

と訊かれたのに、

「慣れればなんとかなる‼︎

とにかく実戦あるのみ‼︎」

とやり方も教えずにひたすら殴り合いをさせたら、

どう思う?

それじゃダメだって、思うよね。

このやり方は、

北斗神拳伝承者を決めるためのものであって、

自分たちのような凡人を磨くものじゃない。

 

もちろん、実戦を経験させることは必要。

経験しないと、なんで技術が必要なのか分からない。

だけど、技術を教えずに実戦だけを繰り返しても、

残念ながら多くの人は壊れてしまう。

自分みたいなヒョロ長いヤツならなおさら笑

正しい技術を学んで、

ケガしないやり方で繰り返し練習するから、

実戦でも使えるようになる。

ほとんどの人は、

そうやって一歩ずつ強くなるしかない。

 

武術が例なら、この考え方は多分、

ほとんどの人に受け入れられると思う。

なのになぜ、

自己表現やコミュニケーションに対しては、

急に実戦派になるのだろう。

なぜ、順序立てて教わる場がないのだろう。

思い切ってやればいい?

慣れればなんとかなる?

そりゃあ、なんとかなる人もいる。

でも、そうじゃない人もいるよね。

自己表現やコミュニケーションを、

ちゃんと順序立てて学びたい人は、

自分だけじゃないと思うんだ。

 

自分は20年近く、武術の修練に取り組んでいる。

もちろんカラダをうまく使えるようになって、

物理的な危険から身を守ることも重要。

ただ、現代における武術の実践は、

もう少し違った形があると思う。

その辺りのことは師匠の本に詳しいけど、

自分でも表現やコミュニケーションの場において、

何か武術を活かせる形を見つけたい、と思う。

 

P.S.

もっと多くの方に来て頂いて,
より幅広く学べる環境。

さまざまな取り組みをされている人たちが、
「脱力」というキーワードで交流できる場所。

武颯塾大阪支部と神戸修練会を、
そんな場所にしていきたいと思っています。

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

修練参加でも、質問でも何でも結構です。

ピンとくるものがあれば、
遠慮なくメールをください。

musou-tensei@eurus.dti.ne.jp
楽しみにしております!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

太極拳において目指す身体の在り方が映像で見られます。

「太極拳・基本練功 第1巻 発勁体得 [DVD]」



「太極拳・基本練功 第2巻 内功推手 [DVD]」



「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

明石~神戸で鍼灸・整体の施術をご希望の方はこちら

大谷鍼灸整体

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です